ヘルニア

  • 朝おきると痛い
  • 手足がしびれが消えない
  • 長時間座っていることがつらい
  • 中腰姿勢ができない
  • せきやくしゃみで痛みがでる

年々、首や腰のヘルニアで手足がしびれて悩んでいる、

困っている人が増えています。特にパソコンやスマホが

普及してからヘルニアの方が急増していることが

分かっています。

 

韓国ではスマホの使い過ぎで若者の頸椎ヘルニアが

増えたとニュースで流れていました。

 

問題なのは病院のテストでヘルニアと言われても、

対処療法によるリハビリだけで根本的に施術してくれる

施設は少ないということです。

 

今回はヘルニアで悩んでいる人のための施術について、

できるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

一体なんだろう?ヘルニアの原因とは

ヘルニアが起きるのは

長時間のデスクワークや運転など、

座った状態で仕事や家事、育児で

なりやすいと言われています。

 

最近はパソコンやスマホを使い過ぎている方に

ヘルニアが非常に多くみられる傾向にあります。

 

最初は首痛や腰痛と思って、まさか自分がヘルニア

だと気づかないことが多いです。しかし、状態が進行して

くると痛みが消えず、さらにしびれを伴います。

ひどくなると手足にしびれが出ます。

 

ヘルニアは「飛び出すと」いう意味です。

骨と骨の間には椎間板という軟骨があるのですが

この軟骨の中に含まれている髄核が飛び出して

神経に触り、痛みやしびれが出るのがヘルニアです。

 

ヘルニアの椎間板はほとんど水分で

できていて膨らんだり、縮んだりします。

 

腰を前に倒して前屈する、もしくは座っている姿勢の時は

椎間板は後ろ移動して、背骨の後ろを通っている神経に

近づきます。

 

逆に腰を後ろに倒して反らす、もしくは

立っている姿勢の時は椎間板が前に移動して

神経から遠ざかります。

 

つまり、中腰姿勢や座っている姿勢が長いと

ヘルニアになりやすいということです。

 

「以前にヘルニアのオペしたから大丈夫!」

 

と思っている方もいるかもしれませんが、実は

60%の確率で再発します。なぜかといいますと

髄核が飛び出してために穴があいてしまった

椎間板は再生しないからです。

 

ですのでオペをしてたからといって完治することは

ありませんので、最近はできるだけオペをしないで

なおす方向になっています。

 

長時間、同じ姿勢で座ったり、スマホなので下を

見ているとヘルニアになりやすいので、時々腰を

反らしたり、天井や空を見上げるなどしてストレッチ

することが大切です。

ヘルニアの施術は何をするの?

ヘルニアの施術は様々ありますが、大きく分けると

2つあります。それは対処療法と根本的療法です。

 

対処療法とはヘルニアによって痛みが出ている

場所に対して施術することです。二次的療法なので

一次的には痛みやしびれが消えるかもしれませんが

直ぐに元に戻ってしまうので何度も通うことになります。

 

根本的療法は飛び出した椎間板に対して

アプローチする施術です。時間がかかるかも

しれませんが、徐々によくなっていくことが多いです。

病院での施術

レントゲンやMRIの身体チェックや状態を聞いて

ひどくなければリリカなどの鎮痛剤とロキソニンが

含まれている湿布が出され様子を見ることになります。

 

1,2週間様子をみて、状態が変わらなかったり

悪化した場合はボルタレンなどの強い鎮痛剤や

痛みを抑えるブロック注射、電気治療、牽引、

理学療法士によるリハビリを受けることになります。

 

この中で一番効果が期待できるのは

牽引です。軽度から中度であれば

腰を引っ張ることによって飛び出して

椎間板が引っ込みます。

 

身体チェックでヘルニアと分かっても、そのレベルによって

施術期間が変わってきます。軽症であれば数週間で

よくなり、重症ですと2,3ヶ月かかります。

 

全く動けない、歩けないような重症であっても直ぐには

オペはしない傾向にあります。その理由はヘルニアの

多くは自然治癒力でなおることが分かっているからです。

 

ただし、痛みやしびれが長期間続くこともあるので

その場合はオペすることになります。オペをしても

再発しないという保証はないので、メリット、デメリットなど

よ~く考えてからオペするのかしないのか決めることを

お勧めします。

接骨院での施術

接骨院ではヘルニアは健康保険で施術することは

法律で禁止されていますので実費になります。

 

一般的には患部に電気を当てて、短時間の

施術になります。たとえば、腰のヘルニアの場合は

腰からお尻にかけて電気を当ててから数十分マッサージを

行うことが多いです。

 

専門的にヘルニアの治療を取り入れている接骨院では

腰を伸ばすようなストレッチを行ったり、特殊なベッドなどを

用いて施術します。

 

接骨院でのヘルニアに対する施術は、先生によって

全く違うのでどこの接骨院へ行ったらいいのか迷う方が

多いと思います。そんな時はホームページや口コミサイトなどの

投稿と自分の状態が合っている、似ている接骨院へ

行くことをお勧めします。

 

そこで、先生がヘルニアの説明と、どんな施術をするのか

分かりやすく説明してもらえれば安心して施術を受けられると

思います。

整体での施術

整体の施術は接骨院よりもさらに違ってきます。

先生のヘルニアに対する考え方、今まで習ってきた技術、

経験によって施術が決まります。

 

ですので、整体の施術はそれぞれ違っていると思ってください。

全身のマッサージがメイン、バキバキと骨格を矯正する、身体をゆらす、

患部をもみほぐす、関節の調整など施術方法は様々ありますが、

実際に受けてみないと分からりません。

 

今はホームページを見ればどんば方が

来所しているのか分かります。

 

感想や声で、実際にヘルニアの方が

通って治った実績がたくさんある治療院がいいかと

思います。

 

それでも、効き目がない場合や体に合わない場合も

ありますので、しっかり調べてから行かれた方がいいかと

思います。

 

一番期待できるのは、ヘルニアになって整体に通ったら

なおった方から紹介してもらうのがいいでしょう。

まとめ

今まで、たくさんのヘルニアの方を施術してきましたが

いつもと違う腰痛を甘く見ないで直ぐに対処された方は早く

なおっています。

 

逆に軽い腰痛だからといって長い間我慢してから

ヘルニアの施術を開始した方は完治するまでに

時間がかかっています。

 

自分の腰痛がヘルニアなのかどうか早く気づけば

怖くありません。初期の状態であれば80%以上なおっている

からです。

 

ですので、いつもと違う腰痛やしびれを伴う腰痛

腰の痛みが何をしても消えない場合は直ぐに

病院へ行ってMRIを撮ってください。

 

レントゲンではヘルニアかどうかは

はっきり分かりませんので不安な方は必ず

MRIを撮ってもらいましょう。

 

MRIを見ればオペすべきかどうかの

ヘルニアのレベルが分かります。

 

もしも先生がMRI画像を見て

 

「オペしかありません」

 

と診断されても、オペをしなくて

なおっている方がいるのも事実です。

 

オペはあくまでも最後の砦であり、個人的な意見として

本当に腰が痛くて全く動けない、一睡も眠れない、

一歩も歩けない場合を除いては、オペは避けて

手技療法でなおすべきだと私は思っています。

 

理由はオペをしても完治する保証はないからです。

 

とは言っても、病院ではヘルニアの根本施術は

オペになると思います。

 

接骨院や整体で根本施術を行っているところは少ない

と思います。その理由は筋肉や骨と違って、椎間板は

外から触れないからです。

 

よって多くの施術院は椎間板に対して直接的ではなく

間接的に施術していることが多いのが現状です。

 

実際にヘルニアの方を施術して感じるのが

なおりやすいヘルニアとなおりにくいヘルニアがあることです。

 

なおりやすいヘルニアであれば病院での牽引でよくなる

と思いますが、なおりにくいヘルニアは高度の技術が必要です。

 

朝直ぐに起きれない、歩くことが困難、足に力が入らないない、

感覚がないなど重症の場合は、たとえ施術技術が高くても

直ぐにはよくならないケースがほとんどでです。

 

よく、ホームページやチラシで

 

「何年も悩んでいたあなたのヘルニアが一回でなおる!」

 

といったよう誇大広告には注意しましょう。