ボルタリングが原因で指を痛め、曲げることができない前腕屈筋腱損傷とは?症状と治療法

ボルダリングが原因の前腕屈筋腱損傷とは?

・最近、ボルダリングが流行っていますよね。

 

・それに伴い、前腕の屈筋腱(手のひら側にある筋肉)を

損傷する人が増えてきています。

 

・なぜ損傷するかといいますと、ボルダリングは

指の筋肉だけで体の体重を支えるので

普段運動をあまりしない人がいきなり

ボルダリングをすることで、筋肉に許容範囲以上の

負荷がかかってしまい、損傷してしまいます。

症状は?

・損傷(断裂)を起こした筋肉が担当している

指を曲げることができなくなってしまいます。

 

・その指に力が入らないので、損傷を起こした側の

手の握力は著しく低下します。

 

・損傷は、中指に起こりやすいです。

治療法は?

・筋肉が完全に断裂されていなければ、

固定をして治療をしますが、断裂して

筋肉同士が完全に離れてしまっている場合は

手術になります。

症状について詳しくはこちら

指、手の痛み

関連記事