五十肩

  • 肩が痛い
  • 肩が挙がらない
  • 40~50歳である
  • 腕が痛くなる時もある
  • 夜寝るときに痛みが出る

五十肩(肩関節周囲炎)とは?

五十肩とは、正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれており

その名前の通り、肩関節周囲の筋肉や

関節包(関節を包んでいる袋)などの軟部組織(柔らかい組織)

炎症や変性が起きることによってさまざまな症状が出る疾患です。

 

五十肩と呼ばれる通り、40~50歳ころの中年の方に多くみられますが

まれに20~30歳の若い世代の方にもみられることもあります。

 

肩関節は、関節の固定を筋肉などの軟部組織に依存しているので

加齢による軟部組織の変性も起きやすくなってきます。

 

上の図にある、筋肉や関節包などが軟部組織と言われるものに

なります。

五十肩の原因

肩関節周囲の軟部組織の変性(性質が変わること)です。

 

加齢による軟部組織の変性や拘縮(硬くなってしまうこと)に

よって、肩を動かすたびに軟部組織が刺激され痛みが出ます。

 

また、滑液包(関節の潤滑油が入っている袋)や

関節包(関節を包んでいる袋)の癒着もあります。

 

肩関節のみならず、体にある関節には関節包や滑液包という

袋が見られ、これらが正常に働くことにより関節が守られ

関節の動きや働きが正常になります。

 

癒着とは、関節包や滑液包がくっついてしまっている状態の

ことで、癒着した状態だと関節の動きや機能がうまく働かずに

痛みが出ます。

五十肩の症状

肩の奥の痛み、肩全体の鈍痛です。

症状によっては、肩だけでなく腕の外側にも痛みが

出る場合があります。

 

五十肩の症状で特徴的なのが、運動制限です。

五十肩は肩こりとは違い、肩が挙がらなくなるのが

特徴的な症状で、肩が挙がらない場合は五十肩が

疑われる場合があります。

 

夜眠るときに痛みが出る夜間痛も五十肩の

特徴的な症状の一つです。

 

夜眠る際に、肩が冷えることによって痛みが出ます。

また、肩を下にして眠る際は、肩の一部分のみに

圧迫力が加わるので痛みが出やすくなります。

五十肩の対処法は?

肩の痛みが出始めたばかりの時期や

痛みが強いときは肩を氷水で10分間冷やす

ようにしてください。

 

また、痛みが慢性化し強い痛みはないけど

少しの痛みがずっと続いているような場合は、

お風呂に入る時に肩部までしっかりと浸かるようにして

肩部を温めると血流が良くなり肩の動きがよくなり

効果的です。

 

肩のトレーニング方法は片方の手を机につきます。

もう片方の手は机の外に出してぶらんと垂らします。

 

その状態で、体を前後に揺れるように動いて

その揺れに垂らしている側の手が付いてくるような

運動を行ってください。(上の図)

 

これが慣れてきたら、1キロぐらいのダンベルか

水の入ったヤカン、アイロンなどを持っていただいて

上記と同じことを行ってください。

四十肩と五十肩の違い

結論から言いますと違いはありません。

 

 

「先生、私って四十肩?、それとも五十肩?」

 

 

ってよく聞かれますが、同じなんですね。

 

40代の方に多いから四十肩、50代の方に多いから

五十肩と言われているだけなんです。

 

でも、30代でなる人もいれば60代、70代でなる人もいます。

 

年齢によって名称を変えてしまったことによって

紛らわしくなったのですが、あえて違いをいうならば

四十肩は使い過ぎによって起き、五十肩は老化に

よって起きると思っています。

 

四十肩と五十肩の病名は肩関節周囲炎といいます。

現場での経験から慢性化すると他の疾患と違って

治療期間が長くなります。

 

四十肩、五十肩の初期は肩こりと間違えやすいので

自分で気づくことは少ないです。

 

痛みがなくても腕が少しでも上げづらい、引っかかる感じがあれば

直ぐに整形外科などの病院で診てもらうことをお勧めします。

 

四十肩、五十肩は我慢した期間だけ、治療も時間がかかると

言われています。特に夜間痛がある方は重症ですので

直ぐに病院へ行って治療を開始して下さい。

 

よく、何もしなれば自然に治ると言われています。

たしかに時間が経てば痛みは消えるかもしれませんが、

関節の動きは制限されて、以前のように腕を上げることが

できなくなる恐れがあります。

まとめ

五十肩は病院や接骨院での治療以外に

自分でリハビリを行うと治りが早くなります。

 

そのリハビリとはアイシングや腕を前後に振る以外に

ゴムを使った筋トレ傘を使って行うストレッチです。

 

アイシングは氷嚢があればいいのですが、なければ

ビニール袋に氷と少量の水を入れて肩関節に当てて下さい。

 

肩の骨に直接氷が当たると痛いので、氷がドーナツ状に

なるようにして肩の周りに当てて10分間冷やしてください。

 

最初の3分間は冷たくて痛いかもしれませんが、3分を超えると

慣れてきますので安心して下さい。3分を超えても冷たくて痛い

場合はハンカチやガーゼを当ててその上から冷やしてください。

 

ゴムを使った筋トレや棒を使ったストレッチは上記の動画をご覧下さい。