歩くと足裏が痛い踵骨棘の原因、症状、対処法は?

  • かかとに痛みがある
  • マラソンやバレーなどのスポーツをやっている
  • 朝起きてからの一歩目にかかとが痛い

踵骨棘とは?

踵骨棘とは、踵骨と言うかかとの骨が、

足底筋膜という足の裏の筋肉に

引っ張られることによって骨棘(こつきょく)

棘(とげ)が出て来てその棘が歩くときに

刺激され痛みが出ると言う疾患です。

*骨棘がでても痛みがない場合もあります。

骨棘の原因は?

・ハイヒールなどの、靴底の硬い靴の使用。

・長距離走のランニング動作や、バレーなどの

ジャンプをするような繰り返し足の裏が伸ばされる

動きを必要とする競技をしている。

・偏平足

偏平足とは足の縦のアーチ(土踏まず)が

下がって足の裏が平らになっている足のことです。

なぜ、偏平足が踵骨棘の原因になるかと言うと、

偏平足になると足の裏が伸びて、足底筋膜が

常に踵骨を引っ張ってしまうので、踵骨棘に

なりやすくなってしまいます。

踵骨棘の症状は?

・朝起きてからの一歩目にかかとに

痛みが走る。

・階段から降りて足を地面につけるときに

痛みが走る。

・かかとを強くおすと激痛がある。

・重症の場合だと、足をつくことが出来ず

歩くことが出来なくなります。

踵骨棘の対処法

・ソールが柔らかい靴に変える。

・偏平足の人は土踏まずを形成する、

インソールを使用して靴に入れてみる。

 

などがあります。

 

足の形を変える(土踏まずを作る)ことで、

痛みがかなり軽減される場合もあるので

試してみてもいいかもしれません。