教えて!腰がだるい、腰が重い3つの原因と対処法

病院でも腰のだるさ、重たさが治らなかった方へ

このページには、

「腰がだるい、腰が重い」ことで

悩んでいる、困っている方、もしくは、

なぜ腰がだるくなるのか、重たくなるのか

気になっている方に、原因をよく理解して

もらう。

 

そして「実際に改善した人の声」と共に

「改善するための対処法」をお伝えする

ための内容が書かれています。

 

  • 腰がいつもより重たく感じる
  • 車に乗ると腰が痛くなる
  • 喘息がある
  • 自律神経失調症である
  • しゃがむと痛い

上記のような症状で、悩みや不安が

出てきますよね。あなたがそう感じて

しまうのは当然だと思います。

 

でも、だいじょうぶです。

その悩みや不安がスッキリ解消して、

 

「腰がだるい、重たい理由は

こうだったんだ!」

 

「こうすれば私の腰痛も治る可能性が

あるかも!」

 

こう思ってもらえるように、できるだけ

分かりやすくお伝えして、あなたの

悩みや不安が、少しでも解消できたなら

嬉しいです。

実際に施術を腰痛のだるさが解消した方々の感想

特に朝起きたとき、腰の痛みを 感じてました(腰痛)

ずっと背中から腰にかけて(特に朝起きたとき)痛みを感じてました。今まで、整体や接骨院に行った事がなく初めは少し不安もありました。しかし、何回か通うたびにだんだん良くなっていき、痛みもなくなって、毎回良くなる事が嬉しくて、接骨院に行く事が楽しみになりました!!!初めて行った時は、痛みの原因や、骨がどうなっているか具体的に説明してくれたり、骨盤矯正や電気などもすごく良くて皆にオススメしたいです!!先生たちも話しやすく親しみやすいので、コツコツ接骨院にきてよかったです!!

1回で体の変化を実感し、5回で腰の痛みがなくなりました(腰痛)

腰痛でいろんな接骨院に行きましたが、その場では良くても家につくころには元通りばかりで、どこに行くか悩んでいる時、口コミサイトで評価がとても良かったので、試しに行ってみようと思い予約しました。最初は他とそんなに違いはないだろうと思っていましたが、とても親切でていねいでわかりやすい説明と施術で1回で体の変化を実感し、他とはまったく違う感じでした。5回ほど通いすっかり痛みもなくなり反り腰も治りました。行って良かったと思えた接骨院は、はじめてで出会えて良かったと思います。

春日井市 丹下由美子様

体を動かしていないことによる原因

よく慢性腰痛の患者さんから

 

「腰は痛くないんだけど、毎日重たいんです」

 

という訴えがよくあります。

さて、この原因は一体何なのでしょうか? 

いろんな角度から解説していきます。 

 

腰が重たいと感じる人の共通点として 

体を動かしているときは痛みはない、

重たくない!

 

という事実があります。

 

動いているときは痛みがないということは

筋肉が伸びたり縮んだりして血流が

良くなり疲労物質や発痛物質が

蓄積されないということです。

 

ですので、動いている時は痛みを感じず

調子が良いと感じます。

 

ですが、同じ姿勢で長時間いると

筋肉が緊張して血流が悪化し腰に

鈍痛を感じるようになります。

 

筋肉を触ってみると固くなっているので

固くなる前に体を動かすと腰の重たさを

感じにくくなると思います。

 

特にデスクワークの方は仕事に集中したり

没頭すると重たい感覚を忘れてしまうので

時間を決めて体を動かすことをお勧め

します。

 

運動までもしなくても、オフィスを少し歩く

だけでも効果がありますので、試してみて

下さい。

 

理想は外に出て10分間の散歩がいいかと

思います。

長時間、同じ姿勢でいることによる原因

上記でも書きましたが、デスクワークなど

座ったままの状態で仕事を何時間もすると

腰の筋肉がかたくなり、立ち上がる瞬間や

座るときに痛みが出ることがあります。

 

何もしなくても、筋肉は動かさないと

固くなる性質があります。

 

みなさんがよく経験する例として

いつもよりも寝すぎると腰が痛くなる、

固まってしまうことはありませんか?

 

これが、腰が重たく感じる原因の一つです。

 

どれくらい同じ姿勢でいると腰が痛くなる、

重たくなるかは個人差があるので何時間で

筋肉が固くなるとは答えられませんが、

実際に時間を計測して試してみると

いいかと思います。

 

どうしても長時間座って仕事をしなければ

ならない方は、背もたれのある椅子を

用意して背中をくっつけて座ると上半身の

体重が背中を通して抜けていくので

腰への負担が少なくなります。

 

また、足の裏を床にベタッと

くっつけるよりも足の裏側をくっつける

ようにして座ると腰に負担がかからなく

なります。

 

他にも足を前に出して座るよりも

ちょっと浅く座って足を膝の位置よりも

手前に引いて踵を浮かせて座ると

腰に体重がかからず負担が少なくなります。

 

いつも座ると腰が痛い、重たくなる人は

一度試してみて下さいね。

ストレスによる原因

ストレスが蓄積されると自律神経が

血管に指令を出して、血管が収縮し

血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると腰の筋肉に栄養や

酸素が供給されず、緊張してしまい

腰痛を引き起こします。

 

ストレスを解消させる一番簡単な方法は

一日3回、30分間の有酸素運動です。

 

これによって自律神経のバランスが良くなり

血管の収縮を抑えることができます。

 

運動といってもちょっと早歩きする程度で

十分効果があるので、出勤するときに

歩く機会があれば、早歩きで会社に向かう

ことをお勧めします。

 

歩く機会がない方は夜よりも早朝に

有酸素運動を行うことをお勧めします。

 

朝、光を浴びて有酸素運動を行う

ことによって、脳からセロトニンという

ホルモンが出て、ストレスを緩和させて

スッキリした気分で一日を迎えることが

できます。

 

ですので、身体のどこにも異常がないのに

腰が重たく感じる方はストレスが原因である

可能性が高いので、週3回の有酸素運動を

20分程度行ってください。

 

最初は効果を感じにくいかもしれませんが

一ヶ月続けると効果を感じるようになります。

まとめ

腰に痛みがなく重たく感じる人の

ほとんどは腰の筋肉が過緊張を

起こしています。

 

慢性化すると腰の筋肉の固さに慣れて

しまい鈍痛を感じないこともあります。

 

実は腰の筋肉が固くなっていても

痛みや重たい感じがしない方は、

正常ではありません。

 

どういうことかと言いますと、

痛みや重たさを感じるということは

身体からの危険信号なんです。

 

これ以上、放置すると麻痺して

何も感じなくなります。ここまでくると

赤信号で、次に痛くなったり重たい感じが

あったときには重症になっています。

 

自分の身体を過信しないで、

腰に違和感を感じたら痛みがなくても

直ぐに治療をすることをお勧めします。

 

早く治療すればするほど早く治ることは

経験上分かっています。

 

逆に我慢すれば我慢するほど治りが

悪くなっています。

院長からのメッセージ

腰がだるい、重たいことについて、

施術家としてのこれまでの経験をもとに

説明させていただきました。

 

この記事に書いてあることは、

あくまで個人的な意見ではありますが、

私は柔道整復師という国家資格を

持っています。

 

また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーから15年間、

学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、

腰がだるい、重たいことで悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ

分かりやすい記事を書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、

どの部分がよく分からなかったのか

具体的に、ご指摘して頂けると助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

『いつの間にか骨折』である腰椎圧迫骨折とは、どんな病気?

 

  • 高齢者
  • 女性
  • 骨粗しょう症

腰椎圧迫骨折とは?

 

まず、腰椎について説明します。

腰椎は、脊柱という背中の骨の

腰の部分にある骨です。

 

その腰椎が骨折してしまった状態を

腰椎骨折と言い、腰椎の椎体という

部分が圧迫されつぶれるように骨折

した状態を腰椎圧迫骨折と言います。

腰椎圧迫骨折の原因は?

 

腰椎圧迫骨折をする原因で多いのが

骨粗しょう症です。

 

骨粗しょう症とは、女性や高齢者に多く、

骨の密度が低くなり、骨の中がスカスカに

なってしまう病気です。

 

骨粗しょう症の人は、骨折が起こりやすく

腰椎圧迫骨折の場合では、くしゃみをした時や、

尻もちをついただけで骨折が起きてしまいます。

 

また、骨粗しょう症でない人でも、重い荷物を

持った際や、高い所から落ちた際に圧迫骨折に

なる場合があります。

腰椎圧迫骨折の症状は?

 

 

・腰部の激痛。

高齢者の場合では、骨折が起きても

痛みがなく、いつの間にか骨折している

場合もあります。

 

・骨折を起こした腰椎の骨が脊柱管と言う神経が

通っている管を圧迫すると、下半身に痛みやしびれを

感じるようになります。

 

・起床時に立ち上がろうとした際に腰部に

激痛が走ることがあります。

腰椎圧迫骨折をした時にしてはいけない7つの動き

 

 

腰椎圧迫骨折をした時にやってはいけない

7つの動作があるので紹介します。

 

1:前かがみになって下のものを取る。

2:あぐらをかく。

3:床に寝る。

4:和式トイレを使う。

5:自転車に乗る。

6:床に足を伸ばして座る。

7:体をひねる、横や後ろに反らす。

 

の7つです。

 

1~6で共通して言えるのは、すべて前かがみの

姿勢(前傾姿勢)になる。と言うことです。

 

前かがみになると、圧迫骨折した骨折が

さらに圧迫され、症状がひどくなってしまうので

前かがみの姿勢になってはいけないのです。

 

一見すると3の床に寝るのは、いいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、床に寝るときは、

布団に入るときに必ず前かがみになって

しゃがまないといけないですよね?

そういう理由です。

 

そして、7の体をひねる、横や後ろに反らすは、

前かがみにならないからいいんじゃ?と

思うかもしれませんが、ひねったり、反らしたり

する動作も骨折した部分を動かす動作なので

前かがみと同様に行ってはいけません。

あなたの腰痛、反り腰が原因かも!3つの筋トレと2つのストレッチで改善!

こんな悩みはありませんか?

  • 立っていると直ぐに腰が痛くなる
  • 長時間、座っていると腰が重たくなる
  • 腰を反らすとズキッとする
  • 朝起きるとき、時間がかかる
  • いつも横向きで寝ている
  • 仕事や家事をすると腰が張ってくる
  • 腰を丸めると楽になる
  • マッサージを受けると、毎回、腰がかたいと言われる
  • ストレッチすると腰が伸びない
  • 運動、スポーツをするのが怖い
  • お腹が前に出る

反り腰とは

背骨は、真っ直ぐになっているのではなく

S字にカーブしています。

 

上から頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個で

構成されています。頸椎と腰椎は、前方に緩やかに、

カーブ(前湾)していて、胸椎は後ろに、緩やかに

カーブ(後弯)しています。

 

反り腰とは、腰の骨である腰椎が大きく反っていたり、

骨盤が前傾している状態です。腹筋が低下すると、

お腹がぽっこり出て、腰が反る原因になります。

 

反り腰になると、腰椎前湾のカーブが大きくなるため

腰椎にくっついている筋肉(多裂筋)が緊張し

かたくなり、腰痛の原因になります。

 

 

また、太ももの前側の筋肉、大腿四頭筋が

よく使われるため、かたくなり、骨盤の前側に

くっついているため、骨盤の前傾の原因にもなります。

 

逆に、お尻や太ももの裏側の筋肉、ハムストは使われず

弱くなったり、伸びたりして、腰椎や骨盤をしっかり

支えることができず、不安定になります。

 

自分が反り腰かどうか分からない方は

床に仰向きで寝て、腰の下に手を入れてみて

完全に入る人は、反り腰の可能性が高いです。

 

反り腰になりやすい方は

 

・立ち仕事の人

・お腹が出ている人

・妊婦さん

・ハイヒールをよく履く人

・腹筋が弱い人

・背中が丸い人

・首が前に出ている人

・あごが上がっている人

・太ももの前側が張っている人

・偏平足の人

 

などです。

反り腰による腰痛(椎間関節症)

反り腰による腰痛は、医学的には

「椎間関節症」と言われています。

 

椎間関節は、骨と骨を連結している部分です。

 

骨と骨の間にある椎間板というクッションが

潰れてしまって薄くなると、腰を反らした時に、

椎間関節に負荷がかかりやすくなり、痛みを

感じやすくなります。

 

椎間関節に痛みを感じたり、腰椎をサポートしている

多裂筋という筋肉がかたくなると、正常な腰椎前湾の

カーブがさらに大きくなって、反り腰になってしまい、

椎間関節を安定させることができず、

腰痛(椎間関節症)になりやすくなります。

 

 

椎間関節と多裂筋は、痛みを感じる

センサー(侵害受容器)が他の筋肉よりも

多く含まれているため、小さな刺激でも

痛みを感じやすいです。

 

また、脊髄神経内側後枝という神経によって

椎間関節と多裂筋は、コントロールされています。

 

この神経は、痛みを感じると防御反応といって、

力が勝手に入ってしまい、筋肉がかたくなります。

 

例えば、椎間関節症は、腰を動かすと痛みが出るので、

腰椎が動かないように、多裂筋などの筋肉をしっかり

かためて防御します。

 

但し、防御反応が起きると、痛みに敏感になるため、

何度も腰痛になってしまったり、長引く原因になります。

慢性腰痛の方は、この防御反応が常に起きている状態です。

反り腰を改善する2つのストレッチ

腸腰筋ストレッチ(横から)

腸腰筋は、骨盤の内側(足のつけ根)の筋肉です。

 

①伸ばしたい腸腰筋側の膝を、直角に曲げて床につけます。

 

②反対の膝を前に出し、直角に曲げて、

足裏を床につけます。

 

③後ろ足の太もも外側と体幹外側が

一直線上になるように姿勢を保ちます。

 

④右手を頭の後ろに、左手を背中の下側に回します。

 

⑤右足裏を見るように、身体を左斜め下に捻じります。

 

⑥右足のつけ根が気持ちよく伸びているところで、

10秒間キープします。

 

1日3セット行います。

腸腰筋ストレッチ(正面)

太ももの前側(大腿四頭筋ストレッチ)

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を伸ばします。

 

①正座をします。

 

②両手を後ろに回して、床につけます。

 

③お尻を少し持ち上げます。

 

④太ももの前側が気持ちよく伸びているところで

10秒間キープします。

 

1日3セット行います。

反り腰を改善する3つの筋トレ

腹筋

①仰向きで寝て、足を上げて、膝関節と股関節を

直角にしてキープします。

(この姿勢がきつい人は、椅子の上に足を乗せるか

壁に足裏をつけて下さい)

 

②おへそを見るように、顔を上げてきます。

 

③肩甲骨が少し浮くまで、上体を起こしたら、

元に戻します。この動作を10回行います。

 

1日3セット行います。

お尻の筋トレ(臀筋)

仰向で寝て、両足を外に広げ、膝を45度曲げます。

このとき、足先は外側に向けます。

 

①お腹を凹ませて、くの字になるように、

おへその方向に骨盤を回して持ち上げます(後傾)。

 

②お尻の穴をしめます。

 

下へ続く

③腰を上に持ち上げます。

 

④背中を上に持ち上げます。

 

⑤お尻の筋肉に力が入ったら10秒間キープします。

 

1日3セット行います。

太ももの裏側(ハムストリングス)

①両手を胸の前で合わせて、両足を横に大きく広げます。

この時、足先は外側に向けます。

②両肘が両膝の内側にくるように、

お尻を真下に、ゆっくりおろします。

 

③太もも裏側に力が入っているのを感じたら

膝を伸ばして立ち上がります。この動作を

10回行います。

 

1日3セット行います。

コルセットを外して、腹筋したら腰痛が悪化してしまった原因と予防法とは?

こんな悩みはありませんか?

  • 長時間運転すると腰が痛い
  • ももあげ運動をしたら腰痛が悪化した
  • 腰痛予防のために腹筋をしたら再発した
  • 長時間座っていると立つ時がしんどい
  • コルセットをしないと仕事ができない

施術で腰痛が改善しても腹筋をすると悪化することがある

慢性的な腰痛で悩まされ、病院や接骨院

整体に何件も通ってようやく改善したのに

腹筋をして悪化することがよくあります。

 

腰痛が緩和したら予防のために腹筋をしてもいいと

思っている方がいますが、これはケースバイケースで

違ってきます。

 

では腰痛が和らいでも、腹筋をして悪化する原因や

予防について解説していきます。

腰痛が改善していない時の腹筋は要注意

腰痛予防のために腹筋をする方をいますが

基本的に筋トレをする場合は痛みがない状態の時に

行います。

 

ちょっと腰の痛みが減ったから、自己流に腹筋をすると

後で痛みが悪化することがあります。

 

腹筋を鍛えれば、コルセットの役割をしてくれるので

腰痛予防になります。但し、トレーニングをするタイミングと

ポジションが大切です。

 

腰痛の方が腹筋をして悪化するよくあるパターンは

仰向きで両膝を45度曲げた状態で腹筋をし

痛みがあるのにもかかわらず我慢して行ってしまった

場合です。

 

腰痛で腹筋をしてもいい状態とは

立った状態で前屈、後屈をして腰に

痛みがあるかないかを確認して下さい。

 

もしも前屈で痛みがある場合は腹筋をすると

腰痛が悪化する恐れがあるのでやらないで

下さい。

 

後屈で痛みがある場合は、痛みの程度が

弱い場合は腹筋をしてもOKですが、強い場合は

行わないで下さい。どちらか分からない場合は

腹筋をしてみて痛みが出なければOKです。

 

腹筋の正しいやり方は両膝と股関節を直角に

90度曲げて行います。

 

椅子に足を乗せたり、足裏を壁に当てて

行うといいと思います。

 

このポジションで両手で頭をしっかりかかえて

おへそを見るように頭を起こして腹筋を行って

下さい。

 

この時に痛みが増す場合はまだ腹筋をやる

段階ではないのでやっていはいけません。

 

そして、肩甲骨が浮くまで頭を上げたら

またゆっくり戻して仰向きになってください。

 

これが正しい腹筋のやり方です。

 

案外、知られていないのでスポーツジムや自宅で

腰に痛みがあるのにもかかわらず、自己流の腹筋を

やり過ぎて腰痛になることがよくありますので注意して

下さい。

両膝を伸ばして行う足上げ腹筋は腰痛になりやすい

腰痛予防のために腹筋以外に

両膝を伸ばした状態で片足を上げる

足上げ腹筋は一般的な腹筋よりも腰に

負担がかかります。

 

この腹筋は上記での腹筋ができるように

なったら行ってもいいですが、そうでない場合は

絶対に行わないで下さい。

 

腰痛再発になる可能性が非常に高いからです。

 

足上げ腹筋をすると腰に痛みが出るのにも

かかわらず我慢して行っている人がいます。

 

ちょと痛い方が効果があるのでは?と思っている

方がいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

 

痛みがあるということは、腰で異常が出ているサインです。

このサインを無視して行うので腰痛になります。

 

どうしても腰の痛みが軽減すると、運動不足だからといって

直ぐに負荷のかかる腹筋をしたくなりますが、ここは

ちょっと我慢してまずは軽い腹筋から行うことを

お勧めします。

 

【痛みが出る筋トレは行わない!】

 

これだけは覚えておいて下さい。

コルセットを外して直ぐに腹筋を行うのは危険です

コルセットは腹筋の代わりをしてくれているので

腰痛が軽減したからといって直ぐに腹筋をするのは

危険です。

 

特に長期間、コルセットをつけて仕事をしている人は

間違いなく腹筋が落ちているので、少しずつ鍛えないと

腰痛が再発します。

 

腰痛や腰痛予防でコルセットをしている人は、痛みが

軽減、緩和してきたら外した方がいいです。

 

理由は腹筋が低下するのと、腰痛の不安が払拭できなく

なるからです。

 

腰痛が減ってきたら、まずはコルセットを直ぐに外さずに

着けている時間を減らしていきいましょう。

 

例えば腰に負担がかかる仕事以外の時間帯は

外すとか家に帰ったら取るとかしてみて下さい。

 

少しずつコルセットを膜時間帯を減らしていき

最終的にコルセットが外れたら、直ぐに腹筋はせずに

一か月間は筋トレはしないで様子を見ましょう。

 

この期間が実はとても大切で、長年腰痛で悩んでいる人は

直ぐに良くしたいと思い焦って腹筋を始める方がいます。

 

焦る気持ちは分かりますが、直ぐに腹筋をしたからといって

筋力がつくわけでもないですし、腰痛予防に失敗して

しまいますので長い目でゆっくり行っていきましょう。

 

この記事を読んで

コルセットを外して腹筋をしたら腰痛になって

困っている、悩んでいる方の参考になれば

嬉しいです。

腰痛で針(鍼灸)をする場合、注意しておきたいこと

針で腰痛が変化しなかったり、悪化したりするって!?

針は筋肉に対して、効果があると思います。

 

例えば、筋・筋膜症、肉離れ、梨状筋症候群

胸郭出口症候群、筋肉痛にはよくきくと思うので

私はお勧めしています。

 

 

逆に症状が改善しにくいのは骨のゆがみや

神経痛ですね。

 

 

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、

変性すべり症、椎間関節症などは筋肉の問題で

はないので変化はしにくいと

思います。

 

自分の症状が針で改善するかどうか

迷うことがあるかと思います。

 

どんな施術も得意、不得意分野があります。

針ですべての症状が改善するとは私は

思っていません。もちろん、自分の施術も

全ての症状に対して改善するとも思っていません。

 

改善しないと判断した場合は直ぐに提携している

病院や整形外科で見てもらっています。

 

自分の症状が針で効くかどうかは

自己判断するのは正直難しいです。

 

ですので、針を受ける前に鍼灸師の先生に

自分の症状を具体的に説明して、分からないことは

質問して、納得してから受けることをお勧めします。

 

どうしても先生と患者の立場だと言いにくいかも

しれませんが、自分の身体のことですので

自分が一番よく分かっていると思います。

 

先生も神様ではないので、患者さんの症状を

全て把握するのは不可能です。

 

ですので、分かっている情報は思い切って

全て話した方が、先生も助かるし、施術効果も

高くなります。

 

また、質問に対して先生からの答えが分かりやすく

原因を明確に伝えてくれて、針を受けることによって

どのような効果が得られるのか、具体的に教えてくれる

鍼灸院なら安心していいと思います。

 

以前、腰が痛いから近所の鍼灸院で針を受けたら

何も説明もせずに患部に針を刺されて痛い思いをして

さらに症状が悪化した患者さんがいました。

 

その患者さんは、整形外科で身体チェックを

してもらった結果、腰椎椎間板ヘルニアと

分かったのですが、たぶん、根本的な痛みの

原因を見つける身体チェックを行わなかった

のだと思います。

 

実は施術よりも身体チェックが非常に大事です。

 

総合病院で身体チェックをしたことがある方は

分かると思いますが、原因が分かるまでは

あらゆる方向から徹底的に身体チェックを

されると思います。

 

病院では原因が分からないまま施術を

することはできないからです。

 

また患者さんに対して不安を与えて

しまいまいますから、身体チェックを

よくしてくれる施術院はきっと信頼できると

思っています。

自分の症状に合った施術院の選び方とは

突然、痛みやこりに襲われて施術を

受けようと思った時に、病院がいいのか、

接骨院がいいのか、マッサージ・整体がいいのか、

それとも針がいいのか非常に迷うと思います。

 

そんな時は自分の症状と同じ患者さんが施術を

受けていないか調べることがいいかと思います。

 

今はホームページや口コミサイトで

患者さんの声がたくさん掲載されているので

そこから探してみるのが一番の近道だと思います。

 

「腰痛は得意です」

「肩こりなら任せて下さい」

「○○療法を学びました」

 

などは第三者の声ではないので

信憑性に欠けます。

 

ですので施術院選びで間違えないためにも

患者さんの声を参考にするのが一番ベストな

選択だと私は思っています。

 

また、周りで同じ症状の方がいて

その方が施術院で改善したら教えてもらって

行くのもいいかと思います。

 

大事なことは、書いてある情報を鵜呑みにしないで

本当に合っているかどうか、客観的に確かめてから

施術院を選ぶべきだと思います。

腰を反らすと痛い腰痛の原因は、すべり症ではなく、実は○○の歪みだった!?

  • 腰を反らすと痛い
  • 朝、直ぐに起き上がれない
  • 長時間、同じ姿勢で立っていられない
  • 走ると腰の真ん中に痛みが走る
  • 横向きで寝ると楽になる

腰を反らすと痛い日が続く

ある日から、腰を反らすと痛みが出るようになった。

痛み自体は我慢できる程度だったので、病院にも行かず

安静にしていれば良くなると思って放置していた。

 

過去の腰痛なら数日で痛みが軽減するのに、今回の

腰痛は痛みがなかなか消えない。

 

「おかしいなぁ~、なんで痛みが続くんだろう」

 

まだ、この時は腰の中で何が起きているのか

分からなかった、というよりは分からろうとしなかった。

それほど、重症とは思っていなかったから。

 

さすがに痛みが1週間続いたので、ドラッグストアで以前買った

痛み止めの薬、ロキソニンと足首を捻挫した時に病院でもらった

湿布を貼って様子をみることにした。

 

湿布は正直、効いているのか効いていないのか

よく分からなかったが、痛み止めは飲んで数時間後、

腰の中の鈍痛が和らいでいくのを感じた。

きっと、効いているだろうなぁ~っと思った。

 

しかし、薬が切れると痛みが徐々に出てきて、仕方なく

また薬を飲んでしまった。

 

薬を飲んでいれば腰の痛みが気にならないので

仕事や生活にも支障をきたさなかった。ただ、いつ

良くなるのかちょっと不安になってきた。

 

薬を飲んでから一週間が経ったので、一度

薬を飲まないで様子を見ることにした。

 

「い、痛みが減っている」

 

これで良くなるとその時は確信したが、痛みは

完全に消えることがなく途方に暮れてしまった。

 

腰をずーっと痛がっている私を見て、両親が

 

「ちょっと、病院で見てもらったほうがいいんじゃない

悪化したら大変よ」

 

と心配そうに声をかけてくれた。

そうだなぁ、このまま薬を飲み続けていても

完治しそうもないし、仕事を早く切り上げて

病院で見てもらうか。

 

もしかしたら、大きな病気かもしれないと

一瞬思ったが、足のしびれもないし、激痛では

ないので、疲労が蓄積して筋肉がかたくなっている

だけだと思い込んだ。

 

最近、中腰姿勢で重たいものをよく持っていたから

これが原因だろう。体重も増えたし、運動不足も先生から

指摘されるのは間違いな。正直、病院は行きたくない。

恥ずかしい話、大人になっても注射が苦手だから。

病院で見てもらったけど異常なし

病院が苦手な私、というよりは面倒くさがり屋なので

できれば行きたくなかった。

 

さすがに今回は痛みが強くないけど、鈍痛が続いているので

思い切って病院で見てもらうことにした。もしかしたら内臓の病気

かもしれないからね。

 

いつも混んでいる有名な整形外科の受付で問診票を渡され

保険証を提出するように言われた。立っていると腰が痛くなるので

空いている座席に座って、今の状況を書いた。

 

「え~っと、一週間前に腰を反らしたら痛みが出て、

それから腰の奥の方がド~ンと重たくて、鈍痛が続いている。

長時間立ったり、朝起きる時や立ったり、座ったりするときが痛い。

腰を前に曲げたり、横向きで寝ると楽になる。湿布や薬を飲んだけど

効果はなしと。それから、、、過去に腰痛は何度も経験しているけど

今回のように痛みが長い間続くのは初めて。他に痛いところはなしと。

これでいいかな」

 

一通り問診票に書かれている質問事項に返答した。

先生に今の痛みを分かってほしかったので、できるだけ

多くの情報を書き込んだ。

 

「これで、腰の痛みの原因を突き止めてくれるだろうか」

 

と期待を膨らませていたら、スタッフの方から名前を呼ばれ

レントゲン室へ案内された。

 

レントゲン室に入ると、上半身は裸になり、

手術の時に着るようなガウンに着替えて

写真を撮る準備をした。

 

立った姿勢で横向きと後ろから一枚

横向きに寝て真横からと、斜めから一枚

写真を撮られた。

 

所要時間は分くらいだったが、もっと

時間が経っているように感じた。

 

それから数十分待たされてから

また名前を呼ばれ、ようやく診察に案内された。

 

診察室に入ると、椅子に座ってじ~っとレントゲンを

見ている先生が

 

「こちららにどうぞ」

 

と目の前の椅子に手を差し出した。

痛みは少しあったが、直ぐに座ることができた。

先生は問診票を見ながら

 

「腰痛ですね、痛みがず~っと続いているそうですが

大変でしたね。これから簡単な検査をしていきますね」

 

と優しく声をかけてくれた。

 

横に置いている長方形のベッドに移動され

座った状態で膝の上の木槌なようなもので

ポンポンと叩かれた。

 

それから、先生が足首を持ち

膝を曲げた状態から力いっぱい伸ばすように

指示されたので、ゆっくり膝を伸ばしてみた。

 

先生は膝が伸びないように足首を一生懸命

押さえ抵抗していた。ちょっと腰が痛かった

ような気がしたが我慢できない程度ではなかった。

 

「神経には問題なさそうですね。症状からすると

“すべり症”といって骨が大きく前に移動する疾患だと

思ったのですが、レントゲンで骨を見る限りでは違うようです。

となると、検査上は異常がないですので湿布と痛み止めの

薬を出しておきますね。もしも痛みが続くようであれば、

MRIという写真を撮りますので一度様子を見て下さい」

 

異常なしかぁ。ちょっと嬉しいような、悲しいような気がした。

これだけ痛みが続くのに、原因は必ずあると思うだけど

一体何だろう。。。

接骨院で腰痛の原因が椎間関節症だと分かった

診察を終えて病院を出るとき、腰に痛みが

走った。ちょっとこれでは仕事に行っても

集中できないな。

 

こういうときは接骨院や整体に行った方がいいと

上司が言っていたのを思い出した。直ぐにネットで

腰痛に強い近くの接骨院・整体で検索してみた。

 

ホームページをいろいろ見て、何となく治りそうな

雰囲気のいい接骨院を見つけたのでここに行ってみる

ことに決めた。

 

少しでも痛みがとれればと思い藁をもつかむ思いで

電話をしたら明日、予約をとることができた。

 

翌日、予約時間前よりも早く着き、待合室で

問診を書き、腰痛の経緯について詳しく書いた。

予約時間になると、施術室に呼ばれて先生の

問診が始まった。

 

「整形外科に昨日行かれて、異常なしと

言われたんですね。でも、腰の痛みが消えてなくて

続いている状態ですか。ちょっと辛いですね」

 

辛いどころか、早く治して下さいと先生に強く

訴えたかったが、ぐっとこらえた。

 

「レントゲンでは骨に問題はないそうですが、

もしかしたら骨が歪んでいるかもしれません。

病院では骨が歪んでいても異常なしと伝え

られます。大きく歪んでいる場合は側弯症という

骨の病気であることもありますが」

 

へぇ~、そうなんだ。知らなかった。病院でレントゲン写真を

見たときは、それほど背骨は曲がってはいなかったので

側弯症という病気ではないと思った。

 

「では、施術に入る前に当院オリジナルの検査をしてきますね」

 

最初に立った状態で前屈と後屈をしてどちらら腰に痛みが出るか

確認された。当然、腰を反らした方が痛い。次にうつ伏せで寝た状態で

腰の骨を上からゆっくり押された。

 

「これは痛いですか?」

 

「い、痛いです!」

 

「じゃあ、これは?」

 

「それも痛いです!」

 

2回、腰を上から押さえられたが、どちらも

痛かった。これで、本当に腰痛の原因が

分かるのだろうか?

 

「○○さん、分かりました。整形外科で言われた“すべり症”では

ないのならば、椎間関節症といって骨の歪みが原因です。

腰の骨は5つあるのですが、一番下の骨が歪んでいます」

 

やっぱり骨が歪んでいたんだ!原因が分かってちょっと安心した。

でも、なんで痛みがず~っと続いているか疑問に思ったので、先生に

聞いてみた。

 

「骨の歪みが小さければ、直ぐに良くなるのですが

歪みが大きいと自分では治すことができません。

歪んだ骨の周りに痛みを感じる神経が走っていますので

歪みによって刺激を受けて痛みが続いているのだと思います」

 

そうだったのか、納得した。で、先生、この腰痛って治るの?

 

「骨の歪みを矯正して、腹筋とストレッチをしてもらえれば

良くなりますよ」

 

良くなる!?本当かよ!ちょっと信じられないけど

もう頼れるのは先生しかないから任せてみよう。

 

他の検査も終わった後に施術が始まった。

最初にお腹の筋肉をゆるめてもらってから

足の骨から頭に向かって順番に矯正して

もらった。

 

腰の矯正のときには、横向きになって

軽く骨盤をねじってもらい、ボキッと骨が

鳴った。

 

それから、嘘のように痛みがす~と引き

寝返りをしたときに痛みが必ずあったのに

今はベッドの上で寝返りをしても痛くない。

もしかしたら、本当に良くなるかも。期待が

膨らんだ。

 

治療が一通り終わった後、最初に行った

前屈と後屈をもう一度してほしいと言われた。

恐る恐る腰を反らしてみたら痛みが完全には

消えないものの、ほとんどなくなっている。

これは奇跡かも!

 

「腰を反らしても痛みが強くでなければ

あとは、歪んだ骨が元に戻らないように

腹筋とストレッチを行えば○○さんの場合は

直ぐに良くなりますよ」

 

よし、痛みがとれるなら先生を信じて腹筋とストレッチを

頑張ってやろう。もう一度病院には行きたくないからね。

椎間関節症を予防する2つの対処法

危険な椎間関節症(椎間孔狭窄症)

腰を反らしてみて痛みだけでなく、下半身に

しびれが出たら危険な椎間関節症だと思ってください。

 

椎間関節症が悪化すると、椎間孔狭窄症といって

神経を圧迫し、足にしびれがでることがあります。

 

椎間孔は椎間関節によって形成されている

神経が通る穴です。

 

この穴が椎間関節症や骨の変形、

軟骨の減少などによって狭くなり

神経を圧迫するのが椎間孔狭窄症です。

 

椎間関節症と同じで、腰を前に曲げたり

丸めたり、椅子に座ると楽になります。

対処法

対処法としては、腰を伸ばすストレッチを行います。

 

やり方は仰向きで寝ます。足がしびれている側の膝を

両手で持って、手前に引きつけるように曲げていきます。

 

ある程度曲げたら、両手で膝を腰に向けってゆっくり

押しつけていきます。胸に引きつけるのではありませんので

注意して下さい。

 

これを痛みやしびれだ出ない範囲で、3秒かけて曲げて

3秒かけて戻します。これは10回×3セット、1日3回行います。

 

椎間孔狭窄症の初期であれば、改善すると思いますが、

改善しない場合は整形外科などの病院や腰痛に強い

接骨院・整体で見てもらうことをお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか?上記の先生との会話は

実際に腰の痛みが消えなかった患者さんから聞いた話です。

 

治療によって痛みが消えても、また再発するのではと

心配されていたので腰痛の原因である反り腰を改善する

腹筋とストレッチを指導しました。

 

もしも上記のような腰痛で悩んでいる方はぜひ

試してみて下さい。

 

ただし、必ず痛みのない範囲で行ってください。

痛みが出るようであれば、まだ行う段階ではないか、

頑張り過ぎだと思います。

 

 

まとめますと、腰を反らすと痛くて、

腰を前に曲げると痛みが軽減する場合は、

椎間関節症か、腰椎すべり症の疑いがあります。

 

椎間関節症か腰椎すべり症かの区別は、病院で

レントゲンを撮らないと断定はできませんが、一つの

目安として、歩いたり走ったりして痛みが強く出る場合は

腰椎すべり症の疑いがあります。

 

 

上記では説明しませんでしたが、腰を反らして痛い

腰痛の中に脊柱管狭窄症という疾患があります。

 

脊柱管狭窄症は高齢者に多いのですが、痛みや

しびれが出ないように前傾姿勢で歩くのが特徴です。

 

年齢別の指標として、腰を反らして腰が痛い場合

 

成長期であれば腰椎すべり症

中年者であれば椎間関節症

高齢者であれば脊柱管狭窄症

 

であることが多いです。

長時間運転や長く歩いていると腰が痛くなる原因

  • 車の乗り降りがつらい
  • 長時間歩くと腰が痛い
  • 腰を反らすと痛い
  • 足や足首に鈍痛がある
  • 中腰で踏ん張れない

長時間、運転すると必ず腰が痛くなる原因

長時間運転をすると腰が痛くなる方は多いと思います。

 

何で腰が痛くなるかといいますと

1つは血流が悪くなって腰の筋肉がかたく

なってしまうからです。

 

今の車はシートが腰のラインにフィットして

固定されるように作られていますが、

逆にそれが、腰痛を誘発させる原因になります。

 

理由はしっかり固定されるために

腰が動きにくくなります。

 

そのため高級車だとマッサージ機能が

ついています。

 

特にシートが深くて、座った時にお尻が

沈み込むような柔らかさだと、長時間運転すると

腰痛になる確率が高くなります。

 

少しでも腰とシートの間に隙間がある方が

腰の筋肉が張ってきた時に運転しながら

腰を伸ばしたり、動かしたりして痛みやこりを

未然に防ぐことができます。

 

もし、長時間運転すると腰に痛みが出る方は

シートと腰の間にちょっと固めのクッションを

入れることをお勧めします。

 

クッションを入れた時に腰が少し

反るくらいの大きさがベストです。

 

これによって腰が動かしやすくなり

また、クッションを入れることによって

腰が伸びてストレッチされるので

腰痛予防になります。

長時間歩くと腰が痛くなる原因

車生活で普段歩かない人が、長時間歩くと

腰が痛くなることがあります。

 

例えばショッピングで長時間歩いていたり

子供を抱っこして歩いていたら腰が急に痛くなった

経験はありませんか?

 

これは一体、腰の中で何が起きているのでしょうか?

 

人間の腰は少し反っているのですが、

これが腹筋などの筋力低下や運動不足による

体重増加でお腹が出てくると、

腰が反り過ぎてしまい、腰痛の原因になります。

 

このタイプの腰痛は前屈すると痛みはなく

後屈すると腰が痛くなります。

 

腰の骨と骨の間には、隙間があるのですが

腰が反り過ぎるとこの隙間が狭くなり、

骨と骨がぶつかって痛みが出ます。

 

痛みの場所は骨の衝突が原因なので

腰の真ん中に症状が出るのが特徴です。

 

長時間歩いて痛くなると、腰を反らすのを

避けるためにしゃがんだり、椅子に座ったりして

腰を丸めて休みたくなります。