某大手服屋さんで仕事中に突然、ぎっくり腰になって来院されました。  春日井市

この時期は気温差による

ギックリ腰の方が急増します。

 

特に朝起きた時や仕事始めに

発症するケースが圧倒時に

多いです。

 

筋肉は血流の増減によって

緊張度が変化しますので

温度にはとっても敏感です。

 

特に秋から冬にかけては

朝夕と昼間の温度差の変化が

大きいので腰の筋肉がかたくなって

ふとんやベッドから起き上がるときや

中腰になったときに筋肉が伸びきらず

痛めることが多いです。

 

人間の体はほとんどが水で

できています。

 

その水が気温の変化に

よって身体が氷のような状態に

なってしまっていると

思ってもらえれば腰を痛めてしまう

イメージができると思います。

 

この時期のぎっくり腰予防は

とにかく温めること。

 

カイロやお風呂、シャワーでも

いいので身体を温めて筋肉を

あらかじめほぐしておけば

ギックリ腰予防になります。

腹巻もいいですね。

 

仕事前のラジオ体操もいいのですが

身体が固まっている状態で行うと

これもまたギックリ腰になる原因に

なります。

 

 

今はヒートテックなど

身体を温める服もあるので

身体を冷やさないことが大切です。

 

寝る前も厚着や厚い布団、モーフなので

冷やさないで寝ることをお勧めします。

関連記事