腰痛でもなく、尿管結石でもなく、腰椎ヘルニアだった!ストレッチと予防法

病院でも腰椎ヘルニアが治らなかったあなたへ

  • おしりや足がしびれる
  • 足やすねの感覚が鈍い(又は過敏)
  • 腰を前後に曲げると痛い

このページは、

腰の強い痛み、お尻や足のしびれ、

で悩んでいる方、もしくは、自分の症状が

腰痛や尿管結石と思い込んでいた方に、

腰椎ヘルニアの原因をよく理解してもう。

 

そして、実際に改善した人の声と共に

「改善するためのストレッチや予防法」

お伝えするためのものです。

 

「ヘルニアの痛みの原因はなんなの?」

 

「ヘルニアが良くなるストレッチや

予防法があるの?」

 

と、いろいろな不安や疑問が出てきて、

解消されないと、毎日つらい日々が

続くと思います。

 

でも、だいじょうぶです。

その不安や疑問が、クリアになり

 

「腰椎ヘルニアの原因は、

こうだったんだ!」

 

「ストレッチで、自分のヘルニアが

良くなるかも!」

 

こう思ってもらえるように、できるだけ

分かりやすくお伝えして、あなたの

悩みや不安が、少しでも解消できたなら

嬉しいです。

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?

腰椎椎間板ヘルニアとは、

腰の骨(腰椎)と腰椎の間にある

椎間板というクッションが何らかの原因で

外に飛び出し、飛び出した先にある神経に

椎間板が当たってそれによってさまざまな

病態がでることです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因は

さまざまありますが、今回は3つ紹介します。

 

1、日常生活の動作

重いものを前かがみで持つ。

腰を強くひねってしまった。

 

2、椎間板の老化

椎間板は老化により徐々に

弾力性が無くなってしまいます。

 

弾力性のない椎間板に動作による

過度な力が加わると椎間板が

飛び出してしまいます。

 

3、姿勢の悪さ

悪い姿勢で偏った動作を繰り返すこと

によって骨盤がずれて、腰椎もずれて

傾いてヘルニアになりやすくなります。

腰椎ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの病態を紹介します。

 

・朝が一番腰が痛い。

 

・せき、くしゃみで痛い

 

・腰を前後たおすと痛い。

 

・神経障害として

「痛み、シビレ、感覚異常」がある。

 

・太ももの外側からすねにかけてに

痛みやしびれがある。

 

・足に力が入らず、ふらふらして

歩けない。

 

・尿や便通に問題が出てきてしまう。

当院の施術を受け、腰椎ヘルニアが解消された方々の感想

手術せずに何とかなるかもと思い来院(腰椎ヘルニア)

私は辛い腰痛・足のしびれから整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。薬・コルセット・ブロック注射も効果なく手術しかないのかと思っていましたが、HPの口コミを見て「何とかなるかも!」とコツコツ接骨院へ。前田先生はヘルニアについて図や模型で説明して下さったり、持参したMRIをじっくり見て、私の骨の隙間や角度について考えて下さったり一人一人の痛みについてじっくり向き合って下さいます。施術も痛くなく気持ちよい感じで一回ごとに痛みも軽くなっています。

木下 智子さま 愛知県江南市 52歳

あの辛い毎日はどこへ行ったのか?と思うくらい症状が無くなりました(腰椎ヘルニア)

ヘルニアで足が痛くて歩くのも辛く、夜も寝れない日々が続いてストレスの毎日でした。オペせず、早く笑顔の生活に戻りたくて、行きついた場所がコツコツ接骨院。同じ症状で苦しんでる人達の口コミで通い始めました。2回目から痛みが減り、夜も熟睡の生活に戻り、4回目では痺れも無くなり、あの辛い毎日はどこへ行ったのか?と思うくらい症状が無くなりました。今では笑顔の生活を過ごしてます。

何より少しずつ指のしびれも減り・・・(腰椎ヘルニア)

椎間板ヘルニアを発症して約半年、足指のしびれと変な歩き方に不安を覚え、整形外科では湿布と投薬のみで、特に何もしてもらえず ネット検索で先生自身がヘルニアを患い克服された方ということもあり、思い切って治療を受けてみました。整形外科も3回変えたほど、自分の選択にすっかり自信も失っていましたが、こちらの先生は同じ痛みを分かって下さり、何より少しずつ指のしびれも減り、まだ効果に物足らなさを感じたりしてますが信頼して通ってみようと思える治療院で。

北名古屋市 52歳 女性

ヘルニアの初期は腰痛と思い込んでしまいがち

腰椎椎間板ヘルニアは

腰からお尻、ふくはぎにかけてのしびれや

足の感覚が麻痺するような状態でない

かぎり自分で判断することが難しいです。

 

我慢できるほどの腰痛が続いて

念のため病院でレントゲンやMRIを

撮ってもらってチェックしてもらったら

椎間板ヘルニアと分かったケースが

多いです。

 

腰のヘルニアの初期病態は、

痛みよりもお尻から足にかけて

もわ~っとするような、もしくは、

足のすねの当たりが熱くなったり

冷たくなったりするような違和感を

訴えます。

 

初期病態で直ぐに施術を開始すれば

80%の確率でよくなります。

 

自分でヘルニアかどうか判断する

決め手となるのは、下記の3つの症状が

全て当てはまれば可能性が高いです。

 

・朝起きると腰が痛い

・せき・くしゃみで腰が痛い

・前屈をすると腰が痛い

 

もし、上記の状態がすべて当てはまって

いる方は、我慢しないで直ぐに

整形外科などの病院でチェックして

もらってください。

 

ヘルニアが直ぐに改善するかどうかは

早期に発見できるかどうかがとっても

重要です。

 

初期病態を過ぎてしまうと、どうしても

施術期間がかかり、日常生活や

仕事にも支障をきたします。

 

また、痛みやしびれが一日中感じることも

多いのでストレスが溜まり精神的な

ダメージも大きくなります。

 

「ひどい痛みやしびれではないから

我慢すれば大丈夫」

 

と、いつか改善すると思わないで

自分の身体を過信しないことが大切です。

腰椎ヘルニアと間違えやすい尿管結石

尿管結石は膀胱につながる尿管に

腎臓で作られた石がつまって炎症を

起こす病気です。

 

腰部や股関節、下腹部に激痛が走り

七転八倒するくらいの痛みですンので

我慢できるヘルニアの痛みとは全く

違います。

 

尿管に石が入り込んで動くと、周囲の組織が

壊れ血尿が出ます。

 

ですので、突然腰が痛くてうずくまり、

血尿が出たら尿管結石の可能性が高いです。

家でできる腰椎ヘルニアに効くストレッチ

腰椎椎間板ヘルニアに効く

ストレッチを紹介します。

 

〈マッケンジー体操〉

まず床にうつぶせの状態になり

上のイラストのような姿勢になります。

 

3秒かけて、ゆっくり上体を起こし、

3秒かけて、ゆっくり、うつぶせの

状態に戻ります。

 

上記を1回として10回行って

下さい。

 

10回1セットとして、1日に4~5セット

行うと効果的です。

 

*痛みのない範囲で、必ず行って

ください。

腰椎ヘルニアの予防法

コルセットの着用

コルセットの役割は固定ですが、

もう一つあります。

 

それは腹圧を上げるということです。

 

コルセットを巻くことによって外側から

圧力をかけて、それに対抗するために

押し返す力によって、腹圧が上がり

腰への負担が和らぎます。

 

特に体重の急激な増加や運動不足による

筋力低下位によってヘルニアになって

しまって、腰やお尻が痛くてしびれる方は

着用したほうがいいです。

 

たとえ、コルセットをして痛みが

和がなくても、中腰になった時や

重たいものを持ったときに腰への

負担が和らぎますので予防に

つながります。

 

コルセットは寝る時以外は、

痛みやしびれが消えるまでは

着用したほうがいいでしょう。

まとめ

お尻に痛みやしびれが2週間以上

続いたら直ぐに整形外科のどの病院で

みてもらいましょう。

 

我慢できる痛みだからいって

放置しておくと動けなくなるほど

痛みやしびれが増します。

 

ちょっと動くだけでお尻や足のすねなどに

激痛が走りますので歩行困難になります。

 

状態がひどい場合には注射や鎮痛剤も

効かないので手オペ、入院、もしくは

自宅で絶対安静にしておくしかなくなります。

 

しびれは我慢できますのでしびれが

出てきても放置する人が多いですが、

一週間以上続いたら身体の中で

何かが起きていると思ってください。

 

痛みよりもしびれのほうが施術期間が

かかるので早期施術をお勧めします。

院長からのメッセージ

腰椎ヘルニアについて、

施術家としてのこれまでの経験をもとに

説明させていただきました。

 

この記事に書いてあることは、

あくまで個人的な意見ではありますが、

私は柔道整復師という国家資格を

持っています。

 

また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーから15年間、

学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、

腰椎ヘルニアで悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ

分かりやすい記事を書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、

どの部分がよく分からなかったのか

具体的に、ご指摘して頂けると助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

整形外科ですべり症と腰椎椎間板ヘルニアが4つもあると診断された名古屋市東区の患者さん