腕の外側が痛い「テニス肘」が全然、治らない3つの理由

テニス肘で悩んでいる方の共通点

  • バックハンドで打つ時に肘の外側が痛い
  • テニス、バドミントン、ゴルフをするときに痛みが出る
  • 重たいものを持っているときに腕や肘が痛い
  • ぞうきんをしぼる動作で腕や肘に痛みが出る
  • 肘を完全に伸ばすと痛い

テニスのバックハンドの時によく肘の外側に痛みが出るので

テニス肘と言われていますがテニス以外のスポーツでも

痛みが出ます。

 

例えばバドミントン、卓球です。ゴルフや野球でテニス肘に

なる人もいますが珍しいです。なぜなら、テニスやバドミントン

のようにバックハンドで打つ動作がないからです。

意外かもしれませんが剣道でもなります。

 

テニス肘になりやすい動作は3つあります。

 

1つは肘を伸ばした状態をキープしながら

手首を直ぐに返さないでバックハンドで打つ。

 

2つめは竹刀、バット、クラブなど、物を

ギュッと強く握ることを何度も行う。

 

3つめは重たいものを片手で持っているときです。

 

テニス肘はスポーツ以外でも起きることがあります。

 

例えば重たいフライパンや中華鍋を持って料理をするとき、

重たいごみ袋を片手で持って、ゴミ置き場まで運ぶとき。

 

他にも掃除で雑巾絞りを何度もするときや、鉛筆や

ボールペンで長時間、強く字を書くときです。

 

ネットでテニス肘を調べると、スマホ、パソコン、マウスを

長時間使うとなりやすいと書かれていますが、どちらかと

いうと指や手首の腱鞘炎になりやすです。

 

テニス肘になる特徴の1つとして、前腕の力を入れ続ける

ことがあるのですが、スマホ、パソコン、マウスは腕の力よりは

指の力を使うのでテニス肘にはなりにくいです。

テニス肘ってどんな症状

テニス肘の症状は、手をギュッと握ったとき、手首を動かしたとき、

肘を伸ばしたときなどに前腕や肘にズキッと一瞬、痛みが走ります。

 

腕に力が入り続けると、筋肉の緊張が続き炎症を起こし

前腕の外側に痛みが出ます。また、前腕の筋肉は肘の

外側にくっついてるので、その付近にも痛みが出ます。

 

広範囲に痛みが出るよりは、ピンポイントで痛みが

でて、安静時など腕に力が入っていない時は、痛みが

出ないのが特徴です。

 

また、指の曲げ伸ばし、手首を上下に動かす、手首を

左右に回す、肘の曲げ伸ばしで痛みが出たり、消えたり

します。

 

症状が軽い時は痛みが出ても直ぐに消えますが

重くなってくると痛みが強くなり、なかなか消えま

せん。

 

慢性化してくると、少し腕に力を入れただけで

痛みが走り気になるようになります。また、腕を

かばって肩に力が入るようになり、肩の上部や

外側に違和感が出て、痛みに変わってきます。

 

腕や肘の痛みは続くことはないですが、肩が

痛くなった場合は安静時でも鈍痛が出ることが

あり、痛みが眠れない、目が覚めることがあります。

テニス肘かどうかが分かるテスト

Thomsen(トムゼン)テスト

痛みがある側の肘を真っ直ぐに伸ばして、手はグーにする。

その状態で手の甲が上にくるように手首を曲げる。

それに対してパートナーが手を持って手首を下げる。

そてに対して手首が下がらないように、力を入れて

抵抗する。この時に腕の外側に痛みがあればテニス肘。

Chairテスト

肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらい

腕の外側に痛みが出たらテニス肘。

中指伸展テスト

痛い側の肘を真っ直ぐに伸ばし、指も伸ばす。

パートナーは中指を下に押す。上から押さえるのに

抵抗して、中指が下がらないように力を入れたときに

腕の外側に痛みが出ればテニス肘。

テニス肘が全然治らない理由①「治ったと思い込む」

これが一番よくあるケースですが、痛みが少し引いた

だけで良くなったと思い込み、いつものように何度も腕に

力を入れて動いてしまうことです。

 

テニス肘は手や腕、肘を使わなけば直ぐに痛みが

引いてきますが、完全に良くならないと、また、直ぐに

痛みが出てきます。

 

そこを理解していない人は、何度もテニス肘になって

慢性化してしまい、治りにくくなってしまいます。

 

足首の捻挫は関節をギブスやテーピングでしっかり

固定すれば炎症が早くおさまり、早く良くなっていきます。

 

ですが、腕は関節ではないので、圧迫することはできても

固定することができません。なので生活している以上、腕を全く

使わないことはあり得ないので治りにくいのもあります。

 

では、肘の関節を固定すればいいのでは?と思う人も

いるかと思います。間違いではないと思います。ただ、

腕の筋肉を使わないためには肘だけでなく、手首や

指の関節も固定しないといけません。

 

テニス肘を固定して治す場合には指先から肘まで

ギブスを巻く必要があります。こうなると手が全く

使えなくなるので、生活や仕事に支障をきたします。

 

そのため、テニス肘で腕を完全に固定して治す

人は少ないです。

テニス肘が全然治らない理由①「セルフケアを続けていない」

テニス肘になると、最初は痛みをとるために、湿布などで

冷やしたり、サポーターをつけて腕を圧迫したり、テーピングを

貼って固定することが多いです。

 

直ぐに対処すれば、直ぐに痛みが消えますが、炎症が

一時的におさまっているだけで完全にはよくなっては

いません。

 

ここで、セルフケアをやめてしまう人が多いため、

腕を使うと直ぐにテニス肘が再発してしまいます。

 

再発防止のセルフケアでお勧めなのは、アイシング、

テーピング、ストレッチ、サポーター、テニスエルボーバンド

です。

 

テニスなどのスポーツや、よく腕を使うときは、

テーピングやテニスエルボーバンドで腕の筋肉を

固定して、働かないようにします。

 

使い終わった後は炎症をおさえるためにアイシング、

筋肉の緊張を和らげるためにストレッチを行います。

 

普段の生活や仕事ではサポーターをして、腕を

圧迫します。

 

上記のセルフケアを続けることによって、肘や腕への

負担を最小限におさえて、炎症が起きにくくなります。

 

セルフケアで痛みが消えたとしても、継続しなければ

テニス肘が根本的によくなることは少ないです。

 

痛みを完全にとるためにセルフケアをし続けることは

最低限やるべきことで、大事なのは痛みが消えてから

2週間から1ヶ月はセルフケアをやめないことです。

 

もしも、セルフケアを続けても痛みがきえない場合は

専門の病院でみてもらうことをおすすめします。

テニス肘が全然治らない理由③「病院に通院していない」

テニス肘は我慢できないほどの痛みではないことが

多いので、放置している人もいます。

 

腕を使わなければ自然治癒力で良くなっていくことも

ありますが、寝ていない限り腕を動かしているので

テニス肘はどうしても治りにくいです。

 

痛みが気になりだすと、ようやくセルフケアを始めますが

慢性化してしまうと直ぐにはよくなりません。

 

根気よく、セルフケアを続けても痛みが全然消えない

場合は直ぐに、テニス肘を多くみている病院で見て

もらうことをお勧めします。

 

個人病院では先生の専門分野があるので、ネットで

どの疾患に強いのか調べておいたほうがいいです。

 

そこで、テニス肘の方が実際に来院して、よくなった

方が多くいれば間違いないです。テニス肘の人が

周囲にいて病院でよくなったならば、聞いていくことが

いいでしょう。

 

病院だからといって、一回でよくなることはまれです。

必ず先生の指示に従って、痛みが完全に消えて

日常生活が支障をきたさなくなるまで通院することが

大切です。

まとめ

テニス肘が全然治らない3つの理由として

 

・治ったと思い込んでいる

・セルフケアをしていない

・病院に通院していない

 

をお伝えしました。

 

テニス肘は治りにくいといわれていますが、

しっかり対処すれば必ずよくなります。

 

根本的に良くなるかどうかの分かれ目は

テニス肘をなおすために、やるべきことを

根気よくやり続けるかです。

 

これが一番、大変だと思います。なぜなら直ぐに

結果がでないからです。痛みをとることは

簡単ですが、この状態を維持することは

非常に難しいです。

 

テニス肘の痛みが続くと、肩などの他の部位にも

影響を及ぼします。また、精神的にもダメージを受け

苦痛を感じ続けることになります。

 

我慢できる痛みだからといって、無理をしたり、

放置したりしないで、できるだけ早く対処することが

テニス肘を根本的に治す一番の近道です。

 

慢性化してしまっても、あきらめないでセルフケアを

続け、良くならない人は専門の病院に通い続けることが

大切です。

 

私もテニス肘で長期間、痛みと闘ってきましたが

セルフケアと病院に通い続けて、大好きなバドミントンが

再びできるまで回復しました。

 

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

テニス肘について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

 

私の資格や施術経験をもとに、テニス肘で悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ分かりやすい記事を

書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました