出産後、「ズキズキ!!」としてお腹に激痛が走り、椅子から立てない恥骨結合離開の原因と症状、対処法

  • 産後である
  • お腹の下の方が痛い
  • 身体が硬い
  • 産んだ子供が大きい子だった
  • 歩行時に痛みがある

恥骨結合離開とは?

骨盤は、寛骨と言う骨が2つ

くっついて構成されています。

また、その寛骨は腸骨、恥骨、坐骨

という3つの骨が1つになって形成されています。

 

寛骨の恥骨の部分が恥骨結合を成して、

2つの寛骨の恥骨を繋いで骨盤を形作っています。

 

その、恥骨結合がお産の際などに

離れて開いてしまうのが恥骨結合離開

という疾患です。

恥骨結合離開の原因は?

・生まれてきた子供が大きい。

生まれてくる子供が大きいとそれだけ

骨盤を広げなければいけないので、

恥骨結合離開が起こる可能性も増えます。

 

・骨盤が狭い

骨盤が狭いと、赤ちゃんを産む際に骨盤を

人一倍広げなければいけないので、

恥骨結合離開が起こる可能性が増えます。

 

・女性ホルモンによる恥骨結合の弛緩

産前になると女性ホルモンの影響で恥骨結合が

緩むので少しの外力で恥骨結合離開を

起こしてしまう場合もあります。

 

・産前の体の歪み

産前から骨盤が歪んでいると、

恥骨結合離開が起きやすい状態になります。

綺麗に積まれている積み木よりも汚く積まれた積み木

の方が崩れやすいですよね。それと同じです。

 

・身体の柔軟性の低下

身体が硬いと、恥骨結合がお産の際に

上手く緩まずに恥骨結合離開が起きてしまいます。

恥骨結合離開の症状は?

・歩行時の痛み。

歩くときに、骨盤は体重を分散させ

大事な役割をしているのでやはり痛みが出ます。

 

・立ち上がり時、起き上がり時の痛み。

立ち上がり時や、起き上がり時は

体全体に力が入るので恥骨結合部に

痛みが出ます。

 

・階段の昇降時の痛み。

階段を降りたり昇ったりするときは、

通常歩行時よりも骨盤に負担がかかるので

強い痛みがあります。

 

・少しでも足に触れると激痛が走る。(重症例)

恥骨結合付近には、神経が走っているので

恥骨結合が離開し移動することで

神経が過敏になり痛みを感じやすくなります。

 

・トイレをするのも痛いので用を足せない。

気張ると、恥骨結合付近に力が入るので

痛みが出てトイレで用を足すのに15分くらい

かかることがあります。

 

症状としては上記などが挙げられます。

恥骨結合離開の対処法は?

一番、手軽な対処法としては

産後に、骨盤が開いたままにならないように

するために腰に巻く骨盤ベルトと言う

ベルトを巻いて頂くのが良いです。