バスケやラグビーに多い前十字靭帯の断裂とは?知っておきたい原因、症状、治療法

  • バスケ(特に女子)や ラグビーに多い
  • 膝くずれ
  • 再建術(手術)の適応
  • 走る競技ならどの競技でも発生する可能性があります

前十字靭帯とは?

・前十字靭帯と聞くと、皆さん一度は

聞いたことのある靭帯なのではないでしょうか?

 

ですが、前十字靭帯が身体のどこにある靭帯なのか

分からない人が多いと思うので説明しますね。

 

・前十字靭帯とは、膝の関節の中にある靭帯で、

大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を

繋ぐ役割をしています。

 

前十字靭帯は、主に脛骨が大腿骨に対して前方に

滑っていかないように脛骨を引き止める役割をしています。

 

・この前十字靭帯がちぎれてしまうことを前十字靭帯断裂と言います。

 

前十字靭帯損傷もありますが、今日は前十字靭帯断裂をテーマに

行きたいと思います。

前十字靭帯断裂の原因は?

・一般に知られているのは、女子バスケや

ラグビーが原因になることが多いと言うことです。

 

・なぜ、女子バスケやラグビーに多いかと言うと

女子バスケの場合、ダッシュからの急激なストップや

パスをするために急激に体をひねる動作が多い

のに加え、女性は男性に比べ関節や軟部組織が

柔らかい構造になっているので断裂を起こしやすいです。

 

ラグビーの場合だと、相手が膝下にタックルしてきた場合などに

多く発生します。

 

・女子バスケやラグビー以外でも、ダッシュをしていて

いきなり体が捻じれたりすると発生しやすいです。

前十字靭帯断裂の症状は?

・前十字靭帯が断裂してしまうと

基本的に歩くことが出来なくなります。

 

・腫れがひどく痛みも強い場合が多いです。

 

・前十字靭帯の断裂を起こし、治らずに放置しておくと

膝くずれと言って、膝に力が入らなくなり突然

身体が膝から崩れてしまいます。

 

・前十字靭帯の断裂を起こすときは基本的に

膝が本来動くはずの無い方向へ動いてしまい

発生する場合が多いので、多くの傷害を合併

する可能性があります。

 

まず代表的なものに半月板(膝関節の中にあり

クッションの作用をしている組織)の損傷で

特に内側半月の損傷が多いです。

 

そして、膝の内側にある内側側副靭帯と言う

脛骨が外側に捻じれていかないようにする

靭帯が損傷することもあります。

 

・上記の、前十字靭帯、内側半月、内側側副靭帯が

同時に損傷または断裂を起こしてしまうことを

不幸の三徴候と言います。

 

また、前十字靭帯の断裂を起こした時に

骨折を合併してしまうことがあるのですが、

その骨折はセゴン骨折と言い、脛骨の

外側の部分が引っ張られて骨折を

起こしてしまう病態のことをいいます。

前十字靭帯断裂の治療は?

・断裂すると基本的には手術になることが多いです。

 

・手術の内容としては断裂してしまった

前十字靭帯はそのままにして、例として、

膝の裏にある半腱様筋と言う筋肉を取ってしまい

前十字靭帯があった部分に入れる、再建術と言う

手術が行われます。

バスケに多い前十字靭帯損傷とは?原因、症状、対処法は?

  • バスケやサッカーをしている
  • ラグビーをしている
  • スキーをしている

前十字靭帯とは?

前十字靭帯とは、太ももの骨とすねの骨を

結んでいる靭帯のことです。

 

どのような役割をしているかと言うと、

すねの骨が前に逸脱してしまうのを

押さえてストッパーの役割をしています。

 

この靭帯が部分断裂や完全断裂した状態の

事を前十字靭帯損傷と言います。

前十字靭帯損傷の原因は?

・競技中のコンタクトプレー

例えばラグビーのタックルなどで膝に直接

過度の外力がかかり、膝が伸びすぎてしまった

場合に、前十字靭帯が損傷します。

 

また、バスケやサッカーなどの切り替えしや

ダッシュの状態から急に止まったりすると

損傷しやすいです。

 

・典型的な受傷起点として、つま先が外側を向いている

状態で、膝が内側に入っている姿勢の時に

膝にひねりやコンタクトプレーでぶつけたりした際に

損傷しやすいです。

 

いわゆる「KNEE IN TOO OUT」の状態です。

 

この状態で損傷すると内側側副靭帯や内側半月も

合併損傷しやすく、不幸の3徴候と言われています。

前十字靭帯損傷の症状は?

受傷直後から膝に力が入らなくなり

歩行不能となる。

 

そして受傷数時間で膝の腫れによる

痛みで膝を曲げることが出来なくなります。

 

症状が治まり受傷2~3週間で歩行可能となりますが

膝がカクンとなるような膝崩れの症状が残ります。

 

また、階段を降りるときや、ランニングをする際に

膝が外れそうになり、膝が不安定な感じが残る場合は

再受傷の可能性や合併症を発症する場合も

あります。

前十字靭帯損傷の対処法

受傷直後の対処法としては、

床にあおむけで横になり、膝を箱のようなものの

上に乗せ、膝を挙上するようにして、その状態で

膝を氷水で冷やしてください。

 

すぐに整形外科などの医療機関に行ける場合は

膝を氷水で冷やしたままできるだけ患部を

動かさないようにして、医療機関に向かってください。

サッカーやバスケに多い半月板損傷とは?教えて!原因と症状、対処法

  • サッカーやバスケをしている
  • 生まれつき円盤状半月
  • 加齢により膝が痛くなってきた

半月板損傷とは?

まずは、半月板について説明します。

半月板とは、膝関節の間にある軟骨のことです。

 

半月板は内側半月板と外側半月板があります。

 

内側半月板は、形がアルファベットのCのような形を

していて、外側半月板よりも大きく、損傷しやすいです。

 

外側半月板は、形がアルファベットのOのような形を

しています。

 

半月板は何のためにあるの?

半月板の役割を説明していきます。

 

・関節の適合性を高めるため。

膝関節は太ももの骨が丸みを帯びていて

すねの骨が平らな形をしているので適合性が

悪く不安定ですが、半月板のおかげで適合性が

良くなります。

 

・関節の緩衝作用

半月板は関節のクッションの作用をしていて

膝に来る衝撃を和らげる作用をしています。

 

・関節の動きを滑らかにする

適合性を高めると言う説明をしましたが

適合性が良くなることで関節の動きが滑らかに

なり、そうなることで関節の可動域(関節が動く範囲)

が多くなります。

 

などが半月板の役割として挙げられます。

半月板を上から見た図

半月板(膝関節)を正面から見た図

半月板損傷の原因は?

まず、スポーツ活動時の損傷原因として

体重がかかっている状態で半月板が

押しつぶされるような力が働いた場合に

損傷されたり、サッカーやバスケのプレイ中に

切り返しの動作をするとき、膝がねじれ半月板に

擦り切れるような力が、加わった時などに損傷しやすいです。

 

その他に、生まれつき半月板が円盤型になっている

円盤状半月の人は、普通の半月板よりも膝関節内で

摩擦を受けやすく損傷しやすいです。

 

そして、加齢による半月板の変性によって

自然と半月板が損傷される場合もあります。

半月板損傷の症状は?

・膝くずれ

膝に力が入らなくなり膝からくずれてしまう。

 

・ロッキング

損傷した半月板が、関節内のどこかに

挟まり、膝の曲げ伸ばしが出来なくなり

膝がロックしてしまいます。

 

・引っかかり感

ロッキングのように、損傷した半月板が

どこかに引っかかっているような感じに

なり、歩く際には、さらに引っかかっている

感じを感じます。

 

・膝の屈伸制限

膝が痛みにより曲げ伸ばしが出来なくなります。

半月板損傷の対処法は?

対処法としては、安静にし、患部を

冷やすことがとても大事です。

 

その他に、太っている方はやはり

膝への負担が大きいので、体重を

減らすことによっても痛みを和らげることは

可能ですが、体重を減らすのは簡単なことでは

無いので、痛い側の膝に体重をかけないように

することも効果的です。

 

また、半月板損傷は手術になる場合もあるので、

痛みがある場合は我慢せずに医師にかかることを

お勧めします。