長身の左投手。高校生野球児の野球肩・野球肘で投げる瞬間に痛い  春日井市

野球投手を怪我させないためには

「肩」は消耗品であるという捉え方を

するといいと思います。

 

私が施術した高校生の投手が

肩や肘を痛める原因は

ほとんどが投げ過ぎです。

 

練習試合では投球制限があっても

試合になると投球制限がなくなります。

 

 

問題なのは野球肩や野球肘で

痛みを我慢して、肘が下がるような

投げ方になり、肘の内側に負担がかかって

疲労骨折、いわゆる「関節ねずみ」になって

病院で固定して戦線離脱になってしまう

パターンが多いです。

 

練習や試合で肩や肘に違和感を

感じたら直ぐに投げるのをやめて

アイシングし、スポーツ障害に

強い整形外科で見てもらうことを

おススメします。

 

肩でも肘でも痛みがあっても

関節の可動域が正常ではあれば

直ぐに良くなる可能性が高いです。

 

ですが、関節の可動域に制限が

かかる場合は完治するまでに

時間がかかることが多いです。

 

関連記事