腰椎椎間板ヘルニアで整形外科に一年通院して、2週間前から急に太ももにしびれが出た場合の対処法  春日井市

腰椎椎間板ヘルニアは以前

発症していないと、初期症状が

我慢できる痛み、足が重たい、だるい

ので気づかない場合が多いです。

 

その状態で我慢し続けると

突然、お尻から太もも、足の裏や指先に

しびれが出てきて、寝ていても

痛みやしびれで目が覚めてしまいます。

 

椎間板ヘルニアとは

腰の骨と骨の間に挟まれた

軟骨が後ろへ飛び出し脊髄神経に

当たって症状が出ます。

 

症状の場所は

 

・腰の下の方の骨の上

・お尻の割れ目

・尾てい骨

 

に出ることが多いです。

 

一番やっかいなのが

癒着性の椎間板ヘルニアです。

 

これは後方へ飛び出した軟骨と

脊髄神経が癒着してしまい

痛みやしびれが長時間ずーっと

続いてしまう状態です。

 

仰向きで寝た状態で

膝を伸ばしたまま足を上げた時に

20度から30度までで痛みやしびれた

腰からお尻、足に出たら

癒着性の椎間板ヘルニアの

可能性が非常に高いです。

 

直ぐに処置をしないと

施術期間が長引きます。

 

椎間板ヘルニアの得意な

整形外科、接骨院、整骨院

整体、マッサージに行かれることを

おススメします。

関連記事