脊椎(腰椎)分離症

背骨(脊椎)のある部分が分離したもの脊椎分離症といいます。

10歳以上の男の子に多いです。

 

腰の骨は5つあるのですが5番目の骨によく見られます。

骨が成熟していない成長期において背骨の後部に対する

強い刺激やくり返しストレスが加わった結果、骨の癒合が

成されずに起こるといわれています。

 

分離症は必ずしも背骨の前後の移動(脊椎すべり症)を

伴うとは限りません。

 

また思春期に腰の曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返した結果

(野球、テニス、陸上、体操など)疲労骨折を起こし分離症と

なることもあります。

 

専門的に説明しますと、脊柱を構成している後部構造の

欠損(峡部)により後部構造(棘突起・椎間関節・椎弓の一部)と

椎体を含む前部構造(椎体・椎間板・椎弓根)が分離したものを

脊椎分離症(L5に多い)ろ呼びます。

 

軟骨が間に挟まった状態やその他の軟部組織が

挟まった状態、あるいは離れてしまったまま

何もない常態となることもあります。

症状

  • 長時間、同じ姿勢が辛い
  • 激しい運動は困難
  • せき、くしゃみで激しい痛み
  • 腰が伸ばせない
  • 歩行が困難
  • 1人では起き上がれない
  • 足がシビレる、感覚がない

・腰痛(なんとなく痛く、重だるいような感じ)。

 

・腰を後ろに反らすことで痛みが出る。

 

・腰椎分離症が分離すべり症になると

下半身にしびれが出始めることもあります。

 

・長時間同じ姿勢をとれない。

特徴

13~14歳の成長期の時期によく発症します。

 

特に、男の子に多く見られその中でも、野球や

テニスなど腰をひねる動作をする競技をやっている子や、

陸上競技や体操競技などの腰を後ろに反らす動作が多い

競技をやっている子に多いです。

 

原因

野球やテニスなど腰をひねる動作をする競技を

やっている場合や、陸上競技や体操競技などの腰を

後ろに反らす動作が多い競技をやっていることが

原因になります。

 

また、中学校に入り部活動が急激に厳しくなり

運動量が増えることに身体がついていけない場合も

原因になります。

脊椎分離症で知っておきたいこと

危険性

腰の骨が分離しているので腰部に対する負担が大きいです。

 

骨と骨の間にあるクッション(椎間板)にもストレスが加わり、

背骨が前へ移動(脊椎すべり症)してしまうことがありますので

早期発見、早期治療を心がけて下さい。

対処法

安静と腰部の固定がベストです。

 

運動中に痛みがある人は将来のことを考えて

一時休む勇気も必要です。

 

高齢者は炎症がおさまるまでコルセットの着用を勧めます。

 

日常生活に支障がなく、痛みが軽減してきたら、腹筋の強化や

背骨に付着している深層の筋肉(脊柱起立筋)をバランスボールや

ストレッチポールなどを使用して鍛えます。

来院目安

腰を反らした時、痛い、突っ張る感じがある、

違和感がある場合は治療が必要な時期だと

思って来院して下さい。

腰椎分離症の治療法は?

基本的にはコルセットを腰に巻いて

痛みが引くまで安静にします。

 

その他に腸腰筋のストレッチがあります。

腸腰筋は、足を上にあげるなど股関節を曲げる筋肉ですが

緊張すると腰骨を前に引っ張り、反り腰になります。

 

反り腰が強くなると、腰骨の後ろの部分で骨と骨が

衝突しやすくなるので分離症の原因になります。

 

腸腰筋をストレッチ(動画)することによって反り腰が

改善し分離症の予防になります。