春日井市にある整体・接骨院

愛知県春日井市六軒屋町5-158-2

24時間365日 スマホ・携帯からもOK!
交通事故のむちうち、ヘルニア、骨盤矯正、求人についてはお電話で0568-84-2951

たった1週間の治療で何年も悩んでいた、気になっていた首、肩、腰の痛み、こり、しびれを根本的に改善

初めての方へ

料金

アクセス


ブログですい臓がんを調べたら、膵臓がんの症状に
当てはまり心配で膵臓癌の検査を受けてきました。

膵臓癌

「のう胞」のある人リスク大
早期の発見と治療が難しく、五年生存率が10~15%と低い膵臓がん。近年、膵臓内に膵液や粘液がたまった袋状の「膵のう胞」という病変ができると、膵臓がんのリスクが高まることが分かってきた。日本膵臓学会は「慎重な経過観察が必要」と、のう胞がある患者に定期的な検査を呼び掛けている。 (林勝)
名古屋市内の女性(68)
は四年前、市内の病院で膵臓の検査を受けた。きっかけは、親族二人を相次いで膵臓がんで失ったこと。父は二00四年に九十二歳で他界。一0年には兄にも同じがんが見つかり、六十九歳で亡くなった。いずれも発見時には手術ができないほど進行していた。コンピューター断層撮影(CT)検査で、女性に膵臓内の膵管が太くなる病変が見つかった。詳しく調べるため、愛知県がんセンター中央病院(名古屋市千種区)で超音波内視鏡検査を受診。のう胞が四つあることが分かり、医師に膵臓の定期的な検査を勧められた。女性は「しっかり調べてもらえれば安心できる」と、半年ごとに検査を受けている。
のう胞とは
人間ドッグの腹部超音波診断などでも見つかることがあり、かつては手術で切り取っていた。のう胞があると、一般の人と比べて約二十倍も膵臓がんにかかりやすくなるとの疫学研究が、0六年に報告された。同病院消化器内科の山雄健次部長は「のう胞の一部ががんに変化するのと、膵臓の別の場所にがんが突然できる二つのケースがあり、後者の方が悪性度が高い」と強調。のう胞はがんができやすい状態を示す病変と考えられている。
日本膵臓学会の見解
のう胞のある人に対して効果的な早期発見方法を探る調査を一二年に開始。全国七十四か所の医療機関が参加し、のう胞のある約二千三百人(平均年齢六十八)を対象に、半年に一度の検査を五年間続け、早期発見による治療効果を確かめる。結果が出るのは一九年以降の予定となっている。山雄部長は「膵臓がんの早期発見と治療方法は確立されていない。のう胞が見つかったら、定期的な検査をしてほしい」と呼び掛ける。
大動脈に近く手術困難
膵臓の厚さは約二センチしかなく、他の臓器と比べて、がん細胞が外側に広がりやすい。大動脈や門脈などの重要な血管が近くにあるため、手術も著しく困難だ。がんが膵臓の中にとどまった状態で発見することが大切になるが、一センチ程度のがんでは自覚症状がほとんどない。おなかや背中の痛み、黄疸などの症状が現れるころには、既に手遅れの場合が多い。親やきょうだい、子供などの親族に複数の患者がいたり、糖尿病の患者で血糖値のコントロールが急に乱れたりするなど、リスクの高い人は無症状でも注意が必要。最新の超音波内視鏡では胃を通して数センチ先の膵臓を見るため、五ミリのがんでも発見できるほど診断技術が進んでいる。
完全予約制0568-84-2951(ハヨーフクコイ)
コツコツ接骨院のトップページへ

201701190333 (1).gif
ネット予約
メルマガ登録
トップページ
求人
初めての方へ
料金
アクセス
コツコツ前田物語
コツコツメンバー紹介
コツコツ前田の夢
お客様の声
接骨院の保険とは
現場風景動画
春日井市 交通事故のむちうち
春日井市 ヘルニア
春日井市 うつ
症状ページ
頭痛 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
しびれ
手首の骨折
腱鞘炎
関節リュウマチ
腰の痛み
重度の腰の痛み
産後の腰の痛み
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
膝の痛み
足(かかと)の痛み
うつ
内臓疾患
女性疾患
生活習慣病
求人
求人
お問い合わせ

コツコツブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域の整形外科・警察
春日井市
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士法人 心
弁護士法人グループ「心」