春日井市にある整体・接骨院

愛知県春日井市六軒屋町5-158-2

24時間365日 スマホ・携帯からもOK!
交通事故のむちうち、ヘルニア、骨盤矯正、求人についてはお電話で0568-84-2951

たった1週間の治療で何年も悩んでいた、気になっていた首、肩、腰の痛み、こり、しびれを根本的に改善

HOME > どこへ行っても根本的に解消しない自律神経失調症で悩んでいる、困っている方へ > 自律神経失調症の原因と治療 > 不眠症で睡眠薬(眠剤)を飲んでいるのですが原因が分からず症状が改善されません

初めての方へ

料金

アクセス

不眠症で即「睡眠薬」は間違い

不眠症で睡眠薬を飲んでいますが、、、

不眠になった場合の調査で、
西洋医学では第一に「医者に相談する」という結果に対し、日本は寝酒が一位。しかも、その割合が他国に比べて際立って高い。アルコールは酔いからさめるころにアルドアルデヒドに分解され、この物質が睡眠の質を低下させる。アルコールの作用で筋肉が緩んで、大きないびきをかき、睡眠時無呼吸症候群が悪化する。「先生、眠れないのですが、、、」「睡眠薬出しておきます。」今でもこうした会話を患者と交わす医師がいたら、医学的姿勢に疑問を抱かれてもおかしくない。2013年、日本睡眠学会から睡眠薬の適正使用、休薬ガイドラインが発表され、正しい治療法が示された。患者が不眠を訴えた場合、投薬の前に患者の睡眠状態を把握、分析し、睡眠を悪化させる因子を取り除くこと(睡眠衛生指導)から始める。それでも改善しない場合に限り投薬する。さらに投薬した際、投薬プランを計画し、投薬を中止する方針を立てる。これが正しい不眠治療の姿だ。昔の医師は聴診器だけで心臓の診断をし、投薬した。もしも今、今日胸部痛を訴え、医師が一本だけ投薬したら診察を疑うでしょう。しかしながら不眠については、話も聞かずに直ちに睡眠薬を処方する医師を疑う患者はまだ多くないようだ。(名古屋市立大病院すいみん医療センター部長)
完全予約制0568-84-2951(ハヨーフクコイ)
コツコツ接骨院のトップページへ

201701190333 (1).gif
ネット予約
メルマガ登録
トップページ
求人
初めての方へ
料金
アクセス
コツコツ前田物語
コツコツメンバー紹介
コツコツ前田の夢
お客様の声
接骨院の保険とは
現場風景動画
春日井市 交通事故のむちうち
春日井市 ヘルニア
春日井市 うつ
症状ページ
頭痛 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
しびれ
手首の骨折
腱鞘炎
関節リュウマチ
腰の痛み
重度の腰の痛み
産後の腰の痛み
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
膝の痛み
足(かかと)の痛み
うつ
内臓疾患
女性疾患
生活習慣病
求人
求人
お問い合わせ

コツコツブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域の整形外科・警察
春日井市
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士法人 心
弁護士法人グループ「心」