病気のほとんどの原因は睡眠が大きく関係していると思う

近年、睡眠時間と寿命の関係を調べた論文

 

「7時間睡眠の人が一番長生きした」

 

と報告すると、

 

「私は6時間しか寝ていない

ので早く死ぬのでしょうか?」

 

との相談が増えた。

 

睡眠時間は人それぞれ。

 

そもそも耳に挟んだ情報で一喜一憂する

気持ちの方が体に悪い。

 

睡眠時間について、何時間寝ないと

いけないという決まりはない。

 

基本的に翌日の日常生活に

支障を来さなければそれでいい。

 

しかしながら現代に伴って、睡眠時間が

減少傾向にある。成人はともかかく

成長期の子供たちの睡眠時間を

減らしてはならない。

 

今では容易に睡眠時間の質を

調べることができる。

 

睡眠専門施設に行くと、睡眠中に

起きる疾患がわかる。

 

精密度はともかく、健康グッズとして

市販されている測定器具もある。

 

睡眠は食事と似ているところがある。

 

ラーメンライスのように

栄養が偏っている食べ物では、

量を取らないと不足しがちな栄養素

を補えず、元気になれない。

 

この点、睡眠、は似ている。

 

睡眠時間のみではなく

睡眠の質を維持することことも

重要である。

 

社会的に成功した方に話を聞くと

睡眠に悩む人は少ない。

 

彼らが学ぶことは、人に役立つことを

するために睡眠があると感じる。

 

個人的には病気のほとんどの原因は

睡眠が大きく関係している思う。

 

食事、運動、睡眠のバランスが

今のライフスタイルには必要だと

思うけど、睡眠をとることが

一番難しい社会かもしれないね。

 

睡眠をとるには、早く寝ること。

 

これしかないない。

 

睡眠が足りていない人は

睡眠時間をどこかで削っているから。

 

【何かを得るには、何かを捨てること】

ヘルニア施術に対する想い

腰のヘルニアは初期の段階であれば約80%の割合で施術で

良くなります。ただし、腰のマッサージや矯正だけでは良くなる

ことが少なく、特殊な施術が必要になります。

 

接骨院や整体、マッサージに何度通っても良くならないのは

そのためです。

 

また、整形外科などの病院ではリハビリで腰を引っ張る牽引を行います。

軽度であれば良くなりますが中度から重度になると難しいです。

 

痛みやしびれを直ぐにとるために神経ブロック注射をうつことも

ありますが神経を麻痺させるだけなので根本的な治療ではありません。

 

ですので一時的に症状が軽減しても時間が経つと再発して

しまうことが多いです。

 

私は2度腰椎椎間板ヘルニアを経験しましたが、あまりの痛さに

動くことができず仕事を続けることが困難になりました。

 

直ぐに病院で診てもらったのですが、痛み止めの薬と湿布だけ

出されただけでした。腰の痛みやお尻から足にかけてのしびれが

全く消えなかったので、違う病院で硬膜外ブロック注射を打って

もらうことにしました。

 

一回目の注射後、驚くほど痛みやしびれが消え「あっ、治った!」と

喜びましたが、徐々に痛みやしびれが戻ってきて夜も眠れない日々が

続きました。

 

何度も注射を打ち続けましたが、その場は良くなるのですが、

直ぐに元の状態に戻ってしまうので通院することを断念しました。

 

我慢の限界にきていたので手術しかないと思いましたが、偶然、

ヘルニア治療を専門としている先生と出逢い藁をもすがる思いで

通院しました。

 

最初は施術後、良くなったのかどうか正直実感できなかったのですが

時間が経つにつれて症状が緩和していき、「もしかしたら治るかも!?」と

期待をしました。

 

それから施術を受けるたびに確実に良くなっていることを実感し

涙が出るほど嬉しかったです。

 

この時、ヘルニアで悩んでいる、困っている人がきっとたくさん

いるはずだからヘルニアの治療を学んで1人でも多くの患者さんを

早く治したい、本気で助けたいと思ったのがヘルニアを専門とする

治療を始めたきっかけでした。

 

ヘルニアの治療を学んでも、直ぐには結果は出ず治らない人も

いました。この業界に入って27年、23万人の患者さんを施術して

きましたが経験によって、どのような施術を行えば良くなるのか

分かるようになりました。

 

ヘルニアには段階があるので、その段階において施術も変わってきます。

ですので精密に検査をして、どの施術が効果があるのか考察して慎重に

施術をしていくことが大切だと痛感しました。

 

私は全てのヘルニア患者さんを治すことはできません。施術が困難な方には

手術を勧めたこともあります。このような患者さんに共通しているのは発症して

から治療を開始するまでに時間が経ってしまっていることです。3ヶ月以上、

何もしないで我慢している人は治りにくい傾向にあります。

 

ヘルニアを根本的に治すためには早期発見、早期治療に限ります。

ここで問題になるのは早期に発見することが難しいということです。

 

ヘルニアの初期症状は単なる腰痛だと思い込んでしまい、症状が

悪化してから整形外科でMRIを撮ってもらったらヘルニアだと分かった

ケースが圧倒的に多いです。

 

ヘルニアの初期症状は

・朝起きる時が痛い
・前屈で痛い
・中腰姿勢が辛い
・長時間座れない
・せき、くしゃみで痛い
・お尻が痛い
・尾てい骨が痛い

 

もしも上記の項目で3つ以上当てはまる方はヘルニアの疑いがあります。

初期症状は我慢できる程度なので病院に行かず、時間が経てば治ると

思っている人が多いので注意して下さい。

 

ヘルニアを治すために、ストレッチやマッサージを自己流で行う人もいますが、

これは悪化する原因になるので注意して下さい。必ず病院や接骨院の先生に

正しいリハビリ方法を教えてもらってから行ってください。

 

お風呂は入っても入らなくも症状はあまり変わりませんが痛みやしびれによって

腰の筋肉が緊張していることが多いので血流を良くするために入ることはいいかと

思います。

 

ただし、お風呂に入って悪化したら直ぐに出てください。

腰の中で炎症を起こしている可能性があるので、この場合は氷水で患部を

10分間冷やしてください。

 

以上、ヘルニアの症状、治療、リハビリなど説明してきましたが少しでもヘルニアで

悩んでいる、困っている方の参考になれば嬉しいです。

 

痛みやしびれが続くと毎日の生活が苦痛になりストレスや疲労が蓄積していきます。

自分の身体を過信しないでヘルニアの疑いがあると分かったら、直ぐにヘルニア治療を

専門としている病院や接骨院で根本的に治してもらいましょう。

 

激しい痛みやしびれを我慢することなく、つらく苦しい思いから早く解放され、

患者さんが楽しい人生を送ってもらうことが私の使命であり、想いです。

お客さまの声

ヘルニアと言われ治るのに時間がかかると覚悟しましたが、施術後から仕事ができるまで回復しました!

初めて接骨院にいきました。

ぎっくり腰みたいな体験をしまして、

知り合いに紹介されてコツコツ

接骨院さんにお伺いしました。

 

結果は、ヘルニアと診断されました。

 

長期戦になるなとへこんでましたが

当日から仕事ができるまでになりました。

ゴッドハンドだと思います。

 

キャリアも長いみたいですし、相当信頼の

おける接骨院だと思いました。

 

感謝です。

ヘルニアの手術をしても治らなくてあきらめていたのに下半身の痛みが引きました!

腰が慢性的に痛み過去にはヘルニアの

摘出手術を受けましたが、やはりまた痛み

出したので宝クジを買う気持ちで足を運びました。

 

で、施術後…なんとすんなり痛みが引いて

下半身が軽くなりました。

当初一回こっきりかなと思いました

が完治まで通おうと思います!

ヘルニアによる腰の痛みが数回の施術で軽減しました!

治らない腰の痛みに悩んでいた

ところ、同僚に紹介されました。

 

行ってみたところヘルニアとの

診断でしたが、数回の治療で

ほぼ痛みがなくなり感謝しています。

 

痛いところだけを治す対処療法で

はなく、原因となっている箇所を治す

治療のため、同じように治らない

痛みに悩んでいる人は行ってみると

よいかと思います。

その他の記事