痛みが続くことで不安になる。だから、直ぐに治してあげることが患者さんのためになる。 春日井市

痛みが続くと人間だれしも不安になることが多い。

 

「この痛みは一体、いつになったら治るのだろう?」

 

「私の症状は本当になるのだろうか?」

 

未来の自分の身体が予測できないから

 

安心できない状態が続く。

 

だから、不安から解消してあげるために

 

根本的な原因を伝え上げて、どらくらいの回数で

 

どれくらいの期間で治るのか、検査をして提示することを

 

心がけている。

 

 

患者さんは治る目安が分かれば安心してくれる。

 

何も伝えないまま治療をするから不安になる。

 

今、自分の身体がどうなっているのか

 

プロの視点から教えてほしんですよね。

 

今はネットで調べれば、自分の症状が

 

ある程度、分かるかもしれないけど、

 

でも、実際に問診して体を触ってみないと

 

ネットの情報が正しいのかどうか疑問である。

 

「先生、ネットで自分の症状と似ている記事があって

 

私、この症状なんでしょうか?」

 

と訴えてくる患者さんがいます。

 

その症状であることもあれば、違うこともあるので

 

やっぱり、問診、触診、検査をしてみないと

 

経験上分からないのが事実ですね。

 

ネットで書かれていることを鵜呑みにしないで

 

まずは、不安と感じたら来て頂いて

 

直接、どんな状況なのか事細かに

 

話してほしいと思っています。

 

できるだけ早く治してあげたいと

 

思っていますので。

 

痛みが続くと本当に憂鬱になり

 

ネガティブ思考に陥ってしますから。

関連記事