顎関節症で悩んでいる方からのお問合せ 春日井市 G・Yさん

前田先生、こんばんは

今日は診察中に突然お伺いしてすみませんでした

 

当時はアトピーに悩まされていしたステロイドや

内服薬合わなくなり、30歳から標準治療を中止。

 

その後すぐにリバウンドに苦しみ、31歳の時に

自宅の環境や外壁工事の影響で化学物質過敏症に

なりした

 

そして、同じ歳にアトピー性白内障を発症しました

 

大人になってから食物アレルギーでアナフィラキシーにも

度々なる様になって、あれから辛い日々を過ごしいました

 

化学物質過敏症はまだまだ認知度低いように思います。

医療の現場では当たり前のようにアロマや香りの強い洗剤、

柔軟剤使われる時代になり、患者としては悲しく思います。

 

今回は顎関節の治療受けれないのはとても残念に思います…。

受付の女性の方には、事故通院の悩みを色々聞いてくれて

とても感謝しております。ありとうございました

 

前田先生、スタッフの皆さま、季節の変わり目ですので、

お身体に気を付けてください。

コツコツ前田からのメッセージ

私どもも医療に携わる者として
そのように人知れず苦しんでいらっしゃる方
大勢いらっしゃることを肝に銘じて、日々の施術に
あたる必要ありますね。
後藤さんの様々な症状少しでも良くなることを
願っています。
お体お大事になさってくださいね。

関連記事