座骨神経痛

こんな悩みがありませんか?

  • お尻の奥が痛い
  • 椅子に座ると違和感がある
  • 腰を前に曲げるとお尻に鈍痛がある
  • 腰を後ろへ反らすとお尻に鋭痛がある
  • せき、くしゃみで痛い

座骨神経痛の原因

「坐骨神経」という言葉はよく聞くと思いますが、

じゃあ「坐骨神経痛」はどんな症状なの?って

よく患者さんから質問されます。

 

分かりやすく説明すると、坐骨神経や腰から始まって

足まで伸びている人間の中でもっとも太い神経です。

 

この神経がどこかで圧迫・刺激されることによって、

痛みやしびれなどの症状のことを言います。

 

多くの場合は腰やお尻の部分でで圧迫されるのですが、

ひどくなると腰痛、臀部痛(お尻の痛み)、太ももの後ろ、

すね、足先などに痛みやしびれが下がっていき、

歩行障害を伴うこともあります。

 

腰で圧迫される場合は【腰椎椎間板ヘルニア】や【脊柱起案狭窄症】

などが原因で発症します。またお尻で圧迫される倍は【梨状筋症候群】が

原因で発症します。

 

坐骨神経が腰で圧迫しているのか、お尻で圧迫しているのか自分で

判断する場合、痛みシビレが腰から始まっているのか、お尻から

始まっているかである程度判断することができると思います。

 

【腰椎椎間板ヘルニア】や【脊柱起案狭窄症】が原因で、坐骨神経痛が

出ている場合は早めに病院で診てもらうことをオススメします。

 

女性に圧倒的に多い【梨状筋症候群】はお尻の下や、お尻の筋肉の間から

坐骨神経が走っているので、お尻の筋肉を緩めれば緩和されます。

 

特に自転車をよく乗る人、平泳ぎをしている人に多いです。

病院での坐骨神経痛の治療とは

整形外科の先生方の考え方によって治療は違うと思います。

 

当院の患者さんから直接お聞きした話しですと問診、触診をしてから、

坐骨神経痛の疑いがある場合はレントゲンを撮ります。

 

原因がはっきりしない場合はさらにMRIという特殊な写真を撮って

診断します。その後は症状のレベルによって坐骨神経痛を抑える

神経ブロック注射や鎮痛剤、湿布や理学療法士さんによるリハビリ(牽引など)、

電気治療、マッサージなどを行っています。

この症状は坐骨神経痛なの?

坐骨神経痛の特徴的な症状はお尻の奥のほうに鈍い痛みや

足が重だるいなど、坐骨神経が走っているお尻から足にかけて

神経症状が出ます。

 

局所的な痛みというよりは下半身に広範囲で痛み、しびれ、だるさが

でます最初の段階では坐骨神経痛に気づかない場合が多いので

急性症状というよりは慢性症状になりやすいです。

 

徐々に痛み、しびれ、だるさなどの症状が足の方へ下がっている

場合は悪化している可能性があります。

やらかいクッションに座れば楽になるの?

楽になる場合とならない場合があります。

 

楽になる場合はお尻の筋肉が緊張して坐骨神経痛に

なっている場合です。どういうことかと言いますと、坐骨神経

腰から始まって、お尻の筋肉の下を走っています

(もしくはお尻の筋肉に挟まれたり、筋肉の中を通過している場合もあります)

 

自転車に乗って痛い、平泳ぎをすると痛い方はお尻の当たる部分に

柔らかいクッションを当てるとお尻の筋肉の緊張が減り楽になると思います。

妊婦でも坐骨神経痛になるの?

特に妊娠後期の方は体重の増加やホルモンの影響

でむくみやすくなり発症しやすくなります。

 

妊娠してお腹が大きくなると身体が前の方へ傾いていきます。

それを倒れないようにするには腰を反らさないといけないのですが、

この時にお尻の筋肉が一生懸命働いて身体を支えることになります。

 

お尻の筋肉の下に坐骨神経が走っているので、筋肉が緊張して

神経を圧迫すると坐骨神経痛になります。

座骨神経痛になったあなた!こんなことにも気をつけてください!

股関節炎

股関節のいたみは股関節のなかに痛みがあるばあい

股関節をとまく筋肉など痛みが表面にあるばあいと

奥にあるばあいに分けられます。

 

股関節の奥の問題には

 

・先天性股関節脱臼

(せんていせいこかんせつあだっきゅう)

・ペルテス病

・大腿(だいたい)骨頭の亜脱臼

・大腿骨頭虚血性壊死

(だいたいこっとうきょけつせいえし

・退行性病変(たいこうせいびょうへん:老化)

ゆがみ

 

があります。

 

股関節の表面の問題には

 

・腸骨恥骨滑液胞炎

(ちょうこつちこつかつえきほうえん)

・腸腰筋炎(ちょうようきんえん)

・大腿筋膜張筋炎(だいたいきんまくちょうえん)

=腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

 

があります。

 

股関節の人工関節手術を受けた人も

股関節炎を発症しやすいです。

梨状筋症候群

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の症状と

よく似ているので誤診しやすいです。

 

梨状筋症候群は

 

臀部(おしり)に鈍痛、放散痛がある

・スムーズな歩行ができない

・足先が外側を向いている、

・腰部はあまり痛くない

・臀部(でんぶ)の筋肉が緊張して凹みがみられる

・腹臥位(うつぶせ)で膝関節を90度屈曲し、そこから

外側へ両下腿部(膝から下の足の部分)を開くと

梨状筋(おしりの奥の筋肉)が緊張している側は開かない

(股関節内旋制限)

 

などから判断しています。

 

特に6:1の割合で女性におおい疾患なのですが

たぶん女性ホルモンの変化によって仙腸関節(骨盤の関節)を

固定している靭帯(じんたい)がゆるみ骨盤のインナーマッスルで

ある利状筋(りじょうきん)が過剰に働き、坐骨神経を圧迫する

ものだとおもわれます。

 

親指くらいの大きさの梨状筋は上後腸骨棘

(こつばんの後ろの骨が出っぱった部分)と仙骨(おしりの骨)の中点から

大転子(股関節)に向かっ殿筋(おしりの筋肉)の深部を走行していて

坐骨神経は80%以上、梨状筋の下を通過しています。

 

じゃあ、残りの20%は、これが人間の不思議で坐骨神経が梨状筋の

筋腹(きんまく)を貫通したり、枝分かれし部が梨状筋を貫通したり、

梨状筋の下をくぐったりしています。

 

特に梨状筋の筋腹を貫通している“スプリット”は15%だそうです。

もちろん梨状症候群になりやすいことは言うまでもありませんが・・

 

梨状筋の上下にあるお尻の骨には2つの孔がありここを通る神経や

動脈を圧迫することもあり、臀部(おしり)に痛みが走ります。

 

梨状筋上孔(じょうこう):上殿(じょうでん)神経、上殿部(じょうでんぶ)動脈

梨状筋下孔(かこう):下殿(かでん)神経、下殿(かでん)動脈、坐骨神経、

陰部(いんぶ)神経

 

また、足が外側を向くので足を真っ直ぐにしようとすると膝が内側に入り、

鷲足炎(がそくえん)も起きることもあります。

 

以前、自転車通勤だった私は、時々おしりが痛くなることがあり

たぶん、梨状筋症候群だったと思います。

 

自転車によく乗られるかたや、平泳ぎをするかたによく見られる

疾患だそうです。

 

リハビリは梨状筋のストレッチ。

簡単な方法はあおむきになってお尻が痛い側の膝を両手で抱え込み

痛くない側の肩に向かってななめに引き込みます。

 

伸びているところで30秒間キープ、これを3セットおこないます。

 

お風呂上りにおこなうと良いとおもいますよ。

 

梨状筋症候群は梨状筋(おしりのふかい筋肉)の過緊張により

梨状筋の下を走ってい坐骨神経の圧迫を引き起こします。

 

椎間板ヘルニアや腰椎捻挫の症状とよく似ているので

間違えやすいです。