テニス肘

テニス肘は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)

といってスポーツ障害で多くみうけられます。

 

バックハンドを多用するテニスの選手に多くみられるので

「テニス肘」とよばれています。中年の女性におおいです。

 

テニス肘の原因はゴルフ肘・野球肘と同じで腕の筋肉の使い過ぎ

(オーバーユース)による腱の炎症です。

 

腱とは筋肉を骨に結びつけている組織、ゴムみたいなものです。

症状

  • 肘の外側の疼痛、はれ、圧痛
  • 肘を曲げると制限される
  • 手関節を曲げると肘の外側が痛い

長期間放置すると腱が付着している肘の外側の骨が

とがることがあり(骨棘)、完治するまで時間が掛かります。

 

対処法はゴルフ肘・野球肘と同じです。

使い過ぎが原因ですので安静にすれば良くなります。

但し、試合などでどうしても使わなければならない時は

アイシングと固定が必要です。

 

血流をあげると損傷された腱を修復し栄養を与えることに

より治りが早まります。

 

血流をあげるにはアイシングが一番です。

アイシングは最初、急激に冷えて血管が収縮しますが、

その反動で血管が拡張し血流量がアップします。

 

固定は使いすぎの筋肉の走行にそってテーピングを貼るか、

もしくは肘の下に専用のテニスエルボーバンドを巻いて

筋肉の緊張を和らげると痛みが軽減します。

 

 

テニス肘の来院目安は

 

・目安スイングが痛くてできないラケットが握れない

・タオルを絞れると痛い

・ハンドルを回すのが困難

・ドアの取っ手を回すと痛い

・腕の筋肉を使った後は必ず肘が痛くなる

・朝起きた時、突っ張る感じがある、違和感がある

 

場合です。

外側上顆炎とは

  • 手をよく使う仕事をしている
  • 肘の外側が痛い
  • 手をそらすと痛みがある
  • 重いものを持ったりしても痛みが出る

なぜデスクワークで外側上顆炎になるのか?

外側上顆炎とは、肘の外側が痛くなる

疾患のことで、外側上顆には様々な筋肉が

付着していますが、その中でも短橈側手根伸筋という

肘の外側から、手の付け根まで走っている

筋肉が原因と言われています。

 

デスクワークをしていると、常に手をそらして

仕事をすることになるので、短橈側手根伸筋などの

手をそらす働きをしている筋肉が常に使われているので

それらの筋肉が、徐々に疲労で緊張して来ることによって

肘の外側に付着している短橈側手根伸筋が肘の外側を

引っ張ってしまい外側上顆炎が発生します。

外側上顆炎の症状は?

基本的に、肘や手を使わなければ

痛みは出ません。

 

痛みがでる動作として、重いものや荷物を持つ、

雑巾やタオルを絞る動作などです。

 

外側上顆炎かどうかを調べるテストとして、

家族や友人に手の甲を上から押さえてもらい、

患者はその手をどかすような感じで手をそらしてください。

 

この動作で肘の外側に痛みが出たら

外側上顆炎の可能性があります。

外側上顆炎の自宅でできる対処法は?

自宅でできるものとしては、

お風呂上りや運動の前、仕事の前などに

手首を手のひら側にそらしてなおかつ

肘も伸ばしてください。

 

この姿勢で、前腕の上側が伸びている感じが

あればOKです。

 

この姿勢を10秒を3セッ行ってください。