ストレートネックで五十肩ではないかと整形で言われました。  春日井市

【患者さんから下記の相談を受けました】

 

「初めまして。

 

5月に春日井市に引越ししてきました。

 

右肩の痛みで、地元の●●で整形外科と接骨院に行きました。

 

忙しい時だったのでどちらも一度しか行っていません。

 

ストレートネックで五十肩ではないかと整形で言われました。

 

左肩は以前に五十肩になりましたが自然と治りました。

 

今回は右腕が上に上がらないと言うより、横の動きができず、

 

ある角度で力がかかると腕のつけ根あたりがズキンとすごく痛みます。

 

右側の首筋や後頭部がどんよりと痛いこともあります。

 

身体の右側が下がっていて身体に歪みがあることは

 

随分前から自覚しています。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。」

 

 

よく上記のような質問を受けますが

 

五十肩は痛みがあってもなくても

 

腕が上がらないです。

 

 

痛くても腕が上がる場合は

 

五十肩ではなく、インピンチメント(挟み込み)症候群の

 

疑いがあります。

 

 

腕を上げていくと、普通は腕のつけ根と

 

肩関節がぶつからないのですが、インピンチメント症候群に

 

なるとぶつかってしまって痛みが出ます。

 

 

特に腕を横から上げた時に

 

90度以上から痛みが出ることが多く

 

肩の奥の方でズキッと感じます。

 

 

治療としては肩関節の調整と鎖骨の調整

 

そして肩のインナーマッスルの調整を

 

行います。

 

五十肩よりも早く治ることがほとんどなので

 

直ぐに治療を開始すれば、直ぐに良くなることが

 

多いです。

 

 

症状について詳しくはこちら

症例

関連記事