ゴルフ肘・野球肘

ゴルフ肘・野球肘は上腕骨内側上顆炎

(じょうわんこつないそくじょうかえん)いって

スポーツ障害でもっともおおく見うけられます。

 

特にゴルフや投球ホームのしっかりしていない子供に

おおいです。

 

ゴルフ肘・野球肘の原因は腕の筋肉の使い過ぎに

(オーバユース)よる腱の炎症です。

 

腱とは筋肉と骨に結びつけている組織です。

みなさんよく知っている“アキレス腱”とはふくらはぎの

筋肉が腱に変わってかかとの骨にくっついています。

 

筋肉から腱に変わるぶぶんにストレスがかかりやすく

炎症を起こしやすいです。

症状

  • 肘の内側の疼痛、はれ、圧痛
  • 肘を伸ばすと制限される
  • 手関節を曲げると肘の内側が痛い

野球少年は、投球するときに肘が肩より下がるケースが多いです。

これは肩ではなく肘を中心に球を投げることになるので、

肘にかなりのストレスがかかり野球肘(リトルリーガーエルボー)に

なりやすいです。

 

ひどいと骨がはがれてしまう剥離骨折(離断骨軟骨炎)などが生じ、

肘が完全に伸ばせなくなります(関節ねずみ)ので早期発見、

早期治療を心がけて下さい。

 

対処法は、使い過ぎが原因ですので安静にすれば良くなります。

但し、試合などでどうしても使わなければならない時はアイシングと

固定が必要です。

 

痛みがでる肘の内側は血流が乏しく、なかなか治りにくいです。

よって血流をあげ損傷された腱を修復し栄養を与えることにより

治りが早まります。

 

血流をあげるにはアイシングが一番です。アイシングは最初、

急激に冷えて血管が収縮しますが、その反動で血管が拡張し

血流量がアップします。

 

固定は使いすぎの筋肉の走行にそってテーピングを貼るか、

もしくは肘の下に専用のバンドを巻いて筋肉の緊張を和らげると

痛みが軽減します。

 

 

ゴルフ肘・野球肘の来院目安は

 

・スイングや投球動作が痛くてできない

・腕の筋肉を使った後は必ず肘が痛くなる

・朝起きた時、突っ張る感じがある、違和感がある

 

場合です。

離断性骨軟骨炎とは?(外側型野球肘)

  • 野球をやっている
  • 15歳前後
  • 肘の外側が痛い

野球をやっている小児(15歳前後)に発生する疾患で、

肘の使い過ぎにより発症します。

 

肘関節の外側に起こり、上腕骨小頭と橈骨頭という

部位が投球動作時にぶつかることによって上腕骨小頭の

軟骨が炎症を起こします。

 

また、離断性骨軟骨炎が進行して上腕骨小頭の軟骨が完全に離れて

肘関節の中で動き回るものを関節ネズミと言います。

離断性骨軟骨炎の原因は??

・肘関節の使い過ぎが一番の原因になります。

 

・小児の肘関節の骨が完全に完成するのが、

だいたい18歳前後なので、18歳までは骨が完成

しておらず、力学的に脆い構造をしているので、

軟骨がすり減りやすく変性を起こしやすくなっています。

 

・上記のように肘関節の骨が脆いのに関わらず、

中高生では、練習がどんどんハードになっていくので、

骨が耐え切れず離断性骨軟骨炎を起こしてしまいます。

離断性骨軟骨炎の症状は?

症状としては、

・投球時の肘関節外側の痛み。

 

・進行すると、日常生活でも痛みが出るように

なってしまいます。

 

・肘を完全に伸ばし切ることが出来なくなり、

肘が少し曲がった状態になります。

 

・関節ネズミの状態になると、膝関節内を動き回るうちに

関節内に挟まってしまい肘の曲げ伸ばしが

出来なくなってしまいます。(ロッキング)

離断性骨軟骨炎の対処法は?

離断性骨軟骨炎は、早期発見早期治療であれば、

安静にすることで治っていきますが、

痛みを我慢して、練習を続けることで、症状が

悪化し、手術をしなければいけなくなるので、

我慢せずに早めに病院に行きましょう。