整形外科や接骨院でも治らなかった大人の側弯症からくる腰痛がなぜ良くなるのか? 春日井市

昨日、豊田市からわざわざ側弯症や腰痛で

みえた患者さんが

「先生のところが最後の砦なんです。

なんとか治してください」

お願いされました。

 

 

お話を聞いてみると、整形外科で側弯症は

もう治らないと言われ、諦めきれないので

接骨院や整体、マッサージなど、いろいろ

通ったそうです。

 

少しは良くなったのですが

直ぐに戻ってしまいずーっと悩んでいたそうです。

 

話を聞いてみると

25年前の交通事故をきっかけに腰が痛くなり

6,7年前に側弯症と診断され腰痛がさらに

悪化したそうです。

 

 

症状は

・腰が重たい感じ

・左大腿部外側にしびれ

・腰を動かしても、動かさなくても痛い

・長時間立っていたり、座っていると痛い

・昼前後に痛くなる

・前屈で痛い

・中腰姿勢で痛くなる

・ズボンをはくときに痛い

・重たいものを持った時に痛い

とのことでした。

 

 

検査の結果、側弯症によって腰に負荷がかかっている

状態でヘルニアの疑いがありました。

 

なので、まずは腰椎ヘルニアの治療を行ってから

腰の痛みを軽減させてから、骨盤矯正や背骨の矯正を行って

側弯症の治療を行いました。

 

姿勢のチェックしたら左肩がかなり下がっていましたが

治療後は肩のラインが水平になっていたので、一回目の

施術でここまで変化がでれば良くなる見込みです。

 

 

触診を行っても、予想よりは背骨の歪みが少なかったので

全身の骨格矯正を続けていけば改善される可能性が高いです。

 

実際に治療前と治療後の写真を患者さんに見せてあげると

変化したことに驚いていて、とても喜んでいました。

 

 

次回、お見えになったときにどう変化しているか

楽しみです。

関連記事