ぎっくり腰だと思ったらヘルニアでした。早く行って良かったです。

1か月位前にぎっくり腰を患い、

勤務先の近くにある接骨院や

鍼治療をしました。

 

酷い痛みは無くなったのですが、

それでも痛みは消えない状況が続き、

原因が分らず坐骨神経も併発する様に

なったしまいました。

 

今迄の何度かぎっくり腰を経験しましたが、

今回は何か違うと感じ、コツコツに直行!

先生に診てもらった結果、ヘルニアになる

寸前と分かりました。

 

腰痛となれば、何かと電気を流すだけではなく、

その原因で行う施術で早々に楽になりました。

 

また、再発防止による自宅で出来る簡単な

ストレッチなども親切に教えて頂き、

今では毎日の日課になっております。

■先生からのメッセージ

急性腰痛である“ぎっくり腰”は、実はいろんな種類があり
原因によって施術方法が変わってきます。

病院や接骨院、鍼灸院では、痛い場所しか施術しない

対処療法が多いのですが、直ぐに処置をしても良くならない

場合は神経の問題を疑います。

 

筋肉の捻挫や骨盤や背骨のゆがみが原因でぎっくり腰が

起きたならば、接骨院や鍼灸院での施術で良くなることが多いです。

 

ですが、坐骨神経痛など神経の圧迫による腰痛は

電気やマッサージだけでは一次的に良くなっても、

根本的には良くならないことが経験上多いです。

 

●●さんのぎっくり腰は腰痛だけでなく、お尻から足に

かけて痛みがあり、朝起きるのが困難な状態でしたので

神経症状の疑いがあると感じました。

 

検査した結果、軽度のヘルニアの可能性がありましたので

ヘルニアの施術をさせて頂きました。

 

症状がまだ、ひどくなっていなかったので●●さんの

場合は数回の施術で良くなったのだと思います。

 

ぎっくり腰は我慢しても直ぐに痛みが引かない場合は

慢性化して悪化することもあるので、いつもと違う痛みを

感じたら直ぐに来て頂いたら、直ぐに良くなりますので

自分の身体を過信しないでお電話下さいね。

 

ストレッチは続けて行えば再発しにくくなりますので

習慣化するまで頑張って行ってください。