坐骨神経痛

病院でも坐骨神経痛が治らなかったあなたへ

このページは、

病院のリハビリや接骨院でのマッサージ、

整体での骨盤矯正など、どこへ行っても

解消されなかった坐骨神経痛の方の

ための内容が記されています。

 

「症状が改善した方の感想」と共に、

「原因別の坐骨神経痛の症状」

お伝えしていきますね。

  • お尻の奥が痛い、足がしびれる
  • 椅子に座ると何とも言えない違和感がある
  • 腰を前後に曲げるとお尻から太ももにかけて鈍痛がある

上記のような辛い症状や不安が

あると思います。

 

でも、だいじょうぶです。

 

当院の施術後、

多くの方が「お尻の痛み・足のしびれ」が

大幅に改善し、気持ちよく日常生活を

送る事が出来ています。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は、

是非最後までご覧ください。

坐骨神経痛の原因

「坐骨神経」という言葉はよく聞くと

思いますが、じゃあ「坐骨神経痛」は

どんな症状なの?って、よく患者さんから

質問されます。

 

分かりやすく説明すると、坐骨神経は

腰から始まって足まで伸びている

人間の中でもっとも太い神経です。

 

この坐骨神経が、腰やお尻で

圧迫、刺激されることによって、

痛みやしびれなどの症状が

出ることを座骨神経痛と言います。

 

 

症状は、腰痛、臀部痛(お尻の痛み)、

太ももの後ろ、すね、足先などに痛みや

しびれが出て、ひどくなると歩行障害を

伴うこともあります。

 

座骨神経が、腰で圧迫される場合は

【腰椎椎間板ヘルニア】

【脊柱起案狭窄症】などが原因で

発症します。

 

またお尻で圧迫される場合は、

【梨状筋症候群】原因で発症します。

 

坐骨神経が腰で圧迫しているのか、

お尻で圧迫しているのか自分で

判断する場合、痛みシビレが腰から

始まっていれば腰で圧迫、お尻から

始まってればお尻で圧迫している

可能性が高いです。

 

【腰椎椎間板ヘルニア】や

【脊柱起案狭窄症】が原因で、

坐骨神経痛が出ている場合は早めに、

病院でみてもらうことをオススメします。

 

女性に圧倒的に多い【梨状筋症候群】は

お尻の下や、お尻の筋肉の間から

坐骨神経が走っているので、

お尻の筋肉を緩めれば緩和されます。

 

特に自転車をよく乗る人、平泳ぎを

している人に多いです。

当院の施術を受け、梨状筋症候群が改善した方々の感想

何より少しずつ指のしびれも減り・・・(腰椎ヘルニア)

椎間板ヘルニアを発症して約半年、足指のしびれと変な歩き方に不安を覚え、整形外科では湿布と投薬のみで、特に何もしてもらえず ネット検索で先生自身がヘルニアを患い克服された方ということもあり、思い切って治療を受けてみました。整形外科も3回変えたほど、自分の選択にすっかり自信も失っていましたが、こちらの先生は同じ痛みを分かって下さり、何より少しずつ指のしびれも減り、まだ効果に物足らなさを感じたりしてますが信頼して通ってみようと思える治療院で。

北名古屋市 52歳 女性

病院で診察したところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました

今まで腰痛がひどく、整形外科、カイロ、マッサージなど、さまざまな所で痛みをやり過ごしていました。しかし、足のしびれが出てきてしまい、再度病院で診察したところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。一時的に薬で痛みを止めましたが、あとは腰痛体操をしてくださいと言われてしまいました。HPでこちらを見つけおもいきって施術をお願いしたところ特に痛みもなく、なんとなく身体が楽になった気がしました。身体のゆがみがとれた様で、身体全体がまっすぐになっているような気がします。腰の痛みはまだありますが、このまま続けて先生にメンテナンスしていただこうと思っています。これからもよろしくお願いします。

青山照子様 40代 小牧市

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因で一番多いのは

腰の椎間板ヘルニアです。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、

腰の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が

後ろへ飛び出して坐骨神経を圧迫して

座骨神経痛の症状が出ます。

 

知っておくべき腰椎椎間板ヘルニアが

原因の坐骨神経痛の症状は、、、

 

朝起きるとき、せきやくしゃみをしたとき、

中腰や前屈したときに腰からお尻、

太ももが痛い、しびれる、だるい、

重たいです。

 

もしも腰を反らすとき、寝返りをしたとき、

椅子から立ち上がろうとしたとき、

車の乗り降りの時にも、腰からお尻や

太ももが痛い、しびれる、だるい、

重たい場合は椎間板ヘルニアが

悪化している可能性があります。

 

直ぐに整形外科などの病院で

レントゲンとMRIを撮って確認してください。

 

我慢していると、最終的に手術を

しなければならないこともあるので

早期発見、早期治療が非常に大切です。

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛の原因で2番目に多いの

は高齢者に多い脊柱管狭窄症です。

 

脊柱管狭窄症とは老化によって

骨が変形したり(骨棘)、腰骨の軟骨が

すり減ることによって腰の骨と骨の

隙間が狭くなり、神経が通っている

穴(椎間孔)が小さくなって神経を

圧迫し座骨神経痛の症状が出ます。

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の

症状としては、立っていたり、

歩いていたりするとお尻から太ももに

かけて鈍痛、しびれ、だるさ、重たさが

感じられ、座ると症状が軽減することが

特徴です。

 

注意してほしいのは高齢者は、

脊柱管狭窄症だけでなく

腰椎椎間板ヘルニアも併発していることが

よくあるので、どんな時に痛みやしびれが

出るのか自己観察することが非常に

大切です。

 

脊柱管狭窄症は腰椎椎間板ヘルニアと

違って突然起きることは少なく、時間を

かけて痛くなることが多いです。

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉(梨状筋)が

緊張して、下を通っている一番太い神経、

坐骨神経を圧迫して座骨神経痛の症状が

でます。

 

梨状筋症候群による坐骨神経痛の

症状で特徴的なのは、腰に痛みはなく、

お尻から足先にかけて痛み、しびれ、

だるさ、重たさを感じます。

 

梨状筋症候群になりやすい人は

中年の女性、普段、自転車に乗っている

人や水泳で平泳ぎをしている方です。

 

梨状筋症候群かどうか分からない場合は、

仰向きになって症状が出ている側の足先を

外側に向けた時にお尻から足先にかけての

痛み、しびれ、だるさ、重たさが軽減した

場合は梨状筋症候群の可能性が高いです。

梨状筋ストレッチ

まとめ

坐骨神経痛で大事なことは、何が原因で

症状が出ているか見極めることです。

 

「先生、坐骨神経って病院で言われてたん

ですけど治りますかね」

 

と言われても、それがどこからきているのか

分からないと的確な施術はできません。

 

必ず検査を行って座骨神経痛の原因が

何なのかはっきりさせることが早く治る

近道です。

 

坐骨神経痛は病院や接骨院、整体での

施術以外に、自分でできるストレッチや

体操で良くなることが多いです。

 

ただ、疾患によってリハビリ方法が変わって

くるので専門の先生に聞いてから行うことを

お勧めします。

 

坐骨神経痛は根本的な原因が分かれば

症状を改善することは難しくはないです。

 

それよりも治療を受けて痛みが軽減し、

その状態を維持することが難しいことを

知っておいて下さい。

 

座骨神経痛の初期は、痛みやしびれを

我慢できる程度などで、状態が悪化し

病院で診てもらうときには症状がひどく

なっていることが多いです。

 

座骨神経痛は、

時間が経過すると治療期間も

かかりますので、腰からお尻、足にかけて

痛みやしびれ違和感を感じたら直ぐに

病院や接骨院、整体で施術を受けることを

お勧めします。

院長からのメッセージ

座骨神経痛について、

施術家としてのこれまでの経験をもとに

説明させていただきました。

 

この記事に書いてあることは、

あくまで個人的な意見ではありますが、

私は柔道整復師という国家資格を

持っています。

 

また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーから15年間、

学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、

座骨神経痛で悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ

分かりやすい記事を書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、

どの部分がよく分からなかったのか

具体的に、ご指摘して頂けると助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。