春日井市にある整体・接骨院

愛知県春日井市六軒屋町5-158-2

24時間365日 スマホ・携帯からもOK!
交通事故のむちうち、ヘルニア、骨盤矯正、求人についてはお電話で0568-84-2951

たった1週間の治療で何年も悩んでいた、気になっていた首、肩、腰の痛み、こり、しびれを根本的に改善

HOME > どこへ行っても根本的に解消しない内蔵疾患で悩んでいる、困っている方へ > 腸内細菌の原因と予防 > 会話がどもり、足にしびれと痛みがあります。歩くとふらつき、真っ直ぐ立てません。もしかしたら脳に異常、問題があるのでしょうか?

初めての方へ

料金

アクセス

会話がどもり、足にしびれと痛みがあります。歩くとふらつき、真っ直ぐ立てません。もしかしたら脳に異常、問題があるのでしょうか?

脳梗塞

『紙上診療室』脳梗塞の恐れのある心房細動
Q. 足にしびれと痛みがあり、検査で脳梗塞の恐れのある心房細動と診断されました。原因と生活上の注意は?(男性・76歳)
A. 足、心臓、脳は動脈でつながっており、足のしびれ、痛みは離れた臓器である心臓や脳の病気と密接に関係しています。心房細動は心臓の一部の心房が小刻みに震えているような状態で、心房内に血栓(血の塊)ができることがあります。血栓が動脈へ回り動脈を詰まらせ、さまざまな症状を起こします。
例えば脳では、脳梗塞などの危険性があります。定期的に受診し、心臓内の血栓を予防する抗凝固薬の内服をお勧めします。
心房細動の中には、血管に管を通して行うカテーテル治療ができるものもあり、循環器内科などにご相談ください。また、脳につながる動脈が詰まっても脳梗塞になりやすくなります。急に話しにくくなる、手足が動かせなくなる等の症状が出ます。血栓を溶かし後遺症を軽くするため、一刻も早い受診が必要となります。
足につながる動脈が詰まると突然、足が痛んで冷たくなり、しびれて動かせなくなりす。放置する足が壊死するので、血栓の除去手術が必要です。痛みの原因が動脈の詰まりかどうかは検査で分かり、血液の流れが悪ければ治療が必要です。たばこは脳梗塞の原因になります。過度な飲酒も控えましょう。(横浜総合病院ハートセンター循環器科部長)

病院の医師の判断が全て正しいと思い込まないほうがいい。セカンドオピオンを積極的に受けるべきだと思う。
岡崎市民病院が50代女性患者に脳梗塞の疑いがみられたのにもかかわらず、医師が適切な対応を怠り、女性の左半身にしびれが残り後遺症となってしまった。さて、あなたは病院や医師に対してどう思うだろうか?ほとんどの方が医療事故・医療ミスとして過失を認めるべきだと思っているのではないでしょうか?確かに事実は事実なので、そう思われて当然だと思う。でも、逆を言えば病院や医師に絶対はあり得ない、ミスは必ずあるということだとも言える。いくら最新の医療機器をそろえたところで最終的には人間である医師の経験や勘のもとに診断される。人間である以上、誰だってミスはある。だから、医者であっても全て頼っていはいけないい。被害者の方は深い憤りを感じていると思うと心が痛むけど、他人ごとではなく自分にもこのようなことが訪れるかもしれない。
「明日は我が身」
いつ、どこで、何が起こるか分からない。だから、どんなことが起きてもいいように自分自身で常に心の準備しておくことが大切だと思う。【信用できるのは自分だけ】
完全予約制0568-84-2951(ハヨーフクコイ)
コツコツ接骨院のトップページへ

201701190333 (1).gif
ネット予約
メルマガ登録
トップページ
求人
初めての方へ
料金
アクセス
コツコツ前田物語
コツコツメンバー紹介
コツコツ前田の夢
お客様の声
接骨院の保険とは
現場風景動画
春日井市 交通事故のむちうち
春日井市 ヘルニア
春日井市 うつ
症状ページ
頭痛 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
しびれ
手首の骨折
腱鞘炎
関節リュウマチ
腰の痛み
重度の腰の痛み
産後の腰の痛み
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
膝の痛み
足(かかと)の痛み
うつ
内臓疾患
女性疾患
生活習慣病
求人
求人
お問い合わせ

コツコツブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域の整形外科・警察
春日井市
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士法人 心
弁護士法人グループ「心」