首が痛い、腕がだるい、手がしびれる頸椎ヘルニアの5つの原因

手がしびれるとき、

 

「脳に問題があるのかな」

 

「ちょっと腕や手を使ったから筋肉痛なのじゃないかな」

 

「冷え性だから血行が悪いのかな」

 

って思っている方がいると思います。

 

まさか、手のしびれの原因が頸椎椎間板ヘルニアだなんて

最初から思っている人は少ないでしょう。

 

多くは病院へ行って、レントゲンやMRIなどの検査を

したときに判明することがほとんどです。

 

実は手のしびれの原因、第2位は、頚椎椎間板ヘルニア

なんです。

 

そこで、姿勢に注目して手のしびれが起きる原因に

ついて詳しく解説していくと共に、対処法もお伝えします。

頸椎椎間板ヘルニアとは

頸椎椎間板ヘルニアとは、7つある首の骨と骨の

間にある椎間板という軟骨が何らかの原因で

膨らんだり、飛び出したりします。そして近くを通っている

神経を圧迫し痛みやしびれが出る疾患です。

 

首の神経は肩を通って、上腕、前腕、指先まで

通っているため、頸椎椎間板ヘルニアになると

首だけでなく、腕や手にも痛みやしびれがでます。

 

また、肩甲骨と背骨の間にも首から神経が通っている

ため、背中や肩甲骨が痛くなったりしびれたりすることも

よくあります。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアは

 

・朝起きると痛い

・首を前に倒すと痛い

・せき・くしゃみで痛い

 

のが特徴です。

 

 

朝起きて痛みがでる理由は、椎間板が

寝ている間に周囲の水分を吸収して

大きく膨らんでいるからです。近くに

神経が走っているので触りやすくなります。

 

首を前に倒して痛いのは、椎間板は

ほとんど水分でできているため、膨らんだり

縮んだりします。

 

首を前に倒すと椎間板は後ろに膨らみます。

後ろには神経が通っているため触りやすくなります。

 

せき、くしゃみで痛いのは、椎間板の圧力(内圧)が

急激に上がって、一気に大きく膨らむからです。

この時に神経に触ると痛みやしびれが出ます。

 

一般的に頸椎椎間板ヘルニアの症状は

首から背中、指先にかけての痛みやしびれと

言われていますが、臨床上は、首が回らない、

腕がだるい・重たい、手に力が入らない

指先の感覚がおかしいことも多いです。

 

頸椎ヘルニアが悪化すると、首から指先にかけて

痛みやしびれが下がっていき、良くなると上に

上がってくるのが特徴です。

 

例えば首に痛みやしびれがあり、指先に痛みやしびれが

ない場合は軽症ですが、首に痛みやしびれがなく、指先に

痛みやしびれがある場合は重症です。

頸椎椎間板ヘルニアで手がしびれる原因

ストレートネック

ストレートネックとは、長時間スマホやPCを

使うことにより気づかないうちに姿勢が悪くなって

首が真っ直ぐになっている疾患のことです。

 

首の骨(頚椎)は本来は、前湾して緩やかな曲線に

なっていますが、それが真っ直ぐ、つまりストレートネック

になることによってさまざまな問題が出てきます。

 

正常な首の骨は、写真のように後ろに、緩やかに

カーブしているのですが、ストレートネックの場合は、

写真の左のように首の骨が真っ直ぐになっています。

 

なぜ、ストレートネックになるのかは、

よく分かっていませんが日本人に多くみられます。

 

ストレートネックになると写真左のように頭が下がります。

頭は3~4㎏もあるので、写真右のように頭が身体の中心に

位置しないと首に対してものすごく負荷がかかります。

 

この姿勢が続くと、頭の重みが首にかかり続け

首の骨と骨の間が徐々に狭くなっていき、椎間板が

つぶれて、後ろを通っている神経に向かって

膨らんだり、飛び出したりします。

そして、神経に触れたとき手にしびれが出ます。

 

その他の症状として、頭痛、肩こり、首が痛い、上が向きにくい

めまいがするなどがあります。

 

 

自分がストレートネックであるかどうかをチェックする方法は

 

(1)まず壁に背中を付けて姿勢を正して立ちます

(2)次に顎を引いた状態で後頭部が壁に接するかを見てください。

 

これで後頭部が壁につかなければストレートネックの

可能性が高いです。

 

デスクワーク

デスクワークの方は、パソコンを使って仕事を

していることが多いと思います。

 

パソコンの姿勢は、写真のように画面を向くと

頭が下へさがってきます。

 

上記の「頸椎椎間板ヘルニアとは」

で述べましたが、頭が下がると首に対して負担がかかり

椎間板が膨らんだり、飛び出しやすくなるので神経に

触りやすくなり、手にしびれが出やすくなります。

 

対処法しては、パソコンに向かって仕事をしているときに

首が疲れてきたら、直ぐに休憩をしたり、椅子から立って少し

動けば頚椎椎間板ヘルニアの予防になります。

 

ですが、仕事に集中しているときは首が痛かったり、

こったりしても感じないことが多いので、注意が必要です。

 

そこで、お勧めなのはタイマーなどを使って、定期的に

休むことで首への負担を軽減させることができます。

長時間の運転

短時間の運転であれば、それほど首への

負担が少ないのですが、1時間以上運転をすると

首に負担がかかってきます。

 

その理由は、運転に集中するあまり、顔が少しずつ

前に出てくるからです。また、目が疲れてくると

視界がぼやけてくるので、しっかり見ようとして

顔がフロントガラスに近づいてきます。

 

顔が前に出てくるということは、頭の位置も

前に出てくるので、首に頭の重みがかかり

頸椎椎間板ヘルニアが起きやすくなります。

 

対処法としては、1時間運転をしたら必ず

サービスエリヤやパーキングエリアに入って

休むことです。

 

よく運転をしながら首を回したり、マッサージする人を

よくみかけますが、危険ですのでやめて下さい。

 

もしも、運転中に手がしびれたら頸椎椎間板ヘルニアに

なっている可能性が高いので、下記の手のしびれが

改善する対処法を行ってください。

 

軽度であればしびれが消えると思いますが、

消えない場合は、直ぐに病院で見てもらって下さい。

スマホの使い過ぎ

以前、韓国のニュースで若者がスマホのやり過ぎで

頚椎椎間板ヘルニアになった人が急増したと

伝えられていました。

 

スマホはパソコンよりも下を向く角度が大きいので、

頸椎椎間板ヘルニアになる確率が非常に高いです。

 

特にゲームやyoutubeを見ていると集中しているので

スマホを見ている時間が長くなります。

 

以前、スマホの使い過ぎで頸椎椎間板ヘルニアに

なった患者さんが

 

「突然、手がしびれてきて指先に力が入らなくなりました!」

 

と教えてくれました。

 

今後も、スマホは進化していくと思うので

どうしても使っている、見ている時間が長くなると思います。

 

対処法としてはパソコンと同じで時間を区切って

使用することです。今は、長く触っていると自動的に

電源が切れるアプリもあるので利用するのも予防する

一つの手段だと思います。

高い枕

あまり知られていませんが、高い枕を使い

続けると頸椎椎間板ヘルニアになる確率が高くなります。

 

理由は首の角度(前に倒れる角度)が変わってくるからです。

 

日本人はもともと他国よりも首の角度が小さいため、

低い枕を使うことが多いです。ですが、パソコンやスマホの

普及によって下を向くことが多くなり、首の角度が少しずつ

大きくなってきました。

 

理想的な枕は、寝た時に頭と背中の位置が

水平になるものです。

 

首の角度が大きい場合、ある程度高い枕でないと

水平には保てなくなります。

 

首の角度がさらに大きくなると、今まで使っていた

枕が合わなくなりさらに高い枕を好んで使うようになります。

 

そうなると、上記でも述べましたが、椎間板が寝ている間に

膨らみ、神経に触りやすくなります。

 

もしも、毎朝、起きる時に首が痛い、腕や手がしびれる場合は

頸椎椎間板ヘルニアになっている可能性があるので、直ぐに

病院へ行って検査してもらうことをお勧めします。

 

枕の高さが原因で頸椎椎間板ヘルニアになった場合は

枕の高さを少しずつ低くすれば改善しますので安心して

下さい。