最近、首が痛いと思っていたら腕や手にしびれがでてきた頚椎症性神経根症とは、どんな病気?

  • 首が痛い
  • 40~50歳 男性
  • 肩や首を打った(打撲)
  • 手や腕にしびれがある

頚椎症性神経根症とは?

頚椎(首の骨)から出る8個の神経が、

頚椎の変形(骨棘形成など)や

椎間板(頚椎同士の間にあるクッションのようなもの)

の後方突出によって圧迫され様々な症状がでる疾患です。

頚椎症性神経根症の原因は?

・加齢によるもの。

特に40~50歳の男性に多いです。

 

・頚椎の神経はC1~₈まであり、その中でも

C5,6,7,8が原因となり頚椎症となりやすいです。

 

・さらに、5番目の頚椎と6番目の頚椎の間、

6番目の頚椎と7番目の頚椎の間に多いです。

 

・肩や首の打撲によるもの。

肩や首をどこかで打ったりすると

その衝撃によって頚椎症を発症することもあります。

頚椎症性神経根症の症状は?

・頚椎根性頚椎症の初期症状は、

首の痛みから始まります。

この痛みを「そのうち治るだろう。」と放っておくと

腕や手にもしびれが出てきます。

 

・腕や手のしびれは基本的に片方のみで

手のしびれは手の甲側に出ます。

 

・しびれの他にも感覚異常も出てきます。

感覚異常では、神経の5,6,7,8番の

それぞれの番号が支配している領域の感覚がよく障害されます。

 

5番なら腕(上腕)の外側、6番なら親指と人差し指、

7番なら中指、8番なら薬指と小指が障害されます。

頚椎症性神経根症の対処法は?

・頚部周囲筋のマッサージ。

(首の回りの筋肉の緊張を取るため。)

 

・枕の高さの調整。

(首が少し曲がるくらいの高さ。)

 

・首の牽引。

 

・首を温める。

(お風呂に入るときに首までしっかりと

浸かってください。)

 

・早めに治療をすれば治る疾患なので、

早目の病院受診をお勧めします。