整形外科で頚椎ヘルニアって言われたけど、整体や接骨院でなおるの?

結論から言いますと手技療法でなおるか、

なおらないかは頸椎ヘルニアのレベルによります。

 

が、その前に神経の圧迫によって症状が出ている

首や背中、腕を電気とマッサージをするのではなく

しっかりとしたヘルニアの施術ができる

接骨院や整体に限られますが。

 

 

腰のヘルニアも同じですが

ヘルニアの度合いはレントゲンでは分かりません。

 

 

NMRIという特殊な写真によって、骨と骨の間に

ある椎間板という軟骨がどれだけ飛び出しているのかが

分かります。

 

 

ヘルニアの原因である飛び出した椎間板がどのくらい

神経がある後方にどれだけ出ているかによって、

手技療法でなおるのかどうかが分かります。

 

 

以前は整形外科は重度のヘルニアは手術することが

多かったのですが、最近は行わないことが多いです。

 

 

その理由は100%治る保障がないことと、危険性が

高いということです。

 

 

首の神経である脊髄近くを

手術をすので、脊髄専門のスペシャリストの先生で

ないと後遺症が残ったり、ひどい場合は半身不随や

下半身麻痺などの症状が出ることがあるからです。

 

 

なので、整形外科での一般的な対処法は

ブロック注射、ロキソニンやリリカなどの

鎮痛薬、湿布、コルセット、牽引、理学療法士による

リハビリがメインになります。

 

 

軽度であれば、良くなるのですが

重度であれば後方に突出している椎間板が

引っ込まないので、通院しても症状が

軽減しないことが多いです。

 

 

手技療法の施術方法は神経を圧迫している

椎間板を後ろから前に押し込むのですが、

経験を積まないと難しいです。

 

 

上手くいけば、その場で腕や肩甲骨の

しびれや痛みが軽減することを実感できます。

その他の記事