腱鞘炎

腱鞘炎(けんしょうえん)の鞘は“さや”とよびます。

日本刀で例えると刀のぶぶんが腱で鞘(さや)の

部分が鞘(しょう)となります。

 

この腱と腱鞘に問題があると腱鞘炎になります。

 

前述したように腱鞘は日本刀の構造と似ています。

例えば刀がさびついてしまったらどうなりますか?

 

刀が鞘(さや)からスムーズに出し入れできなく

なりますよね。

 

また鞘(さや)の形が変わってしまったら、

刀が抜けない、もしくはおさめることができなく

なりますよね。

 

これが腱鞘炎の状態です。

 

老化によって腱の弾力性が低下したり、使いすぎに

よって腱が肥厚してしまったり、腱鞘が変形して

まったことによって、腱と腱鞘の間で摩擦がおきて

炎症が発生します。

症状

  • 関節を動かすと痛い
  • 灼熱感がある
  • 力が入らない
  • 患部が重い
  • だるい
  • 関節が動かし辛い
  • かゆい
  • 動かし始めは痛いけど、動かし続けると痛みが分からなくなる

以下は重症です。

 

・コップが持てない

・ボタンがとめれない

・お箸が持てない

 

1度、整形外科で検査を受けることを

お勧めいたします。

対処法

腱鞘炎の対処法としては安静が一番です。

安静にできない場合はアイシングを行います。

 

患部を氷水が入ったビニール袋、もしくは氷嚢で

10分間冷やします。最初の3分間は冷たくて

痛いかもしれませんが、3分経つと慣れてきます

ので安心して下さい。

 

我慢できない場合はガーゼの上から当ててもらうと

良いかと思います。

 

アイスノンやアイスパックは凍傷になる危険があります

ので絶対に使用しないで下さい。

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

腱鞘炎について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに,腱鞘炎で悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ分かりやすい記事を

書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。