去年の6月から短距離の中学生が右の坐骨に付着している太ももの筋肉、ハムストが痛い。  春日井市

中学生から高校生になった患者さん。

授業のサッカー中にもともと痛めていた

足のつけ根に付着している太ももの

筋肉を傷めてしまった。

 

陸上部に所属し、走ると骨盤に付着している

太ももの筋肉(ハムストリングス)が痛くて、

なかなか試合で結果が出ず

成績が伸び悩んでいる状態。

 

整形外科で週2回ストレッチして

筋力もしっかりついているので

痛みが出ないはず。

 

なのに1年以上も痛みがあるので

他に根本的な原因があるはず。

 

検査したら、足関節

膝関節、股関節、骨盤の関節がかたいことが

判明。

 

つまり、下半身の関節可動域が

狭く、筋肉に負担がかかっている疑い

あることが分かった。

 

施術は筋肉のストレッチ、リンパマッサージよりも

関節の可動域をひろげるもモビリゼーションを

中心に行った。

 

その結果、屈伸が楽になり

前屈、後屈も治療前よりも曲げられるように。

 

あとは練習してみて、その後

どう変化していくか経過観察していきたいと

思います。

関連記事