五十肩でなければ、腕が上がらないのは小円筋が原因かも!?

目次

    実際にあった症例

    数ヶ月前から腕が上げづらくなり

    整形外科や接骨院で治療を受けても

    改善しない患者さんがお見えになりました。

     

    本人は、五十肩と思い込んでましたが

    痛みがあっても腕が頭の上まで

    しっかり上がっていたので

    五十肩ではありません。

     

    もし、五十肩かどうか

    自分で見分ける方法があります。

    自分でできる!五十肩かどうか見分ける方法

    まず腕を真っ直ぐ伸ばし、手の平を下にして

    横から腕を上げます。

     

    次に腕を真っ直ぐ伸ばし、

    手の平を上にして横から腕を上げます。

     

    両方とも上がらなければ

    五十肩の疑いがあります。

     

    手の平を下にしたときは上がらないけど、

    手の平を上に下ときは上がる場合は

    挟み込み症候群(インピンチメント症候群)の

    疑いがあります。

     

    どちらが治りにくいかは

    間違いなく五十肩だと思います。

     

    我慢すればするほど、

    治療期間が長くなるので

    直ぐにリハビリや施術を開始することを

    お勧します。

    五十肩と間違えやすい挟み込み症候群とは

    上記の患者さんは検査の結果、

    挟み込み症候群の可能性が

    高いことが分かりました。

     

    挟み込み症候群とは

    小円筋という筋肉がかたくなったりして

    しっかり働くことができず、腕を上げる時に

    上腕骨を下に引き下げる役割が

    出来なくなる疾患です。

     

    そうなると、腕をあげるときに

    上腕骨が上に持ち上ってしまいます。

     

    上腕骨頭と肩峰の間にある

    棘上筋という筋肉や腱を挟み込んでしまい

    腕を上げるときに肩や腕に鈍痛や

    ズキッとした鋭い痛みが出ます。

    効果的な施術

    施術で小円筋を緩めて

    上に上っている上腕骨や

    外側にズレている肩甲骨、

    腕を上げるときに深く関与している

    鎖骨や前鋸筋、小胸筋、下部頸椎を調整。

     

    施術後は、上らなかった腕が、

    すっと上がるようになりました。

     

    直ぐに元に戻らないように

    小円筋のストレッチを教えて

    次回、どこまで腕が上がるか楽しみです!

    肩の痛みで来院しました<肩痛>

    肩の痛みで来院しました。

    先生にみてもらったところ、初回で首の痛みが楽になり次の日の仕事にも気分良く行くことができました。

    肩の痛みで悩んでいる方はオススメです。

    春日井市 60代 女性

    バレーボールでの肩の痛み、指の痛み等を治したくて来院<肩痛・指痛>

    バレーボールでの肩の痛み、指の痛み等を治したくて母の知り合いに教えてもらった接骨院へ。

    初めてだったけど、先生はとても話しやすかったです。

    また、痛みの原因も細かく教えていただけて、さらに施術後にはとても楽になりました。

    岡本美紗様 小牧市 23歳