手根管症候群

手関節に中に手根管(しゅこんかん)という

管があります。

 

この手根管のなかを通っているある神経(正中し神経)を

圧迫して発症します。手関節を伸ばした状態で長時間

使用する場合に多発します。

 

また外傷やリュウマチ、妊娠の後期にも発生します。

 

この疾患を発症しやすい職業は調理師、

抱っこしないといけないような子供がいるお母さん

大工、ライター、編み物をする人、パソコンをよくつかう人、

美容師、ミュージシャン、トラック運転手、体操選手です。

症状

  • 手関節の痛み(夜間痛)
  • 親指、人差し指、中指がしびれる
  • 手関節の動きが制限される
  • 手の握りが弱くなる

以下は重症です。

 

・小指と親指をくっつける動きが困難

・親指のねもとの筋肉が萎縮している

・親指と人差し指の発汗減少

・指の色が紫色になっている

 

1度、整形外科で検査を受けることをお勧めいたします。

対処法

手根管症候群の対処法は

アイシング、固定、手首の筋トレです。

 

アイシング方法はビニール袋や氷嚢に氷を入れ、

氷が浸るまで水をいれます。

 

アイスパックやアイスノン、保冷剤は凍傷になる

危険性がありますので絶対に使用しないで下さい。

 

また湿布も効果はありますが、直ぐに痛みを軽減

させるなら氷水の方が効果があると思います。

 

アイシングは最初は冷たくしびれてくるかも

しれませんが、3分我慢して頂ければ慣れてきます。

 

我慢できない方はガーゼの上から当て下さい。

 

感覚が麻痺してきて無痛無感状態になりますが、

氷水であれば問題ありませんのでご安心ください。

 

アイシング時間は10分で炎症がひどいときには、

一日に数回アイシングを行ってください。

 

但し、アイシングの間隔は最低でも2時間は

あけてください。また、お風呂はアイシングする前に

入ってください。

 

固定はテーピングによる固定や専門のサポーターも

あります。筋トレはゴムを使って行います。

 

またビタミンB6(50mg)が効果があると言われています。