ぎっくり腰

病院でもギックリ腰が治らなかったあなたへ

このページは、

病院での注射、リハビリ、接骨院や整骨院での

電気・マッサージ、整体での骨盤矯正など、

どこへ行っても解消されなかった

ぎっくり腰の方のための内容が書かれています。

 

「症状が改善した方の感想」と共に、

「ギックリ腰が解消する対処法」

お伝えしていきます。

  • 腰が真っ直ぐに伸ばせない
  • 前傾姿勢になっていまう
  • 中腰姿勢が困難
  • 立ったり座ったりすることが困難
  • 朝起き上がるのに時間がかかる

上記のような辛い症状や不安が

あると思います。

 

でも、だいじょうぶです。

 

当院の施術後、

多くの方が「ズキッとする痛みが軽減した、

腰が真っ直ぐ伸ばせるようになった」

嬉しい声を頂き、中腰にならなくても

日常生活を送る事が出来ています。

 

ギックリ腰でお悩みの方は、

是非最後までご覧ください。

ぎっくり腰になる原因とは

朝起きたら急に腰が痛い、

座った状態から立つと腰が痛くて伸ばせない、

顔を洗うのが困難、せきやくしゃみで腰に

激痛がはしる場合には、ぎっくり腰になる

可能性があります。

 

ぎっくり腰は、

魔女の一撃といわれるくらい突然、

腰が痛くて動けない状態です。

 

急性腰痛の総称です。

 

主に原因は3つあり、

ぎっくり腰の改善方法など

解説していきたいと思います。

腰の筋肉の捻挫である「腰椎捻挫、筋・筋膜症」

「腰椎捻挫、筋・筋膜症」は、

一般に急性腰痛であるぎっくり腰の中で

最も多い疾患です。

 

捻挫の場所は主に

腰骨の横に痛みを訴えます。

 

話を聞いてみると患部に放散痛や

鈍痛があり腰を触って診ると腫れや

発赤が見られるのが特徴です。

 

姿勢は痛めた側に傾くことが多く、

どの方向に動かしても痛みがでるので

発症当時は全く動けないことが多いです。

 

湿布や痛みどめを飲むと、少し動けるように

なりますが腰を真っ直ぐに伸ばすことができず

中腰姿勢になって動くことになります。

 

原因としては急に立ち上がったり、

中腰姿勢のでの仕事で重たい物を

何度ももったり、朝いきなり起き上がったり、

長時間の運転後に車から降りた時、

せきやくしゃみで起きます。

 

対処法

改善方法としては筋肉の炎症なので

アイシングが一番効果的です。

 

ただ、湿布よりも氷水によるアイシングで

患部を冷やしてください。

 

10分間冷やしますが、最初は冷たくて

痛みが出るかもしれませんが、3分経てば

慣れてきますので試してみて下さい。

 

これを痛みが強い場合は一日3回行います。

 

炎症が起きていますので、マッサージや

著時間お風呂で温めると悪化しますので

絶対に行わないで下さい。

 

痛みが引いてきたら、病院や接骨院で

アイシング、超音波の電気、テーピングで

固定してもらうと早く良くなります。

骨盤の関節の捻挫である「仙腸関節捻挫」

仙腸関節捻挫の特徴は痛みの場所が

腰ではなくお尻に出ることです。

 

長時間床や固い椅子に座ったり、中腰や

前傾姿勢など腰に負担のかかる仕事や

作業をしたときに発症します。

 

また、出産前後もママも骨盤が

緩んでいますので、この疾患が発症

しやすいです。

 

仙腸関節捻挫は骨盤の関節が

ゆるみ過ぎた状態です。

 

ですので座ると骨盤から下から

突き上げられてさらにゆるみ

痛みが出ます。

 

立っている時は意外と楽です。

 

対処法

この場合の対処法はとにかく座るとき、

お尻が当たる部分は柔らかくすることです。

 

椅子に座るときや床に横座りするときは

お尻の下にクッションを敷く、布団やベッドや

柔らかい方が楽です。

 

また、痛みがひどい場合には骨盤ベルトをして、

仙腸関節をしっかり固定すると楽になります。

 

直ぐにはよくなりませんが、骨盤のゆるみが

とれてこれば直ぐによくなりますので

安心してください。

骨の歪みである「椎間関節症(反り腰)」

椎間関節症は何らかの原因で

腰の骨が歪んで痛みがでる疾患です。

具体的には腰の反り過ぎです。

 

腰を反らすと痛みが出るので前傾姿勢や

前屈をすると楽になりますが、腰を後ろへ

倒したり、腰を真っ直ぐにすると腰の骨の上に

鋭い痛みが出るのが特徴です。

 

原因としては長時間の立ち仕事、立ったり

座ったりすることが多い、いつも仰向きに姿勢で

寝ている、腹筋の低下、腰を反らす

筋肉(腸腰筋)の過緊張が上げられます。

 

対処法

改善法としては、

痛みがある程度引いてきたら腹筋の強化(動画)と

腸腰筋のストレッチ(動画)ですが、もしもやってみて

痛みがでる場合はまだやる段階ではないので

行わないで下さい。

 

悪化する原因になりますので。

まとめ

ギックリ腰などの急性症状は原因が分かれば

それほど施術は難しくありません。

 

難しいのは何が原因なのか特定することです。

 

病院でレントゲンを撮って骨には

異常がないから湿布と痛みどめを

出されて終わりってこともありますが

良くなることもありますが、ほとんどは

改善するまでに時間がかかります。

 

テストをして上記の3つの原因のどれに

当てはまるのか鑑別することがとても

重要です。

 

一番怖いのは病院では異常がないので

リハビリや接骨院、整体でマッサージ

してもらうことです。

 

急性症状は炎症が起きている可能性が

高いので筋肉をほぐしたり、温めたり、

無理な矯正を行うと、もみかえしや

悪化することがよくあります。

 

院長からのメッセージ

ぎっくり腰について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という

国家資格を持っています。

 

また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、

学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、ぎっくり腰

悩んでいる方のお役に少しでも立てるように、

できるだけ分かりやすい記事を書くよう

心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、

どの部分がよく分からなかったのか具体的に、

ご指摘して頂けると助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。