脊柱管狭窄症

腰痛でこんな悩みはありませんか?

  • 歩くと腰が痛い
  • 座ると楽になる
  • 腰が伸ばせない
  • 足に力が入らない
  • 立つと猫背になる

脊柱管(せきちゅうかん)とは何ですか?

背骨に囲まれた管状の空間のことです。

背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。

 

椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が

積み重なってできるのが脊柱管です。

 

脊柱管の中には脊髄神経が通っています。

脊髄神経は硬膜という脳脊髄液が入ったふくろの中で浮かんでいます。

 

頚椎部と胸椎部の神経は脳から続く実質性の脊髄であり、

腰椎部の神経は馬尾(ばび)と呼ぶ繊維性の神経束や血管が

通っています。

 

脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。

神経は脊柱管の中で枝分かれして、体の各部へと伸びていきます。

腰部脊柱管狭窄症は、なぜ起こるのですか?

脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や

靭帯(じんたい)の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出に

よって発症します。

 

脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、

脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に

伴走する血管が圧迫されることで障害されます。

 

症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

脊柱管が狭くなる原因は何ですか?

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もあります。

 

後天性では、変形性脊椎症による椎体の

骨棘(椎体外側にできる骨のとげ)や、

変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、

椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に伴う変化が

加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。

 

老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は

狭くなっていきます。

脊柱管狭窄症になりやすいのはどんな人?

高齢の方に多くみられます。

 

また、重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、

若いときに腰を痛めたことがある人、長時間運転する人などは

加齢により、変形性脊椎症が起こり進行しやすいです。

 

変性すべり症は中年の女性に起こりやすいことがわかっています。

 

上記の人は腰部脊柱管狭窄症になりやすいです。

どんな症状があるのですか?

初期症状は腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感があります。

 

症状が悪化すると、

 

・足にしびれや痛みがある

・普段はなんともないが

・歩き出すと足がしびれて歩けなない

・前かがみで休むとまた歩けるようになる間欠跛行(かんけつはこう)

・痛みやしびれが、太ももからふくらはぎ、足の裏などにあり

両側に出る場合や片側だけに出る

 

などの症状が腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

 

他にも

 

・足先が持ち上がらない

・階段でつまずく

・スリッパが脱げやすいなど

・足に力が入りにくかったりする

 

こともあります。さらに重度になると歩行時に尿意を催すなどの

排尿障害や便秘、会陰部(えいんぶ)に灼熱感(しゃくねつかん)などの

異常が起こってきます。

 

足の症状だけで、腰痛は全くない場合もあります。

間欠跛行(かんけつはこう)とは何ですか?

  • 歩き始めはなんともない
  • しばらくすると足に痛みや痺れがでて歩けない 
  • 前かがみになって休むと楽になる

安静時にはなんともない人が、ある時間歩き続けていると、

足の痛みやしびれ、脱力感が強まって、歩きにくくなったり

歩けなくなります。

 

しかし、ちょっと座ったり、しばらく前かがみになって休むと、

痛みやしびれが軽くなって、また歩けるようになる症状を

間欠跛行(かんけつはこう)と言います。

 

症状が進むと、歩ける距離がだんだん短くなって、立っているだけでも

辛くなることもあります。安静時に足のしびれや脱力感がある人が、

歩くことで、これらの症状が強くなったり、反対の足にも症状がでたりして、

休息で楽になる場合も間欠跛行(かんけつはこう)と言います。

椎間孔狭窄症と脊柱管狭窄症の違いとは

狭窄症には「椎間孔狭窄症」と「脊柱管狭窄症」に

大別できます。

 

上関節突起と下関節突起で形成される椎間孔が狭くなる

“椎間孔狭窄症(IVFS)”は一般的には屈曲(椎間孔が開く)で

痛みが軽減し、伸展(椎間孔が閉じる)で増強します。

 

原因は退行性病変(DJD)、いわゆる老化などによって

椎間孔が狭くなります。

 

退行性病変:

①関節腔の狭窄(例えば椎間板の水分が減って高さが減少)

②骨棘形成

③軟骨下硬化像

 

リハビリとして屈曲体操(ウイリアム体操)がベストです。

とにかく椎間孔が最大に開く方向へストレッチするといいと

思います。

 

臨床的に気をつけなければならないのは60歳から70歳は

椎間板ヘルニア+椎間孔狭窄症、脊柱管狭窄症の

コンビネーションが多いということ。

 

よって、屈曲でも伸展でも痛みが出ることがあります。

 

さて、“脊柱管狭窄症(SCS)”ですが椎間孔狭窄症と同じで、

一般的には屈曲(脊柱管が開く)で痛みが軽減し、

伸展(脊柱管が閉じる)で増強します。

 

原因は

退行性病変(DJD)、いわゆる老化や椎体骨折、

パジェット病、

先天性骨形成異常、

峡部脊椎すべり症

骨棘の形成

 

などによって脊柱管が狭くなり、脊髄神経が圧迫され

神経症状が出ます。

 

頚椎はなぜか日本人に多い後縦靭帯骨化症(OPLL)

よって生じるケースが多いです。この場合はストレッチは

効きませんの注意して下さいね。

 

腰椎は黄色靭帯の肥厚によって脊柱管が狭窄される

ケースが多いです。この場合は屈曲のストレッチ

(ウイリアム体操)によって黄色靭帯が伸びるため、

とっても有効ですが伸展のストレッチは黄色靭帯が

膨らむため行わないで下さいね。

 

整体や接骨院での治療法

脊柱管狭窄症の治療は

 

①腰椎の前弯を減少させる(これがキーです

SOTブロックのカテゴリーⅢで脊柱起立筋緩めます。

ホットパック、干渉波、超音波を併用するとさらに効果が

高いと思います。

 

②仙骨、T-Ljunctionの調整腰椎の前弯を減少させるため

仙骨を屈曲方向(B-P)へ、T-Ljunctionをフラットにするために

下部胸椎・上部腰椎を調整します。

 

③屈曲ストレッチ屈曲・伸展できるベッドがあると便利ですが

なければウイリアム体操(圧迫骨折、骨粗しょう症にも有効)を

行います。

 

仰向きで両膝を抱えてもらい、引き込むのですがキーは

頭方へ引き込むと胸椎が屈曲されてしまうので胸の方向へ

引き込むとそうすると腰椎の屈曲がされると思います。

 

お尻(仙骨)の下にバスタオルをロール状に丸めて敷き予め

屈曲させた状態で行うとグッドです。この時は頭は上げないで

下さいね。

 

④硬膜リリースSOTの理論で後頭骨のとってもソフトな牽引(OCBR)と、

仙骨のとってもソフト牽引によって硬膜の捻れをとり、脳脊髄液の

還流を促します。

 

⑤リハビリ

Ⅰ.大腿四頭筋のストレッチ 

(大腿部の前側のストレッチ)

大腿直筋が下前腸骨棘に付着しているため、

緊張すると骨盤が前傾し、腰椎の前弯が強くなる

 

Ⅱ.梨状筋と臀筋のストレッチ

お尻の筋肉のストレッチ

 

Ⅲ.腸腰筋のストレッチ 

足のつけねの筋肉のストレッチ

(エゴスキューエクササイズ)

 

Ⅳ.ストレッチーポールによるエクササイズ 

背骨の筋肉のトレーニング

(元来のBASIC 7がお勧め)

 

Ⅴ.ウィリアム体操(3セット×10回/日)

膝を抱えて腰を丸める体操

脊柱管狭窄症の危険性と来院目安

脊柱管狭窄症と似ている症状で閉塞性動脈硬化症(AO)

という疾患があります。

 

これは動脈硬化が進むと足の動脈がふさっがたり、

狭くなったりして足がしびれたり、冷えたりします。

 

また歩くとふくらはぎがつったり、痛くなり歩行困難となりますが、

休むとまた歩くことが可能になります。

 

このような症状の方は病院で一度診てもらうことをお勧め致します。

 

来院目安は、腰から足にかけて痛みやシビレがある。

腰を前に曲げると楽になり、、後ろへ反らすと痛い時は、

治療が必要な時期だと思って来院して下さい。

最新情報

春日井市民病院の講堂で市民講座、

整形外科泉田誠先生の「腰部脊柱管狭窄症」に

初めて参加してきました。

 

みなさんもご存じだと思いますがみのもんたさんや

桂歌丸さんが発症・手術した病気です。

 

もう一度説明しますが、脊髄神経が通っている管が狭くなって

足が痛くなって歩けなくなる病気です。

 

特徴的症状は神経性間欠跛行(かんけつはこう)です。

これは歩くと下肢の痛み、しびれなどが出てきて歩けなくなり

休憩すると楽になり、また歩けるようになることです。

 

腰部脊柱管狭窄症の推定患者数は40歳以上の男女では

240万人(3.3%)8、0歳以上では男性9.3%(10人に1人)、

女性16.8%(6人に1人)です。

 

ということは高齢者に多発する病気です。

 

実際は椎間板ヘルニア、分離すべり症、変性すべり症、

骨折などと併発する場合が多いのが現状です。

まとめ

●間欠跛行があり、腰を曲げると改善する時は

腰部脊柱管狭窄症を疑いましょう。

 

●間欠跛行には血管性のものがあり、疑わしいときは

血管外科に受診しましょう。

 

●薬物などの保存的治療が原則で、改善しない時に

主述を考えましょう。

 

●手術は75歳以上でも65~74歳と同等の結果が

得られます。

 

●手術が必要となってから経過が長くなると、

症状が改善しにくくなります。

 

●安静時のしびれは手術しても改善しにくいです。