短距離選手の高校生で練習中に太ももの前側が痛くなり走れない状態が続いている  春日井市

整形外科でレントゲン、MRIで検査しても

異常がない状態。

 

ということは骨や靭帯には問題がなく

筋肉や関節に問題が考えられます。

 

検査をしてみると、太ももの筋肉の

緊張が強く、骨盤と股関節が歪み

固まっている状態。

 

屈伸や、走って着地した時に

痛みが走り、全力で走れない状態。

 

直ぐに股関節や骨盤の関節を調整して

可動域を上げたら、直ぐに太ももの

筋肉の負担が消えて、全力では

まだ走れないものの、中程度の力では

走れるまで回復しました。

 

病院で骨や靭帯、半月板に異常がなければ

関節の歪みや筋肉の緊張を緩和すれば

良くなるケースが多いんで

大丈夫です。

 

但し、ストレッチや筋トレをして

痛みが出る場合は避けたほうがいいです。

 

関連記事