出産後から腰からお尻にかけて痛くなり、正座をすると膝の外側が痛い。  春日井市

この場合は2つの問題が

考えられます。

 

1つは腰からの問題

もう一つは膝関節の問題です。

 

腰の場合はなんらかの原因で

腰の神経を圧迫し、それが膝まで

影響を及ぼしている考えられます。

 

腰から始まる神経は

お尻を通って、太もも、膝、ふくらはぎ

足の指、足の裏まで通っていますので

腰から痛み・しびれが始まって足の方に

下がってきたら腰の神経の圧迫を

疑います。

 

膝の場合は、

膝の関節がうまくかみ合っていなかったり

ねじれていたり、ゆがんでいたり

また、曲げ伸ばしに関係する

筋肉の問題が多いです。

 

関節が歪んでいるのか

それとも筋肉が緊張しているのかが

検査で分かれば、痛みをとることは

簡単です。

 

そこでも問題がなければ

股関節や足関節の原因を疑います。

 

ただし、変形性膝関節症などの

骨の変形や、半月板などの軟骨が

すり減っている場合は整形外科などの

病院でレントゲンやMRIを撮ってもらう

必要があります。

 

骨や軟骨の問題の場合は

膝の関節が曲がらない、ひっかかるのが

特徴です。

関連記事