床に座る仕事で腰が痛くなり、その後、股関節にも痛みがでて立ったり、座ったりする動作がつらい 春日井市

かたい床や椅子に長時間座ると

骨盤の坐骨という骨が当たります。

 

地面や床がかたい場所にあぐらや

横座りになると、この坐骨を通して下から上に骨盤が

持ち上げられ骨盤の関節(仙腸関節)がゆるみ

骨盤周辺、とくにウエストやお尻のあたりに

痛みや違和感を感じます。

 

この状態が続きますと

骨盤に股関節がくっついているので

股関節痛にもなりやすいということです。

 

ですので、この場合の腰痛・股関節痛

予防としては、かたい椅子やベッドに寝るときは

お尻の部分にクッションを引いて

下からの衝撃を和らげることが

最優先になります。

 

このような症状が出る方は

かたい椅子に座っての長時間の

デスクワーク、幼稚園・保育園・小学校・中学校での

入学式や卒業式、学芸会なので体育館の椅子や床に

座っているママ、長時間運転の営業マン、

トラック運転手が多い傾向にあります。

 

 

座って痛みがあり、立って痛みが

なければ上記の症状を疑っていいと思います。

 

痛みが強い方は、骨盤ベルトをしめて

骨盤を固定すると楽になります。

関連記事