春日井市にある整体・接骨院

愛知県春日井市六軒屋町5-158-2

24時間365日 スマホ・携帯からもOK!
交通事故のむちうち、ヘルニア、骨盤矯正、求人についてはお電話で0568-84-2951

たった1週間の治療で何年も悩んでいた、気になっていた首、肩、腰の痛み、こり、しびれを根本的に改善

初めての方へ

料金

アクセス

地域社会で考える産後ケア

産後ケア

地域や社会で支えよう(東邦大学看護学部教授・産前産後ケア推進協会理事  福島富士子)
出産した人の中には産前産後を実家で過ごしたママも少なくないでしょう。里帰り出産は、日本特有の習慣として古くから続いてきました。しかし最近、里帰り出産を選択しない人が増えています。この背景には晩婚化、晩産化が進み、支援者である両親も高齢化していること、また両親が若い場合は有職である場合が多いことが挙げられます。さらに、現代は女性が社会に出てから出産までの間に多くの社会経験をし、親とは違う自分のライフスタイルをしっかり確立している場合が多く、里帰りの一時でも実家のライフスタイルに合わせることに、精神的なストレスを感じてしまうことも一因に挙げられます。また、里帰りは父親とわが子がかかわる機会が少なくなるという課題や里帰りから自宅に帰った時の夫婦と子供の新しい生活への適応に時間がかかってしまうことも分かっています。 ちなみに、特に地方では分娩を取り扱う施設が減少していることもあり、里帰り出産をしたくてもできないという声さえ少なくありません。このように、日本の出産をめぐる状況は時代とともに徐々に変化をしています。新しい時代に合わせた産後ケアが求められているのです。 私が視察したフィンランドには妊娠から子育てをワンストップで継続的に、同じ専門家が支援する『ネウボラ』と呼ばれる制度があります。日本でも政府が『日本版ネウボラ』を目指した取り組みを始めたところです。これはフィンランドの『継続した切れ目ない支援』をさらに発展させ、乳房ケアをはじめとする『産後ケア』の強化に取り組むことを目指しています。 母親と赤ちゃんの双方をケアすることは、親子の愛着形成にもつながります。そして支援者と家族、地域の人々が信頼関係でつながり、社会で子育てを支援できる仕組みこそが今、求められているのです。
完全予約制0568-84-2951(ハヨーフクコイ)
コツコツ接骨院のトップページへ

201701190333 (1).gif
ネット予約
メルマガ登録
トップページ
求人
初めての方へ
料金
アクセス
コツコツ前田物語
コツコツメンバー紹介
コツコツ前田の夢
お客様の声
接骨院の保険とは
現場風景動画
春日井市 交通事故のむちうち
春日井市 ヘルニア
春日井市 うつ
症状ページ
頭痛 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
しびれ
手首の骨折
腱鞘炎
関節リュウマチ
腰の痛み
重度の腰の痛み
産後の腰の痛み
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
膝の痛み
足(かかと)の痛み
うつ
内臓疾患
女性疾患
生活習慣病
求人
求人
お問い合わせ

コツコツブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域の整形外科・警察
春日井市
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士法人 心
弁護士法人グループ「心」