飲みすぎたり、激しい運動をした次の日に足の親指の関節が痛くなる痛風とは?

  • 足の親指の関節が痛い
  • 飲みすぎた次の日に痛くなる
  • 激しい運動をした次の日に痛くなることもある
  • 1週間くらいで痛みは落ち着く
  • 尿酸値が7mg/dl以上ある

痛風とは

・尿酸という物質が体内にたまり、これが結晶になり

関節に沈着することで関節に激痛が出る疾患です。

 

・尿酸とは、プリン体という物質が肝臓で代謝されて

生成される物質のことを指します。

痛風の原因とは

・尿酸値が7mg/dl以上の状態が続くことによって

尿酸が結晶となります。

 

・アルコールや食事。

尿酸はプリン体が代謝されることによって生成されると

説明しましたが、プリン体が多い飲み物や食べ物を

取りすぎると当然尿酸値は高くなります。

プリン体を多く含む飲み物はビールや日本酒などで

食べ物は、レバー、干物、エビ、大豆などが挙げられます。

痛風が女性よりも男性に多い理由

・痛風は男性が患者の約95%を占め残りが女性になります。

 

・理由として、女性には女性ホルモンの働きにより腎からの

尿酸排泄を促しているので、男性に比べ尿酸値が低く

その結果痛風にもなりにくくなっています。

 

・ですが、女性でも閉経後女性ホルモンの働きが弱くなるので

尿酸値が少し上がります。

 

・仮に、女性で痛風が見られた場合には腎臓の疾患が疑われるので

病院の受診をお勧めします。

痛風の症状は?

・関節部の激痛。

痛風の名前の通り、風が当たるだけでも痛いほどの

激痛があります。

 

痛風で痛みが出やすい関節は、一番は足の親指の関節で

その他には足関節、肩関節、肘関節、手関節などにも

痛みが出ます。

 

 

・体に結節ができる。

体のいたるところ(耳、手足の関節、アキレス腱部など)に結節と言う

こぶのような塊ができます。

 

ですが、痛風による結節は長年痛風を放置し続けた場合などに出るものなので

誰でも必ず出るという症状ではありません。

痛風にならないための予防法は?

・食生活の改善。

プリン体の少ない食材を摂取するようにして

野菜中心の食生活を心がけましょう。

 

また、飲酒をする場合でも、ビールや発泡酒、日本酒などは

プリン体を多く含むので、飲酒する時はハイボールやサワーなど

プリン体の少ないものを飲むようにしましょう。

 

 

・軽い運動をする。

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をするようにしましょう。

軽い運動をすることで体の尿酸値が低下すると言われています。

 

逆に、ハードな運動をしてしまうと尿酸値が上がってしまうので

適度な心地よい程度の運動を心がけましょう。