海外で腰痛になられた方からのお問い合わせ 春日井市 N・Hさん

ネットを拝見してメールさせて頂きました

インドネシアのジャカルタに在住しております。

丁度1ヶ月前に筋トレ中、腰に違和感を感じ、翌日から左の腰から臀部、太腿前面、膝まで激しい痛み続いてます。

 

座っていると殆ど痛みはないのです立って背筋を後ろに反らしたり、歩行開始から1分もしないうちに左太腿前面、膝前面に激痛走り、歩けなくなってしまいます。

 

ジャカルタの病院でMRIも撮って診てもらったのです言葉なかなか通じず良く分からないのと医療機関貧弱なので、正しいかどうか分かりません英語にしてもらった診断書を読む限り、

 

1.脊柱直線になる脊椎症。

2.L2-L3間の椎間板緩やかに後方へ突起しだしている兆し。

3.後方の骨棘とL3-L4の椎間板左後の側面へ突出し、神経根を刺激していると書かれております。

 

医療用語に詳しくないので変な日本語ですいません。

ただ、ヘルニアの症状をチェックする仰向けで足を上げたり、足裏を叩いたり、前屈では痛みを感じません。

歩行困難で間欠性跛行酷く、殆ど歩けないため脊柱管狭窄かと思われましたMRIからはそうではないようです。

 

既に1ヶ月経過し、セレブレックス等の痛み止めも全く効かず、衛生的に不安ある中、針も3回程試しました効果なく、毎日痛みで苦痛続いてます。

今月末に10日間の休暇あり、名古屋へ戻るのです藁をも縋る思いで何とか治したいと思いメール致しました

 

日本帰国中の短期間で治療して頂くことは可能でしょうか? 長文失礼しました

コツコツ前田からのメッセージ

初めまして。コツコツ接骨院の前田です。
この度は下記のお問合せを頂きありとうございます。
症状から判断しますと上部腰椎の椎間板ヘルニアの
可能性あります。
痛めてから一ヶ月経過していますので
短期間でどこまで治るか保証はできません治療することは可能です。
それでもよろしければメールで来院できるの日時を教えて下さい。
できるだけ早く良くなるように全力で治療させて頂きます。

 

年齢を教えて頂けると助かります。

関連記事