突き指

指が伸びた状態でボールが当たったり、

手をついたときに指に力が加わって、靭帯などを

損傷を総称して突き指といいます。

 

バレーボール、バスケットボール、ドッジボール、

ハンドボール、野球など球技スポーツ時によく

見られます。

 

薬指や中指が損傷することが多いです。

症状

  • はれ
  • 圧痛
  • 指の曲げ伸ばしがスムーズにできない

内出血・指の曲げ伸ばしが不可

な場合は重症の可能性があります。

 

損傷部位によっては靭帯の完全断裂や

剥離骨折があります。特に親指と小指の

突き指は注意が必要です。

対処法

突き指の対処法はアイシングと固定が一番です。

 

アイシング方法はビニール袋や氷嚢に氷を入れ、

氷が浸るまで水をいれます。アイスパックやアイスノン、

保冷剤は凍傷になる危険性がありますので絶対に

使用しないで下さい。

 

また湿布も効果はありますが、直ぐに痛みを軽減

させるなら氷水の方が効果があると思います。

 

アイシングは最初は冷たくしびれてくるかも

しれませんが、3分我慢して頂ければ慣れてきます。

 

我慢できない方はガーゼの上から当て下さい。

 

感覚が麻痺してきて無痛無感状態になりますが、

氷水であれば問題ありませんのでご安心ください。

 

アイシング時間は10分で炎症がひどいときには、

一日に数回アイシングを行ってください。

 

但し、アイシングの間隔は最低でも2時間は

あけてください。また、お風呂はアイシングする前に

入ってください。

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

突き指について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに,突き指で悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ分かりやすい記事を

書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。