健康寿命を延ばし、体を引き締めるインナーマッスルの鍛え方ののポイントは“4秒筋トレ”  春日井市

~【主治医が見つかる診療所SP】から~

身体のバランスや姿勢を維持させてくれる

大変重要な筋肉であるインナーマッスルは

実は外からは見えなく、触れません。

 

理由は身体の奥に存在するからです。

 

インナーマッスルが鍛えられると健康寿命が延び

生涯最後まで、自分の足で歩くことができ

身体が引き締まり、姿勢が良くなります。

 

 

平均寿命:男性80歳、女性86歳

健康寿命:男性70歳、女性73歳

 

また、インナーマッスルを鍛えると

アウターマッスルも同時に鍛えられ

基礎代謝が上がり内臓脂肪が燃焼され

お腹の厚みの減ります。

 

 

これでダイエットもでき、健康で若々しく

美しくなれるので、バランスボールやストレッチポール

ジムなどでインナーマッスルを鍛えている人が増えていますね。

 

 

インナーマッスルを効果的に鍛えるには

1つの動作を4秒かけて、ゆっくり筋トレすることを

整形外科医で年間550回のセミナーを開催し

インナーマッスルのスペシャリスト

熊本大学の都竹茂樹先生自身が実践されて

証明されています。

 

また、セミナーを受講された多くの方が

“4秒筋トレ”を実践し、健康寿命が延びています。

 

 

インナーマッスルの代表的なお腹の中の筋肉、

腸腰筋が衰えると、骨盤が傾いてくる

すり足で歩く、つまずくようなことが起きます。

 

腸腰筋は上半身と下半身をつなぎ

太股をあげる筋肉で鍛えらえると

背筋が伸びて姿勢が良くなります。

 

都築先生が推奨しているインナーマッスル“4秒筋トレ”は

 

①背筋を伸ばして椅子に座る

②おへその下に力を入れる

③片足の太股を椅子から少し浮かせる

④太股を浮かせたまま膝を4秒かけて伸ばし、4秒かけて戻します

(この時、膝関節を伸ばし切らなくてもいいそうです)

 

これを10回行いますが、筋トレしているときは

無理せず、ゆっくり行い、かかとは床にはつけないまま

行うことがいいそうですが、できない人はつけても構わない

そうです。

症状について詳しくはこちら

症例

関連記事