ゴルフの練習をしていたら、急に肘の内側が痛くなってボールを打つことができないくらい痛いです。  春日井市

昨日、お見えになりましたゴルフ肘の患者さんで

肘の内側が痛く、どうしても週末のゴルフにいかなければ

ならなく治してほしいとのこと。

 

現在の状態としては、ボールが打つと肘に激痛が

走る状態。さて、これを1週間で治すにはどうしたら

いいか?

 

まず、肘の痛みよりも、根本的な原因がどこにあるのか

当院独自のオリジナル検査で見つけ出します。

 

見つかった根本的原因は、偏平足、骨盤が左に上がり、

右肩が下がっている、頭が歪んでいる。

 

これによって、姿勢が悪化し、身体が右側に

傾いている状態。

 

患者さんは

「よくダブってしまって(クラブが地面に当たってしまう)

肘が痛くなるんです」

とおっしゃっていたので、たぶん身体が傾いたことによって

腰の回転が斜めになってしまい、バッティングで例えるなら

アッパースイングになっている状態でした。

 

この姿勢を骨盤矯正で改善し、足の裏の筋肉を緩めて

足首やかかとの関節をの矯正して偏平足を改善し

最後に頭の傾きを調整しました。

 

その後に、肘の関節の調整、肘の内側にくっついている

筋肉のマッサージ、電気、超音波、アイシングをして

痛みを緩和させました。

 

まだ、肘の痛みが残っていますが

姿勢は鏡で見ても良くなっているのが

わかったので、後はひたすら痛みが

消えるまでは安静で、アイシングをするように

お願いしました。

 

なんとか一回練習できるまで回復させ

本番で痛みがでないように本気で調整

したいと思います。

 

腕のみせどころですね!

関連記事