他院と当院のヘルニア施術の違い

3回目以降から痛みやしびれが軽減して朝起きるのがとても楽になりました「腰椎ヘルニア」

口コミサイトエキテンから

朝起きたら突然腰が痛くなって起き上がれなくなりました。

 

2週間経っても痛みが消えず足がしびれてきたので

病院で見てもらい、MRIで4番目と5番目のヘルニアだと

分かりました。

 

それから痛み止めの薬を飲みながらリハビリを続けたのですが

痛みやしびれが消えなかったので、ネットでコツコツさんを

見つけて通わせて頂きました。

 

最初は痛みやしびれが変わらなかったのですが

3回目以降から痛みやしびれが軽減して朝起きるのが

とても楽になりました。

 

座っていても腰が痛かったのが、長時間座れるように

なり仕事中も気にならなくなりました。

 

早く良くなるようにこれからも通い続けたいと

思いますのでよろしくお願いします。

  • ヘルニアの原因を教えてほしい
  • 腰痛なのかヘルニアなのか分からない
  • 足のしびれが消えない
  • 寝返りや車の運転で腰に痛みが走る
  • どこへ行っても慢性腰痛が治らない

ヘルニアの原因

当院では、ヘルニアの原因を西洋医学的な考え方で

捉えているので、病院の説明と同じになります。

 

骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が、潰れて外に

飛び出して神経を圧迫し、腰から足にかけて

痛みやしびれが出ます。

 

他院では、西洋医学的よりも東洋医学的に考えて

いるところが多く、骨盤のゆがみ、姿勢の悪化、血行不良、

内臓機能低下、自律神経の乱れ、ストレス、身体バランスの

不均衡などに問題があるとしています。

 

根本的な原因は、同じだと思いますが、

飛び出した椎間板が神経を圧迫している

直接的原因として捉えているか、それとも、

骨盤のゆがみや姿勢のアンバランスによって

神経を圧迫している間接的原因として

捉えているかの違いだと思います。

 

ちょっと惑わされてしまうと思いますが、

原因が違っても、結果は同じになる

ということです。

 

 

当院がなぜ、ヘルニアの原因が病院と

同じ考え方なのかは、手術によって

ヘルニアが治っている患者さんが

たくさんいるからです。

 

接骨院では手術によって飛び出した椎間板を

切除することはできないので、施術によって、

元の位置に戻してあげることになります。

 

よく、手術をしても良くならない、悪化する、変わらない

再発するなど、ネット上に書かれていたり、医療系の

ホームページに書かれています。

 

間違いではないと思いますが、手術によって治らない

患者さんよりも、治っている患者さんが圧倒的に多い

のが事実です。

 

ヘルニア手術の失敗は、数パーセントだと思いますが、

命に関わることなので、失敗例が少なくても不安になります。

 

心理的に考えれば、仕方がないと思います。

もしも、自分がヘルニアの手術を受けて失敗したら

と考えると、ネガティブ思考に陥りやすいからです。

 

他院は、ヘルニアの原因を二次的に捉え、

病院とは違う見解を示しているところが多いです。

 

病院と同じ理由であれば、通院してもヘルニアが

治らなかった患者さんは納得しないからです。

 

薬が効かない、注射を打っても一時的に良くなるだけ

リハビリに通っても変わらないと、他に原因があるのでは

ないかと思ってしまいます。

 

 

まとめると、ヘルニアの根本的原因は

椎間板が飛び出して神経を圧迫していることになります。

神経を圧迫している二次的原因は、仕事の体勢だったり

日常生活の動作や姿勢だったり、身体のゆがみだったり

します。

 

当院や病院は、根本的原因を説明しているの対し、

他院は二次的原因を説明しているかの違いになります。

ヘルニアの状態

当院では、椎間板の状態で段階分けしています。

MRI撮影で分かります。

 

【膨留期】

椎間板は、ほとんど水分でできているので、

姿勢や体勢、水分の取り方、加齢によって膨らんだり

縮んだりします。

 

膨留期は字の通り、膨らんでいる状態です。

神経に触れていればヘルニア初期の症状がでます。

 

・せきやくしゃみをすると腰が痛い

・顔を洗うときなど、前かがみになると痛い

・布団やベッドから起き上がるときが痛い。

 

この時期は、まだ自分がヘルニアとは思わず

自分で腰痛だと、勝手に判断してしまう傾向に

あります。

 

単なる腰痛であれば、数日経てば軽減します。

慢性腰痛であれば、痛みはあるものの悪化したり

お尻や足にしびれることがありません。

 

ヘルニアの場合、腰がだるい、重いたいなどの鈍痛が

一ヶ月以上続きます。また、ひどくなるとお尻や足に

かるいしびれが出てきます。

 

【突出期】

この時期になると、単純な腰痛ではないと感じるようになり、

不安になって病院で診てもらう必要があると思うようになります。

 

レントゲンやMRIを撮ってもらうと、初めて自分がヘルニアで

あることに気づきます。

 

日常生活や運転、仕事中にも支障が出るようになり、ストレッチや

マッサージ、整体、接骨院で施術を受けにいくことが多いです。

 

直ぐに病院で薬や注射を打ってもらったり、

接骨院や整体でヘルニアの施術を受けると

早く良くなることが多いです。

 

3ヶ月以上我慢したり、しびれが強くなったり

ふくらはぎや足先まで出てきてから、病院や

接骨院、整体に行っても治るまでに時間が

かかります。

 

【脱出期】

歩行困難、どんな姿勢をとっても痛みやしびれが

出る状態です。病院でMRIを撮ると、手術を

勧めらる時期です。

 

仕事はもちろん、日常生活も一人では

送れなくなり、家族の助けが必要になります。

 

いつか治ると思っている人、我慢強い人、

病院嫌いの人、自分の身体が強いと過信して

いる人に発症しやすい傾向にあります。

 

ヘルニアが進行すると、何をしても、安静にしても

薬を飲んでも効かず、どんどん悪化してくことも

少なくありません。

 

この時期に入るまでに、治療を受けているかどうかで

治るまでの時間が変わってきます。

 

 

他院では、症状経過で段階的に分けている

ところが多いです。

 

【無症期】

ヘルニアの症状は出ていませんが、一歩手前の時期です。

過去にヘルニアになった方は分かることがありますが、

初めての方は、ぎっくり腰や腰痛と思い込んでしまい

気づかないことが多いです。

 

・朝起きた時に腰が痛い

・前屈で痛い

・せき・くしゃみで痛い

 

【発症初期】

病院や接骨院、整体に行っても、ぎっくり腰が治らない、

リハビリを受けても、時間が経っても腰痛が思うように良くならない、

腰痛だけでなく、お尻や足がしびれてきたなど、いつもの腰痛とは

違うと自覚できる時期です。

 

病院でレントゲンやMRI検査を受けたらヘルニアと診断される

こともあります。

 

・中腰姿勢ができない

・前傾姿勢でないと歩けない

・靴下がはけない

・立ったり座ったりするのが困難

・車の運転や寝返りがつらい

 

【発症経過時期】

ヘルニアで間違いないと自覚する時期です。

ネットでヘルニアが治る病院や接骨院、整体を調べて通院します。

注射や薬、湿布で良くならないと治療院巡りをして、完治しなければ

手術も考えるようになります。精神的にもダメージを受け、毎日、不安な

日々を過ごすことになり、不眠症になることもあります。

 

・歩行困難

・どんな体勢でも痛い

・車の運転ができない

・寝返りをすると電気が走る

・痛みで眠れない

 

ヘルニア施術

ヘルニアの施術は様々ります。

 

骨盤や腰骨を矯正して姿勢を改善させたり、

マッサージや筋肉を緩めて血行を良くしたり、

内臓や頭を調整して、自律神経を整えたりと

ネットで探せばたくさんあることが分かります。

 

個人的には、どの施術も間違いではなく、

正しくもないと思っています。

 

もしも、Aさんがヘルニアで〇〇接骨院に通っても

治らなかったとします。そこで、〇〇整体院に行ったら

治ったとします。

 

この場合、Aさんにとっては〇〇整体院の施術が

身体に合っていたことになります。

 

逆にヘルニアのBさんは、〇〇整体院に通っても

治らず、〇〇接骨院に行ったら治ったとします。

 

この場合は、Bさんにとっては、〇〇接骨院の

施術が合っていたことになります。

 

実際、こういったケースがよくあることは

ご存知だと思います。アトピー性皮膚炎で

評判が良い〇〇病院に通ったけど

治らなかったので、友達の紹介で〇〇病院に

行ったら治ったという話は聞いたことがあると

思います。

 

つまり、ヘルニア施術=「これ」というのは

ないということです。もしも、あったとしたら

様々な施術を行う必要はありません。

 

ヘルニアの状態、程度、症状によって、

施術を変えることも必要だということです。

 

以前、ある有名な先生の勉強会に参加し、

ヘルニアに効く技術を学びました。

 

ヘルニアの初期の方には、効果があったのですが

中期から末期の方には、全く効果がありませんでした。

 

この時、ヘルニアの治療は、いろんな視点、角度から

アプローチして施術をしなければいけないことに

気づきました。

春日井市・脊椎外科(椎間板ヘルニアなど)を専門としている病院

【あさひ病院】

春日井市下原町村東2090

0568-85-0077

 

・ 【春日井整形外科】

春日井市東野町3-15-1

0568-82-3711

 

・ 【名古屋徳洲会総合病院】

春日井市高蔵寺町北2丁目52番地

0568-51-8711

 

・ 【東海記念病院】

春日井市廻間町大洞681-47

0568-88-0568

 

【春日井市民病院】

春日井市鷹来町1丁目1-1

0568-57-0057

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

ヘルニアについて、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

 

私の資格や施術経験をもとに、ヘルニアで悩んでいる方の

お役に少しでも立てるように、できるだけ分かりやすい記事を

書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

その他の記事