膝のお皿を打撲してから痛みが引かない有痛性分裂膝蓋骨とは、どんな病気?

  • 膝の上外側が痛い
  • 外傷(打撲など)をしてから痛みが治らなくなった
  • 体が硬い

有痛性分裂膝蓋骨とは?

先天的や後天的に膝蓋骨が

分裂し、歩行や運動に支障をきたすもの。

 

分裂膝蓋骨でも痛みがないものもあるので

痛みがあるものだけが臨床的に問題になります。

有痛性分裂膝蓋骨の原因は?

先天的な分裂膝蓋骨の原因は

分かっていません。

 

後天的なものは、膝蓋骨の形成の過程が

原因になっていると言われています。

 

膝蓋骨の骨形成の過程は、上外側の部分が

一番最後に出来上がるので、上外側部は構造上

一番脆い部位になっています。

 

そして、その部分は大腿四頭筋の外側広筋の

引っ張られる影響を受けやすいので骨形成が

阻害され、分裂した状態で骨形成が終わってしまいます。

 

この状態で痛みがなければ大丈夫ですが、

先天的なものも後天的なものも、外傷(打撲など)を

契機に痛みが出るようになってしまいます。

 

その他に、運動のやりすぎや足の使い過ぎによる

オーバーユースを原因とするものや、

体(特に大腿四頭筋(太ももの筋肉))

の柔軟性不足なども原因として挙げられます。

有痛性分裂膝蓋骨の症状は?

膝蓋骨の上外側部の痛み、運動時痛などが

挙げられます。

 

運動時痛とは、運動をした時に、膝蓋骨に

痛みが出る状態のことです。

 

膝蓋骨上外側部を上図のイラストに

示します。

有痛性分裂膝蓋骨の対処法は?

対処法としては、体の柔軟性を得ること。

つまりストレッチをすることです。

 

上記でも述べたように、大腿四頭筋の柔軟性がないと、

膝蓋骨が大腿四頭筋に引っ張られてしまい、

痛みが出てしまいます。

 

なので、大腿四頭筋のストレッチを紹介します。

まずは、サランラップの芯のような、円柱状のものを

準備してください。

 

その棒を、太ももに痛みのない範囲で押し付けて

太ももの上を転がすようにしてください。

 

ストレッチと言うよりもマッサージに近い感覚で

大腿四頭筋をほぐしてください。

 

そして大腿四頭筋の他にもう一つ、ストレッチを

した方がいい筋肉があります。

 

それは中殿筋です。

 

中殿筋とは、お尻についている筋肉で、

中殿筋が緊張していると、骨盤が引っ張られて

せっかく緩んだ大腿四頭筋も引っ張られて

意味がなくなってしまいます。

 

中殿筋のストレッチは言葉では説明しずらいので、

下図を参考にして行ってください。

 

この姿勢をとってときに下図の赤い丸の部分が

伸びている感じがあればOKです。

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

膝蓋骨分離症について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、膝蓋骨分離症で

悩んでいる方のお役に少しでも立てるように、できるだけ

分かりやすい記事を書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

症状について詳しくはこちら

膝蓋骨分離症