腰痛

  • どこへ行っても腰痛が治らない
  • 何もしなくても腰が痛い
  • 朝起きると腰がかたまって動きづらい
  • ヘルニアと診断されたことがある
  • 腰の手術をしたことがある

はじめにずーっと腰痛いあなたに質問します。

 

慢性化したひどい腰痛って、一時的ではなく、

根本的に良くならないと思っていませんか?

 

腰痛が解消する、しないかは実はあなたが決めています。

 

「え!」

 

ですよねぇ~、、、、でも、どんなにスゴイ施術をしても、

あなたがまず信じてくれなければ良くなりません。

 

事実、

 

「自分の腰痛は絶対に良くならない」

 

思い込んだ方に何度も施術をしても良く

ならなかったからです。

 

腰痛いあなたは、病院でこんなことを言われた

経験がありませんか?

 

「この腰痛は手術しかありません!」

 

と言われたら、目の前真っ暗でかなり落ち込みますよね。

 

でも、あきらめないでください。ひどい腰痛でも解消する

ケースとしない場合があるからです。

 

解消するかどうかは、検査して原因をみつけなければ

なりません。原因が分かったら、あなたに

 

「何で腰痛がひどくなったのか?」

 

私の施術経験から具体的に説明し納得してもらってから

施術します。そうでないとお互いに不満が募るからです。

 

あなたが知りたいのは、

 

「自分のひどい腰痛が本当に良くなるのかならないか?」

 

なのではないでしょうか?

 

私は医者ではないので、解消するかどうか分からない

場合もあります。その場合は、提携している整形外科で

検査してもらい、原因を探します。

 

ひどい腰痛がずーっと続いているのに本当に

腰だけに原因があるのでしょうか?

 

病院や他院では対処療法の場合が多く、腰に問題がなければ

薬や湿布、筋トレを指導されて終ってしまう場合が多いと

患者さんから聞いています。

 

間違いではないと思います。

腰痛いのですから・・・・これは間違いのない事実です。

 

でも、腰に原因があり、腰を施術しても良くならなかったら

あなたは、それでも腰に問題があると思いますか?

 

私はそうは思いません。人間にはもともと自然治癒力があり

腰に原因があり、腰を施術すれば、自然治癒力も働き少しずづ

緩和するはずです。断言はできませんが私はそう思っています。

 

腰痛の8割は原因が分からないという医学的データが

ありますから、腰だけを検査して判断することは難しいと

思うのです。

 

なので、腰に原因がないと分かっても、そこで終わりではなく

他のことが原因しているかも!?と疑うことが大事なことだと思います。

腰痛の種類とぎっくり腰

体を前に曲げるのと後ろに反らすのではどちらが痛いですか?

体をそらして痛い場合は骨格系の疾患がおおいです。

この場合膝を曲げて腰を丸くした状態で休むのがベストです。

 

まえかがみ(前屈)で痛いのは筋肉系の疾患かヘルニアの

疑いがかんがえられます。どちらも痛い場合は捻挫(ねんざ)

の可能性があります。

 

ぎっくり腰(腰椎捻挫・筋筋膜症)を大きく分けると2つに

分けられます。

 

1つは腰部、もう1つは骨盤部(仙腸関節捻挫)です

 

腰部のぎっくり腰は腰の骨(腰椎)の周辺部に炎症が

起きていて、どの方向に動かしても痛いです。

 

骨盤部の痛みはどちらかのおしりの辺りから放散痛や

にぶい痛みがあり、患部をさわるとぐにゅぐにゅすることもあります。

 

腰部のぎっくり腰との違いは立っているよりも座っている方が

痛いということです。

 

これは骨盤の関節(仙腸関節)が捻挫(ねんざ)起こして

ぐらぐらになってしまい、お尻があたるとさらにその関節が

動いて炎症を起こしてしまうからです。

腰痛はなぜ直ぐに改善しないの?

結論からいうと、人間は二足歩行だからです。

四足動物はほとんど腰痛にはなりません。

 

体を支える柱が2本と4本ではどちらが体を

支えられるか分かりますよね。特に立ったり、

座ったりするときは腰の部分に何百キロという

圧力がかかります。

 

足腰が衰えたり、腹筋が弱かったり、体重が多い人、

骨粗しょう症の方はちょっとバランスを崩すだけで、

危ないと思い自己防衛反応が働きます。

 

バランスをとろうとする時に筋肉が緊張したり、

腰の骨がゆがんだり、神経を圧迫したりして腰痛が

起こります。

 

二足歩行である以上、どうしてもバランスをとることが

難しいため、腰痛になっても直ぐに改善しないのは

そのためです。

今すぐ簡単にできる腰痛セルフチェック

腰痛にもいろんな種類があります。

大きく分けると急性腰痛(ぎっくり腰など急におきた腰痛)

慢性腰痛(ずーっと前から痛い)。

 

ヘルニアでも急に起きれば急性腰痛、

徐々に痛くなってきたら慢性腰痛になります。

セルフチェックは簡単です。

まず立った状態で膝を伸ばしたまま、体を前に

倒してみましょう。

 

そして腰の骨の上やお尻の割れ目、尾てい骨に

痛みがあればヘルニアの初期症状の疑いがあります。

 

背骨の両サイドが痛い、張る感じある場合は筋肉系の

問題が考えられます。この場合は痛みがひどい場合は

安静とアイシンぐ、痛みが軽度の時はストレッチで緩和

すると思います。

今度は体を後ろに反らしてみてください。

この時に腰の骨の上が痛い場合は、腰骨が曲がって

ゆがんでいる可能性があります。(椎間関節症)

(立ち仕事の方に多く、立っていても腰が反っています)

 

腰に電気が走るような痛みや鈍痛、腰だけでなくお尻や

足まで痛みやしびれがある場合、若い人だと、

腰椎分離すべり症の疑いが考えられます。

(腰の骨が2つに離れたり、前後に移動する腰痛。体操選手、

野球選手、サッカー選手、バレー選手に多いです)

 

高齢者は脊柱管狭窄症の疑いがあります。

(脊髄を包んでいる脊柱管という管が、骨や軟骨、靭帯などに

よって圧迫される腰痛)

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は、歩いていると腰に痛みが出て、

歩行が辛くなります。座ると楽になり、また歩くことができるようになります。

(間欠性跛行)

 

腰を前に倒しても痛い、後ろに倒しても痛い場合は、いろんな腰痛の

原因が考えられ、もしかしたら重症の恐れがあるので直ぐに病院で

見てもらったほうがいいです。

4つの動作で分かる腰痛の種類

腰を前や後ろに倒すと痛い

腰を前に曲げて痛みが出る場合の腰痛の種類は

腰椎捻挫(筋筋膜症)、仙腸関節捻挫、椎間板ヘルニアが

あげられます。

 

腰椎捻挫は分かりやすくと説明すると腰の筋肉の捻挫です。

腰の骨の両サイドには脊柱起立筋という筋肉があります。

骨盤から始まって首までつながっていて、腰や背中をささえる

重要な筋肉です。この筋肉の中の多裂筋が何らかの原因によって

切れてしまい腰の広いエリアに鋭痛が出ます。

前屈をするとこの筋肉が緊張してしまい痛みが増加します。

 

仙腸関節捻挫は、骨盤の関節(仙腸関節)の捻挫です。

何らかの原因によって仙腸関節の可動域が正常範囲を超えて

グラグラに緩んでしまう疾患です。痛みの場所は腰よりも下で、お尻の

上あたりです。前屈をすると仙腸関節がさらに緩み痛みが増加します。

 

ひどい仙腸関節捻挫や腰椎捻挫はせきやくしゃみでも

痛みが増加します。

 

危険な腰痛の一つである椎間板ヘルニアは

骨と骨の間にある軟骨、椎間板が背中側に

飛び出し神経にさわる疾患です。椎間板の動きは

腰を後ろへ反らすと前に移動し、前に腰を倒すと後ろに

移動します。そのため前屈をすると椎間板が後方へ移動し

神経に触り痛みが増加します。例外として5番目の椎間板

ヘルニアは後ろに倒しても痛いです。

腰を後ろに倒すと痛い(後屈)

腰を後ろに倒して反らすと痛みが出る腰痛の種類は

腰椎捻挫(筋筋膜症)、仙腸関節捻挫、脊柱管狭窄症、

椎間関節症、脊椎すべり症、椎間孔狭窄症があげられます。

 

腰椎捻挫や仙腸関節捻挫は動かなければ

痛みが出ないですが、前屈でも後屈でも動くと

痛みが増加するのが特徴です。

 

危険な腰痛の1つである脊柱管狭窄症は高齢者に

多くみられる疾患です。脊柱管という管のなかに

脊髄神経が通っています。何らかの原因で脊柱管が

狭くなると神経を圧迫して痛みが出ます。

脊柱管は腰を前に倒すと広がり後ろへ倒すと

広がります。そのため腰を反らすと痛みが増加します。

 

椎間関節症は慢性的腰痛で多くみられる疾患です。

反り腰の姿勢の方に多いのですが、腰の骨と骨が

ぶつかって痛みが出ます。

前屈をすると骨と骨の間隔が広がり痛みが軽減しますが

腰を後ろへ倒すと逆に骨と骨の間隔が狭くなり

骨と骨が衝突して痛みが増加します。

 

危険な腰痛の一つである脊椎すべり症は若人や

高齢者(変性すべり症)に多くみられ、骨が正常範囲を

超えて前に移動してしまう疾患です。

腰を前に曲げると骨が後ろへ移動するため痛みが軽減し

腰を後ろに倒すと前に移動するため痛みが増加します。

 

椎間孔狭窄症は上の骨と下の骨で形成される

穴があるのですが、これを椎間孔といいます。

この椎間孔から出ている神経を何らかの原因で

圧迫して痛みが出る疾患です。

椎間孔は前に倒すと広がるため痛みが軽減し

後ろへ倒すと狭くなるため神経を圧迫し痛みが

増加します。

腰を横に倒すと痛い

腰椎捻挫、仙腸関節捻挫はどの方向でも痛みが

増加すると書きましたが、痛みの場所は違いますので

注意して下さい。腰が痛いのが腰椎捻挫、お尻の上が

痛いのが仙腸関節捻挫です。

 

椎間関節症や椎間孔狭窄症は

痛みがある側、例えば右側が痛いと左に倒すと

骨の間隔や椎間孔が広がり痛みが軽減します。

逆に右に倒すと骨の間隔や椎間孔が狭くなり

痛みが増加します。

 

椎間板ヘルには飛び出した椎間板の状態によって

痛みが増加することもあります。

腰を回すと痛い

腰椎捻挫、仙腸関節捻挫はどの方向でも痛みが出るので

腰を左右に回しても痛みが出ます。最初は広範囲に出るので

腰椎捻挫なのか仙腸関節捻挫か分からないことが多いです。

時間が経つと痛む場所が明確になってきます。

 

増加すると書きましたが、痛みの場所は違いますので

注意して下さい。腰が痛いのが腰椎捻挫、お尻の上が

痛いのが仙腸関節捻挫です。

 

椎間関節症や椎間孔狭窄症は骨の間隔や椎間孔が

狭くなるときに痛みが出ます。痛みが出る側に

回すと痛みが増加します。逆に回すと痛みが軽減します。

腰が痛い場合、どうやって病院を探せばいいの?

歩行が困難のような腰痛になったらきっと病院を

探して行くと思います。今はネット環境が整っているので

病院を調べやすいと思います。

 

ただ、情報だけを鵜呑みにすると痛い目にあいます。

 

選ぶ基準としては実績、プロフィールも大切ですが、

他者評価、例えば患者さんの声・動画、口コミ、同業者からの

推薦などを参考にして総合的に判断してもらうのがいいかと

思います。

 

なぜなら、ホームページなどは自作自演ができるので

いいことしか書いていないケースが多いからです。

 

間違いがないのは、自分と同じような腰痛で悩んでいる、

困っている方が良くなった病院を紹介してもらうのが一番

早いと思います。

腰痛のツボは本当にきくの?

これはよく、患者さんから質問されるのですが、

結論からいうと個人差があると思います。

 

人間の身体はみな同じではないので、ツボがきくか

どうかは正直試してみないと分かりません。

 

もし、ツボがすべての腰痛の方にきくとすれば、

病院や接骨院、鍼灸院、整体、マッサージなどは

いらないですよね。

 

これは相性の問題だと思います。お風呂に入って

改善する人もいれば、湿布や薬で緩和するする人、

ストレッチや筋トレで解消する人など、いろいろ試してみて、

腰痛い人がツボで一番改善したならツボがきくと思います。

腰痛になったら湿布と薬どっちがいいの?

これも、患者さんからよく質問されますが、

結論から言うとどちらでもいいと思います。

 

答えになっていませんが、使い方が大事だと思います。

たとえば、動けないくらいひどい腰痛になってしまい、

とりあえず痛みをとりたい方は速効性の高い鎮痛薬が

いいかと思います

(病院であればブッロク注射)。

 

今ではドラッグストアで痛みを抑えるロキソニンが入った薬や

湿布が買えるので、一時的に痛みを消すのであれば薬は

いいかと思います。

 

湿布に関していえば温湿布と冷湿布があるので使い方を

間違えなければ大丈夫です。

 

痛みがあるときは炎症(体の中で火事が起きている状態)が

起きているので冷湿布がいいと思います。この時に温湿布を

使ってしまいますと、火に油を注ぐことになりますので、悪化する

場合が多いです。

 

またお風呂に入るのも同じように温めることになるので危険です。

痛くないけど、こっている、はっている場合は血流が悪い可能性が

あるので温湿布やお風呂で体を温めていいと思います。

 

ただ、温湿布はトウガラシの成分が入っていることがあるので、

皮膚の弱い方は貼るカイロをオススメします。

 

もし、冷やしていいのか、温めていいのか分からない場合は

冷やして下さい。もし間違った使い方をしても冷やした場合は

悪化しませんので。

腰痛再発予防の筋トレを教えてほしいのだけど?

一般的には筋トレは痛みが消えてからおこなうほうが

ベストだと思います。

 

もし、筋トレを行いたい方は、自己流ではなく、リハビリ専門の

先生やのトレーナーの方に直接教えてもらってから行ったほうが、

危険が少なく再発しにくい筋トレを教えてもらえると思います。

 

日本人は痛いと体を動かせば良くなるという固定観念があります。

でも、体を動かすということは、腰に負担がかかる動作がある場合に

再発するリスクが高くなります。

 

なので、痛みが消えるまでは安静が一番です。

痛みが消えてからは、いきなり筋トレを行わずに、まず体を温めて

から軽めの筋トレから始めたほうがいいでしょう。

 

筋肉がつくのは時間がかかりますので、一日に筋トレをたくさん

行うよりも、体にあまり負担のかからない筋トレを短時間で毎日

行ったほうが無理なく筋肉をつけることができると思います。

 

私が腰痛再発予防の筋トレとしてススメているのは腹筋です。

なぜなら、腹筋は天然のコルセットの役割をするからです。

 

ただ、腹筋のやり方を間違えると悪化するケースがあるので

気をつけて下さい。

 

やり方は、仰向きで膝と股関節を90度に曲げて

(足が疲れる人は足の下に椅子を置いたり、足の裏を壁につけて行ってください)

頭を両手で支えておへそを見るように頭を起こして下さい。

この時に、肩甲骨が少し床から浮くまで起こしてもらえればOKです。

詳しくは動画をご覧ください。

腰痛対策

ギックリ腰や痛みがひどくて動けない場合は安静が一番です。

安静とは一番楽な姿勢で休むことです。たいていの場合、

これで痛みが徐々にひいていきますが、仕事などでどうしても

体を動かさなければならない人は症状が悪化する可能性があります。

 

骨格系以外の疾患であれば、基本的には患部を氷水で2時間

おきに10分間冷やします。絶対にアイスパック等は使用しては

いけません。凍傷の恐れがあります。

重症腰痛の目安

  • せき、くしゃみで激しい痛み
  • 腰が伸ばせない
  • 歩行が困難
  • 1人では起き上がれない
  • 足がシビレる、感覚がない

腰痛の来院目安は、朝起きた時、突っ張る感じがある、

立ったり座ったりするとき違和感がある、せき、くしゃみをして

痛みのある時は、治療が必要な時期だと思って来院して下さい。

 

腰痛予防失敗例・成功例

立位

失敗例 長時間、腰を反ったまま立ちつづける。

成功例 疲れたら腰掛ける。無理をしない。

 

座位:

失敗例 長時間、腰を丸めたまま座りつづける。

成功例 腰の後ろに枕や座布団をかましてクッションにする。

 

歩き方:

失敗例 姿勢を良くしようと意識しすぎて緊張したまま歩く。

成功例 意識しないで全身の力を抜いて軽快に歩く。

ぎっくり腰対策

安静が一番です。その次に患部にアイシングです。

アイシング方法はビニール袋や氷嚢に氷を入れ、

氷が浸るまで水をいれます。アイスパックやアイスノン、

保冷剤は凍傷になる危険性がありますので絶対に

使用しないで下さい。

 

また湿布も効果はありますが、直ぐに痛みを軽減させる

なら氷水の方が効果があると思います。

 

アイシングは最初は冷たくしびれてくるかもしれませんが、

3分我慢して頂ければ慣れてきます。

 

我慢できない方はガーゼの上から当て下さい。

感覚が麻痺してきて無痛無感状態になりますが、

氷水であれば問題ありませんのでご安心ください。

 

アイシング時間は10分で炎症がひどいときには、一日に

数回アイシングを行ってください。但し、アイシングの間隔は

最低でも2時間はあけてください。

 

また、お風呂はアイシングする前に入ってください

ぎっくり腰の症状

  • せき、くしゃみで激しい痛み
  • 腰が伸ばせない
  • 歩行が困難
  • 腰部のぎっくり腰は全体的な痛み
  • 骨盤部のぎっくり腰は局所的な痛み

ぎっくり腰の危険性として、しりもちをついた時など、直接、腰や

お尻を強く打った場合は骨折する場合があります。

 

特に高齢者の方に多いです。

 

安静とアイシングで普通は徐々に痛みが軽減するのですが、

軽減しない場合は整形外科で検査を受けることをお勧め

いたします。

 

骨盤部のぎっくり腰は外っておくと骨盤の関節が緩んでしまい

再発する可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

特に生理前や出産後はすでに骨盤が緩んでいますので

骨盤ベルトなどして固定すると安心です。

 

ぎっくり腰の来院目安

朝起きた時、突っ張る感じがある、立ったり座ったりするとき

違和感がある、せき、くしゃみをして痛みのある時は、治療が

必要な時期だと思って来院して下さい。

病院や接骨院でのヘルニア治療

腰のヘルニアは骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が

後ろ(背中側)に飛び出し、神経に触って腰からお尻、足に

かけて鈍痛や放散痛、しびれがでる疾患です。

 

分かりやすく説明するとサンドウィッチをイメージして

下さい。サンドウィッチを両手で持ってパンをギュッと押さえて

食べようとしたとき中に挟まっているチーズやハムが

外へ出てきた経験はありませんか?

 

これが椎間板ヘルニアの容態なのですが

骨にあたる部分がパンであり、椎間板である軟骨が

ハムやチーズです。

 

この出てきたハムやチーズを切るのが手術であり

押し込んで戻すのが手技療法です。

 

飛び出した椎間板の大きさによって治療法が変わってきます。

今回は病院での手術と接骨院の手技療法について解説してきます。

切開手術(Love法:ラブ法)

ラブ法は昔から行われている手術です。全身麻酔で行われます。

メスで腰を5センチ前後、縦に切開して飛び出した椎間板を切除します。

術後は数週間の入院とリハビリが必要です。最近はマイクロラブ法

(Micro Love法)法といって手術跡を小さくするために、

神経を傷つけないないために顕微鏡を使って行われるように

なってきました。

身体に負担がかかりますし、術後は身体を固定され動けません。そのうえ数週間の入院も必要です。

 

●メリット

・保険が効く

・確実に飛び出した椎間板を確実に除去できる

・効果が高い

・顕微鏡を使えればり直視下よりも効果が高い(MLD法)

・内視鏡を使って手術ができる(MED法)

 

●デメリット

・手術時間が他の手術比べて長い

・全身麻酔のため体に負担がかかる

・ラブ法の場合、傷跡が大きい

・3週間程度の入院しなければならない

・再発しないためにリハビリが必要

内視鏡を使った手術(PED法)

内視鏡を使ったヘルニアの手術であるPED法は

2003年に出沢明先生によって初めて日本に導入されました。

 

ヘルニアの手術では画期的だと思います。今後、

この手術が主流になることは間違いないでしょう。

なぜなら、体に対する負担が少なく、手術時間も短い。入院する必要もなく

傷跡が小さい。保険も効くので経済的負担も少ない。

 

 

●メリット

・一日で手術は終わるので入院する必要がない

・内視鏡で手術するので傷跡が少ない

・局所麻酔なので身体への負担が少ない

・再発率が少ない

 

●デメリット

・高度な技術が必要なためPED手術ができる先生が少ない

・PED手術が受けられる施設が少ない

・ヘルニアの状態によってはできないこともある

レーザー手術

レーザー手術は他の手術と違って飛び出した椎間板を切り取るのではなく

椎間板の真ん中にレーザーを当ててドーナッツのように穴を開けます。

 

その穴を埋めるために椎間板が入り込み、飛び出した椎間板が

引っ込むという手術です。

 

この手術は切開手術や内視鏡手術と違って、直接見て行うのではなく

レントゲンで間接的に見ながらレーザーを当てるので、成功するか

しないかは先生の技量に関係してきます。

 

●メリット

・手術は一日で終わる

・入院しなくてもよい

・ヘルニアの初期の段階では効果が高い

・体への負担が少ない

・直ぐに症状が軽減する

 

●デメリット

・100%治る保証はない

・保険が効かないため費用が高額(自費治療)

・ヘルニアの中期・後期は初期に比べ効果が下がる

・一回の手術では治らない場合はもう一回受けなければならない

・再発する可能性がある

接骨院・整体での治療

接骨院では腰椎椎間板ヘルニアの治療は、まずヘルニア専用の

ベッドが最低必要です。このベッドがなければヘルニアを根本的に

治すことは難しいです。

 

ヘルニア専用のベッドは上半身と下半身のパーツに別れていて

下半身のパーツが床に向かって下がり、元に戻ります。

 

病院でのリハビリは牽引が一般的で上下に腰を伸ばすのですが、

ヘルニア専用ベッドは仰向きで寝て、ベッドの下半身のパーツが

動くことによって腰が伸びるだけでなく、反らすこともできるのが

特徴です。

 

ヘルニア専用のベッドがあるからといって、直ぐに治せるわけでは

ありません。高度な技術を要するので、専用ベッドで治療ができるまでには

長時間の訓練が必要です。また、重症レベルの場合は他の技術も必要に

なってきます。

 

●メリット

・手術をしなくてもよい

・仕事を休まず働きながら治療を受けられる

・一次的ではなく、根本的に治すことができる

・施術はバキバキしないから痛みがない

・自宅でできる効果的なストレッチを教えてくれる

 

●デメリット

・高度な技術がいるため、根本的に治す接骨院が少ない

・ヘルニア専用のベッドがないと治療できない

・1回の治療だけでは治らない

・ヘルニアは法律上、接骨院では健康保険が効かない

・治療が終わっても、直ぐには効果を感じられないこともある

ヘルニアのタイプ

膨留型

ヘルニアのなかで最も多いタイプです。整形外科などの病院では

 

「(椎間板)ヘルニアの初期症状ですね」

 

「(椎間板)ヘルニアになりかけていますね」

 

「椎間板症ですね」

 

と先生から言われます。

 

椎間板は周りを取り巻く繊維輪と中にある髄核で

形成されています。饅頭で例えると外側の皮が

繊維輪であんこが髄核です。

 

膨留は、この髄核がMRI写真で見ると3~5mm突出した状態です。

腰が局所的に痛く、放散痛もあり、しびれはお尻に

でます。太ももから足にかけては、まだしびれが

出ていないのが特徴です。

 

また、せきやくしゃみで腰に痛みが出ます。

まとめ

ギックリ腰など急に腰痛になって

動けなくなって歩行困難になったり

慢性腰痛でどこへ行っても治らず

ずーっと悩んでいると

 

「本当に自分の腰痛は治るかなぁ~」

 

って不安になると思いますが

その要因の一つとして

腰痛の種類が分からない

からだと思います。

 

腰痛の種類が何のか分かれば、

どのように対処したらいいのか

どのように予防したいいのか

明確になるので安心です。