肘の外側が痛いテニス肘の原因と治療法

原因と好発する人

【テニス肘】

テニス肘とは、一般にテニスの

バックハンドストロークで発生する、

上腕骨外側上顆炎による肘の外側に

痛みが出る障害です。

 

*テニスのフォアハンドストロークで

発生する上腕骨内側上顆炎も

あります。

 

【発生原因】

使いすぎ。Over use。によるもの

 

【好発する人】

・ラケット操作技術の低い初心者。

・ラケットを支える筋力の弱い40-50代の

女性。

・テニス以外にも、ゴルフやバドミントンなどの他のスポーツや、手を良く使う人にも多発します。

 

テストと治療法

【テスト法】

・椅子テスト

肘を伸ばし、手の平を地面に向けた状態で

椅子(重い辞書や本など重くて手で持てる物)を持ち、肘の外側に痛みが出たら

陽性です。

 

・トムゼンテスト

肘を伸ばして、手の平を地面に向けた状態で拳を作り、拳を上に向けます。

その状態で、第三者が拳を下に降ろそうとするので、患者は拳が下に降りないように耐える。

この状態で痛みが出たら陽性です。

 

【治療法】

肘関節の下側にバンドを巻いて固定する。

基本的に安静にすることが大切です。

肘の側副靭帯

〈内側側副靭帯〉

前斜走線維、後斜走線維、横走線維

からなり、主に損傷されるのは

前斜走線維で、肘の全可動域で緊張し、

肘の外転運動を制御している。

 

〈外側側副靭帯〉

肘の内転運動と前腕の過回旋を

制御している。

その他の記事