中学1年生サッカー選手の膝の痛み、オスグット病の原因と対処法  春日井市

今、クラブチームでサッカーをしている

中学1年生が来院しています。

 

走ったり、ボールをけったりすると

左ひざお皿の下のでっぱた骨が痛くなり

かばって右ひざも痛くなりました。

 

成長痛のオスグット氏病の疑いがありますが

特に思春期の中学生に多く、サッカーや

バスケットボールをやっている選手に

多くみられます。

 

原因の一つに太ももの筋肉の発達により

その筋肉が膝のお皿の下の骨にくっついているため

その骨をひっぱて痛みが出ます。

 

実際には太ももの筋肉、大腿四頭筋

は膝蓋骨という膝のお皿の下の骨

脛骨粗面に付着しています。

 

これが表面にくっついているのではなく

骨の中にまで入り込んでいます。

関連記事