もしかして、あなたの腰痛はヘルニアかも!?腰椎椎間板ヘルニアの特徴的な症状とは?

腰のヘルニアは

腰に痛みが出る場合と足に出る場合

そして両方出る場合があります。

 

 

初期段階では腰だけに痛みが出ることが多く

中期になると腰から太もも、ふくはぎに

症状が出ることが多くなります。

 

 

後期になると痛みやしびれが強くなり

歩行困難になります。

 

 

腰椎ヘルニアは腰の神経を圧迫して

坐骨神経痛などの症状が出るのですが

神経の圧迫度合いや角度、方向によって

症状の場所が変わるということです。

 

 

ですので、ヘルニアでも腰痛はなくて

お尻から足かけて痛みやしびれが出ることは

よくあることなんです。

 

 

ある患者さんは

掃除機で掃除をしているときに発症。

 

 

この時は初期だったので単なる腰痛だと

思ったそうです。

 

 

その後痛みが徐々にひどくなり

整体に5~6回通ってもなおらず

ついに立てないくらい痛みが出てしまい

整形外科で見てもらったら腰椎の4番目と

5番目の間のヘルニアと言われたそうです。

 

 

当院に来たときの状態はひどい痛みはないけど

ズーンとした痛みがずっと続いていてスッキリしない

状態でした。

 

 

起き上がるときや動いていない時、特に

座っているときに痛みを感じ、ロキソニンの薬を

痛みが出る前に飲んでいるそうです。

 

 

動いていたり、寝ていると痛みが

消えたり、軽減するので、この段階であれば

手技療法で良くなります。

 

 

ただし、ヘルニアの症状は悪化すると

痛みやしびれが腰からお尻、太もも、ふくはぎ

指先と下がってくるので注意が必要です。

 

 

腰の痛みがなくなったから大丈夫と思って

我慢していたらお尻や太もも、ふくらはぎに

痛みやしびれが出て来院するケースが多いですので

病院でヘルニアと言われた方、過去にヘルニアに

なった方は気をつけて下さいね。

その他の記事